色んなオーオタが色んなレビューをするブログです(:3_ヽ)_



【ブログメンバー募集】

オーディオ系で自分のレビューとか意見を自由に書きたい方募集。(TwitterでFF関係の方のみでお願いします)

今後メンバーの好みに合わせてブログタイトルとかデザインも変えてく予定です。

カテゴリ: レビュー

どうもこんばんは(:3_ヽ)_
多忙極めてきているこじかさんです(´・_・`)

本品紹介するのはつい先日HIFIMANから発売されましたイヤホン、RE300hです!
image


なんとこのイヤホン、価格が3000を切るという驚きのプライス!
いや、分かってますよォ!いくら安くても音が良くなくっちゃですよね!

まぁまぁ焦らないで!いつも通り付属品とかから紹介しますから(:3_ヽ)_


image

付属品は至ってシンプルです。
ダブルフランジイヤーピースとプリンのような形のイヤーピース。(これがほんと素晴らしい、後で紹介します(:3_ヽ)_)
それとクリップに予備フィルターです。

image

イヤホンに予備のフィルターが付属してくるのはかなり珍しいですね!
長く、いつまでも使って欲しいと言うメーカーの思いが見えます。


image

そんで素晴らしいのがプリンのような形のイヤーピース。(画像左)
右には一般的な形状代表としてSpinfitに出演していただきました。かなりちがいますね??

image

このイヤーピース出口がかなり広く取られていて音が減衰しないように設計されています。つまり音が良いのですよコレ!!

何より装着感が良いです。単体販売したら全てこれに付け替えそうなくらい……


着け心地の良さはイヤピの恩恵だけではありません!
image

みんないろんな意味で大好きearpotsと比べるとこのサイズ!
女性や耳が小さい方でもすっぽり入ります!

この特殊なハウジングは通常の装着方法、ケーブルを耳の後に回す所謂SHURE掛けどちらにも対応しています(:3_ヽ)_


それでは音質レビュー!

……とその前にお知らせです、このイヤホンはエージングによって物凄く化けます!最低でも50時間のエージングをしてあげてください!めちゃくちゃええ音になるんや!

なぜこんな事を言うかと言うと箱だし直後の音が正直ビミョ〜なんです。
低域よりかまぼこ型で高域は引っ込んでる、そんな感じです。

ここで「こんなもんか」と見(聴き?)限るのは勿体ないです!!!!もう1度言いますよ?
エージングしましょう♨

さて、レビューする環境は
HM901(Elfidelity balanced amplifier card)→RE300h(エージング50時間)

曲は
明滅する/眩暈SIREN
です(:3_ヽ)_

傾向はやはりかまぼこ、中域≧低域≧高域の壺型バランスです(:3_ヽ)_
HIFIMANらしい上から下までギュギュッっと凝縮された濃厚パワフルサウンドです!


迫り来る迫力サウンドで音場は正直狭いですがそんなの関係ねぇ!ロックが凄い楽しいです!
解像度は値段ちょい上程度ですがそんn(ry


何が凄いってヴォーカルの近さです、おそらく手持ちのイヤホンでは最も近いです。耳元で歌われるような感覚ですね……
試しに「こきゅうとす」を聴きましたが軽くイキかけました

……いや、マジで

汚い話すいません( ‘ᾥ’ )
多分耳かき音声とかもヤバイと思います。
自分は耳かき音声持ってないのが悔やまれます。

音楽のジャンルで行くとジャズ、EDM、ロックに凄くマッチします。あとはバラード何かもいいと思いますね!あれ?割と何でもこなせる?

唯一惜しまれるのが
image

ハリガネムシチックなテカテカケーブル。
癖がつきやすいのが難点ですね……

しかし改めて値段を考えましょう、3000円切っちゃうんですねコレ、ね?

後は何を言いたいかわかりますよね……?w

どうもハイファイマンファンマン小鹿さんでした┗(⌒)(╬´ ω `╬)(⌒)┛

どうも、ふらんどです

ポタフェス東京二日目だけですが参加してきましたので思い出しながらレビュー的なレポ記事書いていきますよっと(画像多めです)

20160717_063218530
毎度のことながらこの人は何で毎回始発で行って時間を持て余すことしたんだろうね
秋葉原に6時半には到着してました

20160717_063958387
当然誰も居ない訳で…(去年も同じようなこと書いたような…)

20160717_064203460
20160717_100300610

二日目は何故かプリヤ痛車と化したポルシェが展示してあったりしてこのイベントってなんだっけとか一瞬思ったわけですが気にしない

さあ早速試聴してきましたよ!

