色んなオーオタが色んなレビューをするブログです(:3_ヽ)_



【ブログメンバー募集】

オーディオ系で自分のレビューとか意見を自由に書きたい方募集。(TwitterでFF関係の方のみでお願いします)

今後メンバーの好みに合わせてブログタイトルとかデザインも変えてく予定です。

カテゴリ: やってみた

どうも過労死寸前の小鹿です(:3_ヽ)_
年明けには新潟に1ヶ月行かなければならなくなりました(

んなどーでもいいことはさておき…、今年も残すところ15日となりましたね〜
振り返ると今年も散財を尽くした1年でした(:3_ヽ)_

image
(現在ここから5本くらい増えてます…(苦笑い))


そんな全国統一散財検定準二級を保持している僕が今年買ったイヤホンの中で「こいつァヤベエぞ」ってのを価格帯別に勝手に紹介して行くなんとも自由な記事になります(:3_ヽ)_

んで価格帯ですが僕の中のイメージで
〜10000 のエントリークラス
10001〜30000 の 軽度オタククラス
30001〜50000 の 中等度オタククラス
50001〜 の重度オタククラス
(JPY)で位置づけました(



まず
エントリークラス【〜10000】
大賞はこれ!
image

BRAINWAVZ DELTA
(実売価格3100円前後)

今年は所謂 「中華ホン」 と呼ばれる10000円以下で高品質、高音質なイヤホンが市場を埋め尽くした年だったと思います。
またこの動きに反応した大手メーカーも比較的手を出しやすい価格のイヤホンを展開してきたのもかなり良い流れだったと思います。

そんな中、10000円以下で私と最もマッチしたのがこのDELTAです。

約3000という価格でコンプライイヤーチップ1ペア付属、45°に角度が付けられ更に補強されたプラグ。そしてその鮮やかで力強いトーン。ここまでされたら正に破格だと思います。

金属筐体のDELTAから発せられるトーンはやや高域が派手なものの全域バランスが良く、更に音場も広い、この価格だと文句の付けようがないものでした。

BRAINWAVZ DELTAのレビューはこちら






お次は
軽度オタククラス【10001 〜30000】
大賞
image

1216.ears 2EV
(2016/12/17現在 実売価格(通常価格)29750円)

彗星の如く現れ、SNSで話題を呼び一気に知れ渡った香港のカスタムメーカー、1216.earsのニューモデルが受賞です。

以前レビュー(こちら)を書いたばかりですがまーとにかくすごい。

2基のBAドライバーを搭載した今ではよく見かけるイヤホンですがこの2EVのトーンには「解像度が〜」とか「情報量が〜」とか言ってる人を黙らせる魅力と説得力があります。
あ、この書き方では解像度や情報量が低いと受け取られるかも知れませんがもちろんこの2EVにはどちらも備わっているのです。

更にデザイン性においてもシェル、フェイスプレートカラーを指定できるので問題ありません。コネクターまでもMMCXと2pinを指定出来ます。
弱点と言えば納期と試聴がしにくい所でしょう。





中等度オタククラス【30001〜50000】
大賞
image

CARDAS AUDIO A8 ear speakers
(実売価格45000前後)レビューは→こちら

かなーり悩みました。
と、言うのも僕が一番買うのがこの価格帯であり、今年度各社とも力を入れていたのもこの価格帯だからです。
最後は1216.ears 3RMと悩みましたが最終的にこちらになりました。

A8はその名にspeakerの名前を冠しているように広大な音場、迫力あるトーンを放つイヤホンです。
この前に発表したEM5813 MODEL1も素晴らしい機種でしたが凄くクセのある音でジャンルもかなり絞られるイヤホンでした。
そのクセを和らげ、どんなジャンルでも生々しいトーンを奏でてくれるのがA8です。

ただ柔らかくなったもののケーブルが太めなのは共通の弱点ですね。笑





ラストは
重度オタククラス【50001〜】
大賞
image

1216.ears 6VS
(2016/12/17現在 実売価格(通信価格)68400円)

2回目の登場になリます1216.ears。
こちらも以前のレビューの通りシェル、トーン共に素晴らしいクオリティです。

やはり魅力的なのは6ドライバー搭載なのに無駄な音の膨らみやブレがなく、キッチリビシッとチューニングされた音です。

聴いてみると想像以上にスッキリした音だと感じるかも知れません。
しかし、聴き込めば聴き込むほど深みのある低域やいままで聴こえてこなかった細部の音が聴こえてくるようになり聴き飽きた曲を再生するのでさえワクワクするような体験が出来る、それがこのイヤホンの魅力だと思います。





と、言うわけで僕の好み1000%の選定結果となりましたがここに紹介したイヤホン以外にもオススメは山ほどあります(:3_ヽ)_
皆さんも自分に最適な最強イヤホンを見つけてQOLを高めて行ってくださいね!

それでは皆さん。良いお年を(・ω・)ノシ
Best wishes for the new year!

春日 小鹿

はい!こんにちは!
夏も終わって涼しい秋がすぐやってきますね!

さてさて、
さてさてさてさて、

この前買ったk404
音も良いんですけど、いかせんケーブルが気に入らない!
色といい取り回しといい好きになれませんでした
でもリケーブル対応してないしなぁ…

そこで!
親戚の家からハンダと半田ごてを借りてきて、自分でケーブルを変えることにしました!

ちなみに自作系はこれが初めてです
(中学の頃はフリスクで色々作ってたけどね笑)
完成するまで極度に緊張してたので、写真は取れてません!!

え?話はいいから早く見せろって?
分かりましたよ……
これです!



