色んなオーオタが色んなレビューをするブログです(:3_ヽ)_



【ブログメンバー募集】

オーディオ系で自分のレビューとか意見を自由に書きたい方募集。(TwitterでFF関係の方のみでお願いします)

今後メンバーの好みに合わせてブログタイトルとかデザインも変えてく予定です。

タグ:イヤホン

みなさん初めまして。ごたん(@gotan_44)と申します。

ある時はコーヒー愛するカフェイン中毒者、またある時は海を愛するダイビング愛好家、その実態はポタオデ好きのしがないアラサーWEBコンサルタントです。

さて、今回はご縁があってNiceHCKさんから先日の11月11日セールに合わせた発売された

YTAO 1BA Unicorn

のご紹介です。

初めてのちゃんとしたイヤホンレビューとなりますが、どうかお付き合い下さい。。

定価は90ドル程度ですが、セールでは55~60ドルほどで購入できると思います。
ご覧の通り、某海王星そっくりです。


まずは基本スペックから確認しましょう。

ドライバ:シングルBA
インピーダンス:12Ω
音圧感度:107dB
周波数特性:20-20000Hz
プラグ:QDCタイプ2ピン

元ネタのqdc neptuneとのスペック差はほとんどありません。

neptuneはインピーダンス10Ωなので、YTAO Unicornの方が少し音が取りにくいかもしれませんが正直2Ωの差なので気にはならないと思います。

まずは外装。一角獣ユニコーンがあしらわれた上品な外箱です。
20191127_000415


開けてみるとこちら。きれいなハウジングのお見えです。
20191127_000347


付属品等を合わせるとこんな感じです。
20191127_000323

・YTAO unicorn本体
・マイク付き3.5mmアンバランスケーブル
・シリコンイヤーピース
 ー白色(S,M,L)、白色ダブルフランジ(M,L)
 ー黒色(S,M,L)、黒色ダブルフランジ(S,M,L)
・メガネ拭きみたいな布
・レザーケース
布は写真を撮り忘れました

最低限の付属品はそろっています。

ダブルフランジのものも揃っているのがうれしいですね。
某海王星の付属品も似たような感じみたいです

さて、ハウジングのチェックです。
20191201_161917

ユニコーンのロゴは賛否両論あると思いますが、全体的なビルドはとてもクオリティが高いです。

レジン充填ではないプラハウジングなので非常に軽いです。フェイスの雲母(風?)プレートも非常にきれいです。

個人的に特筆すべきは装着感の良さ。

小さなハウジング、軽い本体、元ネタ譲りの形状のおかげで長い時間装着しても耳に痛みを生じることはありません。


次に音質。ちなみに視聴環境はFiio M9です。
20191127_000242


視聴用の音源はポルカドットスティングレイのテレキャスターストライプです。

未だにCD買って丁寧にハイレゾ取込して聴いている唯一のアーティストさんです。
7月の武道館ライブ最高でした!!

バランスドアーマチュア型ドライバーを1基搭載しているとてもシンプルな設計ですが、、、

全体的にシングルBAらしいとても透明感のある中高域が特徴的です。

音場:マルチドライバ機と比べるとそこまで広くないです
低域:アタック感は多少感じますが、中高域を支える程度です
中域:ボーカルとの距離がすごく近く感じる上に透明感があります。とても良い。
高域:刺さらずスッキリ感重視の印象です