20160717_110543043

こちらカスタムIEMで有名なメーカーAAWさんのユニバーサル型の新作イヤホン「NEBULA」です
ダイナミック型一発みたいですね

20160717_110232847
そしてこちらはハイブリッド型の「NEBULAⅡ」でございます

D一発の方は低音ガンガンな元気な音でⅡの方は大人しめ、フラット気味な音でした
装着感などは良好だったのですが、ケーブルがリモコン付きなのが賛否が分かれそうかもしれませんね

お値段も1万7千円程と比較的手に取りやすい価格設定かと思いますね

次、Jomo Audioさんのブースへ行ってみました
この共有ブログの執筆者の一人でもあるだたろうさんが通訳として活躍されているみたいですね
その事を完全に忘れていたのでブース訪れた姿観た時は「あれ、なんでここで働いてんの?」となりましたw

話を戻して、ここは多ドライヤホンを数種類用意してあり、最初にフラグシップ機にあたる「SAMBA」から聴いてみました
20160717_110843425
20160717_111222309

筐体やケーブルなんかが綺麗でしたねー、芸術品みたい
これ実はただのケーブルではなく、EFFECT audio社のAres2というこれまたお高いすんごいケーブルを純正としているのだとか…
一見すると太めですが銅製だからか柔らかく取り回しは良好でした
ちなみにSAMBAの内部配線も同じ線材を使用しているのだとか…

肝心の音ですが、一聴して思ったのが空間表現能力と言いますか音場もそれなりに広く音の余韻なんかも綺麗に表現していたと思いますね

ちなみにSAMBA、BA8発の多ドライヤホンですが変にゴチャゴチャしたような音ではなく自然な音だったことに好感が持てました
お値段は19万、カスタムは更に上がるということで結構良いお値段なのがネックか…

他にはBAを4、5、6発積んだもの及びこれまた別のBAを6発積んだのリファレンスモデルというのもありましたので聴いてみました
20160717_111306124
BA4発のJOMO04 V2
なかなか厚みのある迫力のある音でした
リスニング向けかなぁ

20160717_111516269
BA5発、JOMO05 V2
先の4発モデルよりも若干優等生タイプな音でした

20160717_111702514
そしてこちらはBA6発 JOMO06 V2
ドライバ数が増えるに連れてフラットな音になってるように思いました
この辺りまで来ると表現力は流石に良いですね

20160717_111924801
JOMO Reference
こちらも6ドラですが先ほどの物とは使っているBAが違うとのこと
リファレンスモデルだけありフラットな感じでかなり綺麗な音でした

クリアさならRefarence、表現力ならSAMBAかも…

お次はこちら

超弩級なケーブルを制作しているBrise Audioさんです
20160717_112413407
こちらポタフェス展示用に作られたという6芯仕様のMURAKUMOです
ブースの方も言われていましたが硬いw
8芯のも作られたみたいですがプラグ部分が耐え切れずに昇天してしまわれたとの事…
音的には私もMURAKUMO愛用者の一人なのですが、こちら6芯仕様のものは更に濃厚さが増してたと思います
ボーカルがもうエロいとしか言えんのです(?)
ブースの方曰く「8芯だと音が濃すぎる感じになるので6芯が良い」との事でした
20160717_112609565
生やした姿がこちら
もうなんか慣れましたw
硬さ的には6芯がギリギリ許容出来るかなぁって感じですかね


後は今回ブリスさんの方でハイエンドヘッドホンシステムを用いた試聴機に新規ケーブルを組み合わせた試聴も出来たので聴いてみました
確かヘッドホンはHD800だったと思います

ツイートの動揺具合から察せると思いますがめちゃくちゃ良かったです
あまりの生々しい音に思わず聴き入ってしまいました
20160717_112925420
20160717_113112683
二枚目のぶっといケーブルも良かったのですが、ヘッドホン端子側の方が硬さに耐え切れず断線気味で少しノイズが…
20160717_113359617
また今回は同軸ケーブルの方も展示されていました
MURAKUMO仕様の同軸ケーブル…太いぜ…
20160717_113528693
早速AK100改に繋いでみました
若干クリアになったかなという感じですが、個人的にアナログケーブル程の変化は感じにくいというのが正直な感想でしたね…

いつもながら親切な対応でお話も色々と出来たので面白かったです


20160717_114551582
こちらfFLAT5(フラット5)さんのBluetoothイヤホンAria Oneです
個人的にBluetoothイヤホンというのは音質的に不利なんじゃないのかという偏見を持っていたのですがこちらを聴いてそうとも思えなくなりました
Bluetoothイヤホンといえば最近だとEARINという製品がありましたが、あちらはBA型なのに対しこちらはダイナミック型を採用しております
古河電工さんとの共同開発のスピーカー振動膜を採用しているとの事

