色んなオーオタが色んなレビューをするブログです(:3_ヽ)_



【ブログメンバー募集】

オーディオ系で自分のレビューとか意見を自由に書きたい方募集。(TwitterでFF関係の方のみでお願いします)

今後メンバーの好みに合わせてブログタイトルとかデザインも変えてく予定です。

タグ:レビュー

どうもお久しぶりです
ポータブルオーディオバカ改めポタオデN5(ンゴ)通称ポディ(Twitter→@LETS_portable)です。

名前も通称も一般公募で決めました。ハイ。

雑談はさておき、2週間ほど前に購入しましたPioneerのDAC内蔵ポータブルヘッドホンアンプ、XPA-700をレビューしていきたいと思います。

まずはXPA-700について、簡単な紹介を。
XPA-700はPioneerが初めて発売したDAC内蔵のポータブルヘッドホンアンプ(以下、PHPAと書きます)です。
企画者の必死の説得や議論の末に開発された製品で、デザインやレイアウト、スペックは企画者である林さんが、サウンドデザインは野村ケンジさんや佐藤純之介さんが携わっております。
高級ハイレゾDAPが台頭してきてる中の最後発PHPAなのでスペックは今まで出てきたどのPHPAにも劣ることがなく、
・PCM384KHz/32bit対応
・DSD5.6MHz対応
・DAC:ES9018K2M
・IRIS4ピンタイプバランス駆動
・192KHzまでアップサンプリング可能
・可変デジタルフィルター
・4段階ロックレンジアジャスト(詳細は後ほど)
・DDC機能 
・使い方に合わせたバンパー交換
と、機能てんこ盛りなPHPAです。

購入に至った経緯ですが、
・イヤホンだけでなく、ヘッドホンでもハイレゾを聴きたい
・バランス出力に興味ある
・筆者が音響系の就職希望なので、デジタルフィルターやロックレンジアジャスト等、研究材料をみつけるきっかけになりそうだった。
・対応サンプリングレートやミルスペックなど、将来性に富んだ設計
の4つが決め手となりました。

それでは箱から見ていきましょう!
IMG_1201[1]
この箱はお目にかける方もかなりいらっしゃるのではないでしょうか?基本は黒と白を巧みに使ったデザインですが、その中の赤文字が映えます。
IMG_1204[1]
HE-400のプラグが入らなかったので早速バンパーを交換しました。あと、なんとなくリアバンパーも。
基本は梨地のアルマイト処理ですが、リアバンパーに限ってはシボ加工が施されており、そのグラデーションの違いも楽しめます。
IMG_1205[1]
シボ加工、わかりますかね?ゲイン調整もあります。ローだとHE-400のような低感度のものはキツイかもしれません。充電の切り替えもできるので充電時のノイズもカットできます。
IMG_1227[1]
前面。左からiPod専用デジタル入力、ラインイン/オプティカルイン兼用、シングルエンド/オプティカルアウト兼用、ボリューム。ボリュームはギャングエラーこそありませんが、途中まで効きが弱いです。若干感触が重くなる部分あたりから音量上昇が顕著になります。ちょっとかわった仕様。

まぁ側面あたりはけっこう画像もチラホラ見かけるので、それを参考にしていただければ幸いです。
かなり重く、スペック的にもポータブルというより、「持ち運べる据え置き」。自分はUSB-DACの使用を前提に購入したので気にしてませんが、ここは要確認。

肝心の音質ですが、「エッジが立つ」とまでは言いませんが、メリハリのある音を鳴らします。企画者本人が「アニソンやJ-Popを聴く方に!」と仰ってたことが分かりました。かと言って低域や高域に特徴はなく、いたってフラットな方だと思います。若干低域寄りと感じる方がいるかもと思う程度。

あ、ちなみに僕のリファレンスヘッドホンはHE-400のシングルエンドで、出力はFoobar2000のWASAPI排他モード。自分の環境の中ではデジタル面でもアナログ面でもこれが一番忠実なので。