1441446252896-1543145728


14414463143381871415442


1441446351503-1711779233


色も鮮やかな黄緑!
布なので取り回しもいい!
もう最高!

PS.今夜の夕食はナポリタンです

それでは!

こんばんちは、小鹿さんです。テスト期間なのに何やってんだろ(


今日はタイトルを見ての通り銘機と銘機の比較をしてみたいと思います(:3_ヽ)_

この記事の実現に辺り、10pro純正ケーブルを提供して頂いたQ氏に圧倒的感謝。



はいドン!
ご存知(?)ultimate ears
Triple.fi 10ue900s です。

・Triple.fi 10、通称10proと言えば以前ブログでも紹介しました通り未だに根強い人気を誇る銘機ですね、その人気っぷりは10pro自身が生産終了になったのにも関わらず未だに交換用ケーブルが発売されている事からも伺い知る事が出来ると思います。




・もう一方のue900sは10proの後継機種であるue900のブラッシュアップ版であり、現在のultimate ears(=UE)のユニバーサルイヤホンでのフラッグシップ機です。

こちらも非常に人気が高く、ハイエンドイヤホンと言えばこのイヤホンが上げられる方も多いと思います。




共に人気なこの2機種ですがしばしばどちらの方が音が良いか、などの論争が起こったりします。

「それぞれいいところがあるんじゃないの?」と言いつつも、かなり気になってたりしたので今回は細部に渡り比較をしていきたいと思います(:3_ヽ)_


まずは形状から‥‥

コネクタ
10pro
10proのコネクタは独自規格の2ピンです。
CIEMの2ピンは使えませんのでケーブルの選択肢は狭いです。
2ピンは頻繁に抜き差ししない限り摩耗や金属疲労が起こりにくく故障率も低いです。‥‥が、リケーブルしたくなるのがオーオタの運命。
ピンが折れてメス側に取り残されることも少なくはありません。



ue900s(ややピンボケは御愛嬌)
こちらのコネクタは今やリケーブル対応イヤホンのほとんどが採用しているMMCXと言うコネクタです。
他の多くのメーカーでも採用されているのでケーブルの種類も豊富です。
ただ構造上、コネクタ部分がクルクルとまわってしまうので摩耗から接触不良などを起こしてしまいます。


正に一長一短って感じですね‥‥



ボア
10pro
通称豚バナ。その名の通り大きめのボアが2つ空いています。



ue900s(ややピンボケはご(ry)
は2つです。小さーいボアは低域用のボアだとか‥‥

かなり形状が違いますね‥‥
詳しい方がいれば是非コメント欄に(:3_ヽ)_




では音質面とか比べていきます(:3_ヽ)_
因みにどちらも純正ケーブルでの比較です。



10pro

・一聴して驚かされるのは音場、上下に広く感じます。

・まず全体的に元気な音、明るく音圧もあるので音楽を楽しむイヤホンとしては最上級レベルに位置すると思います。

・バランスは  低域≧高域>中域

・解像度、分離能はそこそこ

・全域にややもこもこした篭ったような感じがあります。

・高域はキラキラと元気ながらも刺さりません。が、やや低域に押されてる印象。

・中域は量感と圧を備えた低域とキラキラした高域に挟まれて一番地味です。やや曇った印象を持ちます。

・低域は量感、圧を備え上質だと思います。ただ、ここでも同じくやや締りが緩い気がします。




ue900s

・一聴してまず驚かされるのはきっちりと整理された分析された音。各楽器などをきっちり聴き分けれますが音楽性にはやや乏しいです。

・全体的にやや軽薄な音、しかしこれにより音が混じらず、楽器一つ一つのニュアンスが読み取れます。

・バランスは  高域≧中域=(≧)低域

・解像度、分離能ともにかなり高く感じます。

・惜しいのが全域の音の違和感(不自然さ)。UEのCIEMにも同じ違和感を感じたのでただ単に今のUEの音が苦手な可能性が‥‥

・高域は繊細でスゥーっと伸びますが曲によっては歯擦音が刺さります。

・先述の最大の違和感を感じるのがここ中域。僕にはヴォーカルが鼻が詰まったような感じに聴こえてしまいます。

・低域はやや量感はやや控え目ながらもタイトで他の帯域を邪魔してないです。ただもう少し沈みこんでくれれば文句無しでした。



やはり、と言うか当然の如くキャラが違います。やや強引に位置づけするならば
10proはリスニング向け、ue900sはモニター向け
と言う感じになります。



後はまあ装着感とかを‥‥
装着感及び遮音性

10pro

耳からビョーンと飛び出るなかなか変わった装着方法ですがなれればフィット感は抜群です。
純正ケーブルは癖が付きやすく取り回しがやや悪いのが悩ましい所。
遮音性は一般的なカナル型イヤホンと同等あるいはやや高いです。



ue900s

耳の後ろにケーブルを回す装着方法、所謂「shure掛け」ってやつですね、ハウジングが小粒でかなり装着感は良く、またそれに伴い遮音性はかなり高いです。
純正ケーブルはしなやかで取り回しがいいものの絡まりやすくタッチノイズが大きいです。




さて、ここまで散々比べっ子してきましたがどっちがいいとか優劣は付けれないです(
要するに個人の好みです。

これから高級イヤホンデビューを考えてる沼の淵に居る方はネット上の押し付けはスルーしてとりあえず視聴する事をオススメします!

因みに僕は10proが好みでした!

以上長々と駄文続きましたが終わりですお疲れ様でした(:3_ヽ)_




↑このページのトップヘ