全体的にとても聴きやすく、特に女性ボーカル曲との相性が抜群です。

手持ちのシングルBA機種であるKB EAR F1と比較すると、KB EAR F1のほうが全体にフラット~低域寄りでボーカルが遠くにいる感じです。

せっかくなので、リケーブル&イヤピ変更を行いました。
20191201_162010

ケーブル:NICEHCK C16-1 2.5mmバランス
イヤピ:final Eタイプ

結論から言うと、この変更かなり効果があります。

箱出しで感じていた解像度の弱さと低域の足りない厚みを一度に解決してくれます。

16芯が効いているのかバランス接続が効いているのかわかりませんが、箱出しの透明感に加えて煌びやかさが増した印象です。

低域の解決は開口部が狭めのイヤピが相性抜群です。今回は手持ちのを適当に付けただけなので、どうせなら色合わせてカッコよくしたいですね。

最後に。

YTAO Unicornは10,000円以下で買えるシングルBAイヤホンのベストバイだと思います。

正直、同価格帯でここまでのクオリティのシングルBAイヤホンは現状存在しないのではないでしょうか。

価格帯を上げればETYMOTIC ER3XRや元ネタのqdc neptuneなどあるとは思いますが、、

低域重視の人や音場の広さ、密度の濃さを求めてイヤホン選びをしている人も、気軽に買える価格帯とあっておすすめしたい1台です。

すでにqdc neptuneやCampfire AudioのCOMET、カナルワークスのU02などをすでにお持ちの人向けに聴き比べ用としてもよさそうです。

初めてで拙いレビュー、大変恐れ入ります。少しでも購入をご検討されているかたのご参考になれば幸いです。

※Twitterで簡易レビューしてます



拝啓

仲春の候
皆様におかれましては益々御健勝のこととお慶び申し上げます

というのはさて置き4月も中旬ですね、ふらんどです

さて今回は仕事のお付き合いの方から色々ありましてこの子を頂きまして(感謝感激)、だいぶ聴き込んだかなーと思ったのでまあ書いていきますよっと

pake
茶楽音人さんより発売されておりますCo-Donguri雫、こどんぐりちゃんです
eイヤホンさん限定カラーのAmber Orangeですね
普通に買っても約5000円という低価格帯のイヤホンです
10mmのダイナミックドライバ一基のシンプルな構成となってますが、特許技術のトルネード・イコライザー方式を採用しているとか
これにより高域の伸びやかさをより良くするといった狙いがあるみたいですね
hontai
このカラーだとよりドングリっぽいですね
筐体はややチープさを感じなくもないですが個人的には可愛くて好きです
装着方法は通常の着け方の他耳掛けでも大丈夫です
私の場合だと通常の装着だと簡単に耳からポロッと落ちそうになったので耳掛けで使ってますがかなり付け心地も良いですね
イヤピはデフォでspinfitが付いていますが、個人的にはspinfitがあまりフィットしないので耳にぴったり張り付くアコエフさんのイヤピに変えています
deppari
L側にはポチッと出っ張りがありこれで容易に左右どちらかが判別出来るのは好印象
なおベントが有る関係で音漏れは結構あります
静かな場所での音楽鑑賞は少し注意かも
code
特筆すべきはこのケーブル
リケーブルは不可ですがスパイラルコードというのを採用しておりこれが絡みにくくて使い勝手がめちゃくちゃ良のです
耳掛けで装着してもタッチノイズなんかはまるで無いですね
Plug
プラグはL字型
まあこれに関しては個人の環境によって使い勝手が異なりますのでノーコメント

音質

環境はSHANLING M1→Mojo→ALO Rx

簡単に言えば軽快な音を鳴らしてくれるイヤホン
特に中高域が鮮やかで聴いてて楽しい音ですね
中高域に比べると低域はやや抑え気味ですが意外と深く沈むような感じで悪くないです
ゴリゴリのロックとかだとやや気になるかもですね…
音場は狭くもなくやや広めだと思いました