某サイトでかなり好き嫌いの分かれた評価が集まってますが、このメリハリの出方が好みの分かれ道だと思います。「薄っぺらい」といった評価も見かけましたが、もともとPioneerが大きなマーケティングの転換(Superior Club Soundなど)をしない限り、過度な味付けをしないメーカーですので非常にメーカーの信念通りの音だと思います。自分にはこの方がヘッドホンを選ばないので使いやすいですね。
そして、ここからがXPA-700の真骨頂、向かって左側面のIMG_1229[1]
3つの音質調整機能です!!とくにロックレンジアジャストの効果は絶大で、ロックレンジを狭めていくことで音粒子の大きさが細かくなり、密度も高密度になります。機能そのものはジッターノイズをカットする機能ですので、ジッターノイズがどれだけ影響を与えているかを感じ取ることができます。ちなみにこれ、サンプリングレートによってはロックが不完全になり、音の途切れが発生しますが、PCM方式において

一番右・・・48KHzまで
右から2番目・・・96KHzまで
左から2番目・・・192KHzまで
一番左・・・192KHz以上

を目安に安定して動作しますのでユーザーの方はご参考になれば幸いです。
次のアップサンプリングですが、これは基本スルー出力してます。ダイナミックレンジに大きな変化がなかった為。
デジタルフィルターは基本SHARPにしておき、ジャズやクラシックなど音にメリハリではなく伸びが欲しいときはSLOW、ボーカルを近くしたいときはSHORTにします。若干変化しますが、自分の聴覚ではロックレンジアジャストほどではありませんでした。

ここはいろいろスイッチを切り替えることで組み合わせなど、その良さがわかってくると思います。

では、まとめ。
・ポータブルというより、持ち運べる「据え置き」の要素が強い。
・若干のエッジやメリハリを感じるが、信号に忠実な出力をする。
・音質調整機能で使い倒せる。
・ロックレンジアジャストの効果は絶大。

現在、HE-400をバランス化する計画がありますので、できしだい追加レビューしたいと思います。
では、ポディのXPA-700レビューでした。

皆様はじめまして!!

このブログの投稿は初めてです、ポータブルオーディオバカ(Twitter→https://twitter.com/LETS_portable)です。
今回は自己紹介も兼ねて、およそ3週間前に入手しましたFiioのエントリーDAP、X1のレビューです。

今更感ありますがよろしくお願いいたします。


まずは自己紹介。
生まれは鹿児島、育ちは大分、現在広島に住む大学生。
ポータブルオーディオにハマったきっかけは父にクリスマスプレゼントで購入してもらったオーディオテクニカの
ATH-CKM55
です。

そしてDACとかポタアンに手を出し始めたのは高2あたりかな。
いろいろあって病んで現実から逃げたくてずっと1人で音楽を聴くようになってからです。

最初のPHPAはFiioのE17だったと記憶してます。あの価格ではS/N比も非常に高くいいアンプでした。
そして、iPodで音楽を聴くようになってからCypher LabsのAlgorhythm SoloとFiio E12を購入。現在も3段で動いてくれてます。

そこからカクカクシカジカ、現在の環境は

DAP
・Apple iPhone 4S(現在も契約継続中)
・Sony NW-A866(X1入手により手放す予定)
・Fiio X1

DAC
・Cypher labs Algorhythm Solo

PHPA
・Fiio E12
・ALO Audio the National(現在到着待ち)

ヘッドホン
・Hifiman HE-400
・Denon AH-D340
・Ultrasone HFI-780

イヤホン
・UE Triplefi.10Pro(Null Audio Enyoリケーブル)
・オーディオテクニカ ATH-CK100Pro
・ユニークメロディ UM 2X(日本未発売)

となっております。そしてそれらの機器を開発する側に立ちたいと思い広島県内の大学で勉強中です。
以上、自己紹介でした。

そして、今回は自分が手に入れた中で一番新しい、FiioのX1をレビューしたいと思います。
まず、入手に至った経緯ですが

ヤフオクを徘徊してて見つける→最低落札価格が設定されてたので入札をエキサイトさせようと最低落札価格で入札→誰も入札せず落札。

突然の入手だったわけです(笑)