白い方が親でロゴマークの描いてあるボタンを押すことで簡単にAK100側でペアリングが出来ました(画像右側のAria One R表示がそれ)
音切れなんかもなく、DAP側での音量操作をした際は1ステップ遅れるのは少し気になりましたがまあ実用レベルかと
イヤホン側のボタンを押すことで曲の一時停止なんかも出来ちゃいます

音は厚みのある元気な感じでしたね
ボーカルも埋もれていなく元気に歌ってくれていました

写真を撮り忘れてしまったのですが、充電用のケースがこれまた洒落ており二枚貝の貝殻のような形をしておりそこに置くだけで充電出来るみたいです
充電も何回かは連続で出来るみたいで、充電ケース側のバッテリーが切れた場合はMicroUSB端子がありそちらを繋いで充電するといった感じですね

防水を施してあるとの事なのでランニングなんかで汗や雨なんかを気にせず聴けるのでそういった用途に興味がある方は要チェックかも…
ちなみにお値段は2万7千円ほどでした

お次はこちら

20160717_115656834
Noble AudioのKATANAです
今までのフラグシップ機であるK10よりもドライバ数が減りBA9発という珍しい構成なのが気になりました
BAも今までとは違うものを採用したとか
K10よりも筐体は小さくなり装着感は良かったと思います
個人的にK10はなんかゴチャゴチャしたような音であまり好きではなかったのですが、こちらはそういったのをあまり感じずなかなかクリアな音でしたね
若干低域が軽かった気もしました

お次はめちゃくちゃ混雑していたfinalさん

20160717_122222132
超極小筐体のイヤホンFシリーズを聴いてきました
皆さん気になっていたのかかなーり混雑しており少し並びましたがその間にブースの方に色々と説明を聞かせて頂きました
Fシリーズは下位モデルのF3100、リケーブル対応のF4100、最上位のF7200の3種類でどれもBA1発ですね
あのER4の本体よりも小さく細く、かなり耳奥に入る感じになります
ブースの方曰く、「小さいイヤピ使ってより奥に、鼓膜に近づければ低域が、大きいイヤピを使用してあまり奥に入れなければ高域が出やすくなるよ」、とのことでした

F3100はリケーブル不可のエントリーモデルで、高域はあまり伸びは無かったですが中低域が結構出ておりジャズ音源なんかを聴くのに良いんじゃないかと思いました

F4100はリケーブル対応となっており、上の伸びや音場を広くしたモデル
20160717_122527822
L字型MMCXケーブルはなかなか珍しいのではないのでしょうか?
F3100よりも綺麗な音でしたね

そして最上位モデルのF7200
20160717_122726920
こちらはケーブルにもかなりの拘りを持って作らているみたいで「スパコンなんかに使われている超高速伝送ケーブルを使ってます」との事

音の感想

F4100の時点で音場も広がり良かったのですが、F7200は更に上を行っていました
伸び、低域量、広い音場…
何でこんなちっこい筐体からこんな音が出てくるのか不思議でなりません

お値段は下位モデルから2万、3万、5万ほどだそうな(うろ覚えで申し訳ないです)
個人的にBA1発イヤホンは好みなのでいつか買いそうで怖いですw
買うとしたら私は間違いなくF7200でしょうねw

おまけでこの子も聴いてみまた
20160717_123034434
LAB Ⅱ
これはイヤホンと言って良いのでしょうか…
もはや芸術品的な物として飾っておいても絵になるんじゃないかとw
音も他のイヤホンとは毛色が違い過ぎてなんと言って良いのやら…
開放型として作られており音場も広く、特に高域の抜けはこの子にしか出せないんじゃないですかね
低域は結構深くまで出ていたと思います

ブースの方の説明など丁寧で楽しかったですね


20160717_124213095
オンキョーの新ハイブリッドイヤホンE900Mです
リモコン付きケーブルだったのが少し気になりましたが…
MMCXケーブルによるリケーブルに対応しているのでお好みでという感じですかね
装着は耳掛け型ですが若干着けるのに手間取ってしまいました

ウーファとしてダイナミックドライバを、中高域用にBAドライバを使っているとの事で前後に奥行きがあるように感じました
コンプライイヤピだったせいか高域が潰れていた感も否めないですが…