試聴曲は下の皆様方
friend
スナネコ
みゆはん自己スキーマよりぼくのフレンド
新年度に相応しい歌詞な曲です
ドラムなど主張しつつもみゆはん氏の歌声も気持ちよく伸びてくれて聴いてて心地よいですね
ただ環境にもよりますが金物は少しシャンシャン言って気になるかも…
welcome
けものフレンズ主題歌ようこそジャパリパークへ
Mステ楽しく観てました
中高域が鮮やかなだけあり、アニソンらしい元気なこの曲はかなり楽しく聴けますね、まんぞく…
sayonara
私の好きな東方アレンジサークル風鈴ぼるけいのさんより「文ちゃんは見た」シリーズNo. 001 さよならレトロスペクティブ(フリー音源)
こちらのサークルさんはかなりガチな室内オーケストラによる東方アレンジなどを手掛けており、個人的に試聴曲としても重宝させていただいております
それぞれの楽器ごとの音も綺麗に出ており心地よく聴けますね
yattaze
最後はモンスターハンターダブルクロスイーカプ限定版付属のサントラCDより英雄の証MHXXverやったぜ。
試聴公式動画はこちら

MHXX版の英雄の証、どんどん盛り上がっていきいつものフレーズへ行く編曲ほんと好きですわ
低域の力強さと徐々に盛り上がっていく高域でもう最高ですよ(語彙力無し)
ちなみにモンハン結構オンラインに居るので見かけたらよろしくお願いします

とまあ、こどんぐりちゃんについて書いてみましたが音に関してはかなり良いです
価格も手を伸ばしやすいですし何よりデザインも可愛い
欠点を上げるなら音漏れが結構あるというのと、曲や環境によっては金物系の音がシャリシャリし過ぎるかもしれないとこでしょうか
中高域にメリハリがあるので聴き疲れする方も居るかもしれません…

以上Co-Donguri雫に関してでした

花粉症が大変辛いです
ふらんどです

久しぶりにイヤホン購入したので簡単に紹介でもしたいと思います
今回私が購入したのはこちら

Hippo ProOneIMG_0660

販売先は Jaben Japanさん

スペックなどはこんな感じです

シングルBAはいいぞIMG_0665
イヤホン本体IMG_0662
ケーブル一体型でリケーブルは出来ません

筐体はプラ製で若干チープさも感じられなくはないですが私は質実剛健な感じで気に入ってます

中のBAドライバが見えているのも個人的に好きIMG_0663
ノズルは少し長めで耳に深く入るので遮音性は抜群ですね

筐体も比較的小さいので装着感もかなり良いです(というか手持ちの中で一番良いのではなかろうか・・・)

ケーブルは撚線でめちゃくちゃしなやかかつタッチノイズなんかも無いので高評価です

所謂SHURE掛けするタイプなのですが耳に掛けた時の違和感なんかも微塵も無いですねぇ!IMG_0664
プラグはL字型を採用しています


以下付属品IMG_0666
シリコンタイプのイヤーチップとノズル清掃用の器具

jabenさんのオンラインストアでの購入ですとこちらのカラフルなフォームタイプのイヤーチップも付いてきますIMG_0661
個人的にはシリコンタイプのままで充分かなぁ、と思ったりIMG_0667
ポータブル用に結構しっかりとしたケースも付いてきます


肝心の音はまだ少ししか聴いていませんが箱出しの時点でかなり軽快な音を鳴らしてくれていますのでこれから鳴らし込んで行くのが楽しみです


レビューはまたいずれ

それでは

お久しぶりです、束氏です。

こちらに記事を書かせていただくのは2回目となります。
せっかく参加させていただいたのにろくに記事も書かず申し訳ないです…

これからは書きます、多分…




さて、本題に入ります。

私がこのイヤホン、DN-19と出会ったのは去年の七月…

このブログの主さんに紹介されたのです。

そして一聴、「こりゃすげえ。」

BA機しかロクに聴いたことがなかった私にはかなりの衝撃でした。

えーと今これ以上書くと後半ネタ切れ起こすので(ry






それではまずは外観、付属品等の説明をば。




P1070680

外箱です。 DUNUのロゴとイヤホンの絵がエンボス加工されています。

シックな感じで私は結構好きです。 こういう見た目のレビューに主観持ち込むのはあまり良くないんでしょうが…




P1070693

付属品は、

・イヤーフック
・クリーニングクロス
・クリップ
・フォーン端子変換アダプタ
・航空機用変換アダプタ

検索結果

・なんかチップ(上のキャビアみたいなやつ)
 コレについては後程。
・イヤーピース二種類(オーテクのファインフィットとSONYの)