まずは外観。
NW-A866並に小さく、持ち運びしやすいです。
前面と側面はおそらく金属で、背面は樹脂っぽいです。
アルマイト加工されてますが、価格なりといったところ。
ホイールがゴムなので滑らず、回しやすい。
側面のボタンが全面のものに比べて重く作られている。おそらくご動作に対する配慮なので案外細かいところまで作りこまれていると思う。

そしてUI。
最初のファームウェアが1.2だったので、最新ファームに更新しようとしたところ、失敗。
過去のファームウェアを飛ばしてアップデートはできないようです。
最新ファームになってから、ホイールの感度も改善されてるので、アップデート方法以外は今のところ不満なしです。SDのライブラリ更新も早い。

肝心の音質や再生面にいきましょ。
ところどころのレビューで音飛びが話題になってましたが、自分のも1部の曲において発生しました。
そこで、iTunesでリッピングしなおしたところ、改善しました。ここは何かしら相性がありそうです。
今まではフリーのリッピングソフト(ごめんなさい、名前を忘れてしまいました。)を使ってました。
音質ですが、A866と比較してびっくりしたのはダイナミックレンジ。この価格ではありえないほどメリハリがあります。
S/Nに関しては、>110dB(Fiioの公称値です)もないと思いますね。小音量の”再生時”にかなりのホワイトノイズが流れます。”再生時”と”再生後数分間”に起きているのでアンプ回路が原因かと考えられます。
音の傾向ですが、「イヤホンの特性をしっかり出してくれる音」だと思います。単体使用のDAPの経験がこれで2機種目なのでA866との比較だけになりますが、フラットな方だと思います。自分のように傾向に差があるイヤホンを複数持っている方にはオススメです。

FiioのDAPはラインアウトの質が良いらしいので、そこも試してみたいところです。

現在、前述の通りALO AudioのThe Nationalの到着待ちです。届き次第そのあたりもレビューしたいと思います。

今回はこのへんで失礼いたします。

P.S. 写真なくて見難いかと思います申し訳ございません。ちょっとずつこのブログの書き方も勉強します。


はじめまして。このブログ(だよね?←)は、お初のぶらんちです!

自分のブログの方では投稿するする詐欺すみません...(^-^;

今回、書かせていただく記事は、Xiaomi(シャオミ)の伝説の機種!Piston2のレビューです!
 
DSC_0075

価格は、驚きの5000円 を切ります!
ただし、偽物の出回りが多いので注意です。
本当は、ゴールドの塗装の方でアップする予定が断線してしまい残念になったので改めて買い直したのですが、そこは生産終了モデル。シルバーしか残ってませんでした...

さて、肝心の音です。
ただ、安いし、かっこいいしなんて理由だけで2回も買うなんてことはしません!
このイヤホンは、ダイナミック型で、しかも!ベリリウムを使ったドライバーを積んでいます‼
(ベリリウムについてはこちらを参照してください↓↓
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%83%A0

純正イヤピだとフィット感に難があったので、Spiral Dotを装着して聴きました。
DSC_0079どんっ!

はい、すみません(^-^;
感じとしては、ドンシャリ。でもって、くっっっっっそ高解像度ですw
この価格でこのクオリティ。正直、我が耳を疑いますww

高音域、きれいに伸びてきてキラキラした感じが印象的ですね。
低音域も深みがあって気持ちいいです。
ボーカルが多少隠れ気味な点がありますが、ここまでのクオリティにいちゃもんは付けようにも無理ですw

もう、レビュー記事のはずではありますが、これは聴いた人間にしかわかんないですww
なんというか、万能なんですよね。アップテンポな曲を鮮やかに鳴らすかと思えば、バラードなどの曲はしっとりと。
ダイナミック型特有の音域の広さを最大限に活かし、高解像度。音質にも文句が付けれないイヤホン?
ご安心ください。ありますよwww それがXiaomi Piston2です!と自信をもっておすすめできますw

このイヤホンの高音域は中毒になります。機会があれば、みなさんも是非聴いてみてください‼
といっても、在庫は数十あるかないか、という情報なので購入はお早めに!
(※ゴールドは、在庫を捌ききったらしいので「あ、ある!」ってなっても偽物です。注意してくださいね)

↑このページのトップヘ