次は今話題のこれ

Astell&Kernの新DAPであるAK70です
20160717_130029753
実はポタフェスの一週間ほど前にeイヤホン秋葉原店さんの方で試聴していたのですが…
正直な所個人的にはあまり好まない音でした
バランスの方は聴いていないのでなんとも言えないのですがアンバランスで聴いた感想としてはAK Jrよりはマシかな、と…
中低域は結構出ているのですが高域がかなり控えめといった感じですかね
試聴時営業のSさんが丁度目の前に居たのでその旨を伝えたのですが、その辺りはAK Jrの音を意識しているのでとの事でした

まあUIは第三世代のそれなので結構サクサク動きますし、USB出しも出来なにより小さいのでトランスポーターとして使っても良いかも知れません



SIMGOTのEN700です
20160717_132824117
ちょっとデザインかっこよすぎじゃないですかねw
音はかなりの美音系でなかなか良かったと思います
ただあまりにも癖がないので若干つまらない音とも感じてしまいました…


20160717_140044375
ELEKITさんのポタアンを聴いてみました
実を言うと聴いたことがなかったのですが気になってたんですよねー

様々なオペアンプに換装した真空管アンプであるTU-HP01が展示されていたのですが、これオススメだよって事でMUSES02に換装した物を聴かせて頂きました
MUSES02と言えば高級オペアンプとして有名ですね
通常オペアンプは数百円ほどですがこやつは3千円ほどするオペアンプです

聴いてみたのですが結構ホワイトノイズが多めで気になってしまいました
音は厚みがあり元気な感じでしたかね
ただ分離感は今ひとつな気もしました

写真右のディスクリート構成のTU-HP02も聴かせて頂きましたがこちらはかなり良かったです
ホワイトノイズはあまり感じられず、分離感もかなり改善されておりそれでいて真空管不使用なのに真空管的な温かみも感じられました
ゲインの切り替えなんかも付いており、「これ文句のつけよう無いじゃんw」とか思ってましたね
しいて言うならバッテリー式ではなく電池式なので交換に若干慣れがいるくらいでしょうかね
電池式はバッテリー式と違いバッテリーがへばる事がないという利点でもありますがねー

次はこちら

echoboxさんのThe ExplorerというDAPです
20160717_140952991
ウイスキーボトルみたいな形で裏面が木製で出来ておりなかなか美しいのですが写真を撮り忘れるという失態をしましたああああああ
画像の黒壇モデルは加工が難しいため今後制作はないとの事
個人的に参考展示されていた竹モデルが好きでした

UIはAndroid4を採用しており操作性はスマホのそれでした
若干もたつきもありましたが充分実用レベルかと
音は結構カッチリ硬めに鳴っていた感じでかなり良かったですね

ただ個人的にフォルダ操作が出来なかったのが痛かったですね…
私はフォルダ操作メインで分かりやすいように階層作ったりしてたのですがフォルダ操作非対応だったので曲を探すのに時間が掛かってしまいました
ブースの方にはその旨をお伝えしたのですが、まだアプリなんかは試作段階なのでこれから詰めていく旨のような事を仰っていました



20160717_161146692
AKGのN40です
なかなか小さめで装着感は良かったかと
ノズルを変えられるシステムとなっておりそれによりハイ寄りなんかにも出来るみたいですが取り敢えずノーマルな状態で聴いてみました
うーむ…ボーカルが遠く音場も狭めな感じであまり良い印象は無かった感じでしたね…
ノズル交換したものを聴いていないのでもしかしたらそれで改善されるかもしれませんが…

最後にこちら聴いてみました

20160717_161807980
20160717_161801340
AROMAさんの魔女ことwitch Girl12です
圧巻のBA12発構成…
超高域用に2ドラ、高域用に2ドラ、中域に4ドラ、低域に4ドラの4way12BAという変態仕様です

装着感はなかなか良く、特に遮音性はかなり良かったです
音はなかなか濃い音でしたが超高域用ドライバのおかげかかなり伸びてましたね
ブースのお姉さんが外人さんだったのであまり詳しい話は聞けなかったのが心残りか…


さて如何でしたでしょうか?
少しでもポタフェス東京の雰囲気なんかが伝わってくれたら嬉しいです

この日は昼食わずにいたせいで地元に帰った時かなり空腹だったのでまあがっつきましたねw
夜食の画像で締めたいと思います
20160717_211846613
ネギたま豚丼でスタミナ付けて優勝

以上読んでいただきありがとうございました!