いやー、付属品多いですね。

フォーン変換とか使う方居るのかってのはありますが…


あとイヤーフックは私は外しました。
かなり癖付くので、もうケーブルが耳の形になってて必要性ないんですよね…




P1070688


ケースは金属製と革製の2種類。

金属ケースはUEの物と似たようなデザインです。





PC150645

本体です。

よく見たら本体に陰陽紋がプリントされています。

何故こういう模様なのかなと思ったら、箱に印字されていた「Tai Chi」は太極拳という意味だそうです。
納得です。


このイヤホンはケーブルに銀線が使われているのが特徴でして、こういうクリアケーブルだと銀線が透けて綺麗ですね。

ただこのケーブルが若干曲者です。
結構バインバインしてまして、なんというか安い中華ホンによくあるケーブルを少し固くした様な感じです。

まあ綺麗なんでいいです(投げやり






P1070714

そして当たり前のようにケーブルスライダー。

何気に便利です。

ちゃんと分岐部にもDUNUって彫ってあったり。







P1070715

そしてこのケーブル留め。
この心配り、惚れます。

(プラグカバーは私物です。 すみません。)


わざわざZE○O AUDIOとかのケーブルクリップ買わなくていいのはとても良いですねぇ。

こいつのおかげで、この癖がついたら中々直らないケーブルも上手い事まとめられます。


いや、このイヤホン一万円程で買えるんですよね。
この付属品の量、この心遣いなら一万円代のイヤホンでは十分合格ではないでしょうか。







それではお待ちかね(?)の音のレビューを。



アッちなみに私は付属品のイヤーピースが耳に合わなかったので、Final Eタイプを着けてのレビューになります。

予めご了承ください。



まず一聴して思ったのは、「迫力が違う…」

この迫力、音の分厚さ。

BAの繊細で張り詰めたような音とは全く違う、豊かな感じです。



そしてこの低音がまた素晴らしいのです。

DD特有の包み込むような低音で、しかも適度に引き締まっています。
これは銀線の恩恵でしょうか。

しかし、低音だけならもっと出る機種は沢山あるでしょう。

そう、低音だけなら…


銀線を使用している、という事は…

そうです、高音もめちゃくちゃ良いです。

(´-`).。oO(銀線はジャスティス…)


私の大好きなキラキラサウンド。 仮に低音だけが売りのイヤホンなら、私はこいつを購入していなかったでしょう。

しかもよく伸びます。 かといって刺さるわけでもなく、上手い事均衡が保たれています。

中域は少し遠いのですが、解像度が高く、あまり引っ込んだ印象を受けません。

パーフェクトじゃねえか…

と思ったら主張が激しいからか、皆さん言われているように狭苦しさを感じます。
いやまあそれでも素晴らしいことに変わりはない()





PC150645

あとですね、このダンパー部分に先程のチップを突っ込みますと、低音が減るのです。

低音の響きが少なくなり、高音域の主張が少し激しくなります。


このチップ入れるの妙に難いですね。 力入れて入れ込もうとしても中々入らず、10分ほど格闘してました。
入れ方間違っているのでしょうか…

これでも十分いいのですが、なんというかこのイヤホンの特徴が薄まるので個人的にはお勧めしません…

しかし狭苦しさはかなり軽減されるので、低音しんどいって方にはちょうどいいのかもしれないですね。





[総評]


このイヤホンには、繊細かつ豪快という言葉が相応しいのでは。

この相反するような繊細な高域と豪快な低域がもうこれ素晴らしい。

全体を包み込む豊かで沈み込む低域、負けじと出てくるキラキラ伸びる高域、そして支えるように忠実に鳴らす中域…


なんだこれ楽しい…


このイヤホン、確か3,4年前に販売されていたものなんですよね。
とっくにディスコンしてます。

しかし良い… 色褪せない名器…


ディスコンはしてますが、未だに正規代理店に在庫があったり、米尼で安く売られていたりするので、
もし興味を持たれた方が居ましたらぜひ探して見て下さい。


お目通しいただきありがとうございました。























 

皆さま初めまして! 束氏と申します!

オーディオに本格的に興味を持ち始めて約半年の若造です…(´・ω・`)
シングルBAが大好きです。 多分こちらのブログを書かせて頂く記事は、シングルBA機のレビューがほとんどでしょう…w

ツイッターやってます。 そちらもよろしくお願い致します(*- -)(*_ _)
ID: @tabassyi


さて、それでは本題に入らせていただきます。
写真 2016-07-06 7 15 56
こちらのe-Q8、ポタフェス大阪に行った帰りにeイヤさんに寄り、特価で28kだったので買いました。 
2か月前くらいからずっと買おうと思っていたのですが…w

画質が悪いのはご愛敬です。 カメラの画素数が糞すぎるのです(´・ω・`)
写真 2016-07-04 18 57 38

外箱はこちら。 キンキラキンで綺麗です。
ちょっと傷が目立ちやすいかな…?

写真 2016-07-04 18 59 58

この高級感です。

写真 2016-07-04 19 00 20
箱を開けるとこのような感じです。

付属品は、ケース、イヤーチップ各一セット(S,M,L,低反発タイプ)、交換用フィルタ、フィルターリング、交換ツールとなっております。
色は白のみです。 汚れそうでちょっと怖いです…。

スペックはこちら。

音響エンジン:バランスドア-マチュア-ドライバ-
周波数特性:10Hz~20,000Hz -3dB インピーダンス:12Ω +/- 25%
最大入力:20mW
感度:115.5dB +/- 3dB 1kHz/1mW
ケーブル:1.2m(銀メッキ線Φ3.5mm型プラグ付)
総重量:11.5g




前置きが長ったらしくなりましたが、音のレビューをば。

このイヤホン、なんといっても高音が特徴的なんです。
どう特徴的かと言いますと、高音の量がかなり多いんです。 しかもめっちゃ伸びます。 アホみたいに伸びます。 しかしサ行は刺さりません。

中音域も結構出ます。 ボーカルがかなり近いです。
艶やかさはあまりなく、少し硬めな印象です。

低音域はシングルBAとしてはそれなりに出ていると思います。
控えめなくらいがちょうどいいです()

解像度は高めです。

音場がよくわかんないんですよねぇ…。不思議な広がり方です。


全体的にバランスのいい印象です。 高音が特徴的すぎて好き嫌い分かれそうですが…w
しかし、ボーカルがなんというか機械的な感じなんですよねぇ…。 それも好きなんですが。
裏を返せば、ボカロとか聴いたらめちゃくちゃ良いです。発狂しました。 アニソンも合いますね。
逆にクラシックとかジャズは合わないんじゃないでしょうか。 個人的には十分聴けますが。

同社製のe-Q7とも聞き比べてみましたが(持ってません)、やはり個人的にはe-Q8の方が上を行ってますね。
e-Q7にかかってた霧が晴れて、よりスッキリした音に仕上がっています。
個人的なe-Q8の二つ名は、「地上最強のスッキリサウンド」。 自分でも訳が分からないネーミングセンスです。



欠点を述べるとすれば、音以外になりますかね…。
色が白で汚れやすいのと、ケーブルの取り回しが悪いことです。布巻きなので仕方ないですが…。


あと、このイヤホン結構マイナーな部類です。ツイッターでも持っている方あまり見たことありませんw
まあそこは自分が布教するので問題ないですね()
ortofon製イヤホンを有名にしたいのです。


なんだかんだ言って、音は本当に最高です。 初めに試聴したときは感動して泣きそうになりましたw

この音はこのイヤホンにしか出せません。 正に唯一無二です。

シングルBAがお好きな方には是非聴いて頂きたいイヤホンです。


ありがとうございました!















 

↑このページのトップヘ