こんちゃ、とてもお久しぶりのマーサ改めF69(エフロク)です! SNS上でのニックネームを改名いたしました
名前は変わっても愛する音は変わらないですよ♪

さて久しぶりにこちらのブログに記事を書くということはぜひともみんなに知ってもらいたいものがあるということ
私がいまとってもイチオシのイヤホンを紹介させてください

DSC_1819
 
D型の良さを再認識させてくれるイヤホン
Acoustune HS1004 

私が最近ツイッター上で推しまくってるイヤホンですね
使い始めてから約3週間くらいですかね
鳴らし込むほどに、聴き込むほどにこの音にハマっていく

じっくり使ってみてこのHS1004の良さを一言で表すなら
控えめにとても良い!

DSC_1822
 
音の感想の前に言っておきたいのがこのHS1004 自分に合うイヤーピースを着けることがとても重要です
僕の場合ですが純正のダブルフランジがあまりしっくりこなくて付属のSpinfitも含めいろいろ試した結果
finalイヤピEタイプが一番しっくりきました、密閉度・装着感ともにバッチリ
なのでこのレビュー記事はHS1004にfinalイヤピEタイプを着けて聴き込んだ感想になります
ちなみにAcoustuneから新作イヤーピースが単体で近々出るとか、そのイヤピがとても好評らしく期待してます
ぜひ私のHS1004に着けてみたいですね

さて音の感想へ
まず基本の情報として
HS1004のドライバーはシングルD型、ハウジングはアルミとなってます
こうやって見るといたって普通の構成ですよね、しかしながらこの普通も純粋に追及するととても良い音を奏でてくれるんです!
詳しいことはわかりませんが特殊合成基材成型ミリンクス振動板で独自開発のドライバーを積んでいるそう  
マイナーメーカーながら確かな技術力を感じます

先にも言った通りこのイヤホンの音は控えめにとても良い!
とにかく聴き疲れさせない心地よく楽しい音
どこかが飛び抜けた個性があるわけではなく低音の質感・重み・中域の艶やかさ・元気さ・落ち着き・高域の伸びやかさ・煌びやかさ・解像度・音場 どれも同じくらいに高い質
故にトータルのバランスがとっても上手くまとまっている
イヤホンによっては低音の量感に特徴があったり高域の突き刺さるような伸びに特徴があったりでトータルバランスにバラつきがありがちですがHS1004はどこかが出しゃばった部分がない
そのおかげでどんな音楽も飽きずに聴き疲れせずに楽しく聴ける

バンドサウンドものを聴くとわかりやすいんですがベース・ギター・ドラム・キーボード・ボーカル どの音も埋もれず出しゃばらずそれぞれの音をハッキリ聴ける
シングルD型ならではのまとまりの良さ、さらにシングルD型では難しい音の分離もしっかりしてる

僕はあまり低音の量感が多いものは好きじゃないんですがこのHS1004の低音はドンピシャ
ハードロック聴いて低音が強すぎて重苦しくなることなくギターやボーカルに被らずちゃんと主張してくれる
しかも低音の質感がまさしくD型ならでは、BAでは鳴らせない感触でとても立体的で深みのある低音
D型嫌いな人が良く言う気持ち悪さが全くない
この低音に慣れると僕のシングルBAとは思えない愛機でもあるHeaven Ⅴでも低音にう~んっと思ってしまうw
あとドラムの聴き分けが凄すぎですね!キックドラム・スネア・バスドラムどれも別々の音ってはっきり認識できる

ボーカルに関しては突き抜けるような伸びではないけど気持ちよく艶やかに聴かせてくれます
キンキンンに刺さらず綺麗に艶やかな伸びのあるボーカルが聴ける
ギャングボーカルの部分がおもしろく分離し過ぎずまとまりのある聴かせ方が気持ちいい
イヤホンによっては美しすぎるボーカルというのもいいんですが刺激的すぎて聴き疲れしかねないって思うことたまにあります
しかしHS1004は美しさ艶やかさを味わいつつもいつまでもずっと聴いていられる
男性・女性どちらもバッチリ!


高域の粒立ちや全体の解像度はこれまた控えめにとても良い
解像度高いのに高解像度酔いをすることがない
解像度の高さありつつも奥行きのある空間表現と相まって曲の世界に没頭できる
耳をそっと澄ませば心地よく音楽に浸れる

いままたあまり聴いてなかったミクスチャーロック系を聴いてるんですがいままでハッキリ聴けなかった奥のほうにある細かいシンセの音が聴き取れてビックリw
ホンマにBAに匹敵する解像度の高さ
でも間違いなくD型の感触の音
D型イヤホンってよくD型とは思えない、BAみたいな音 とかもろD型の音 って表現ありますが
このHS1004の場合はD型の良さを再認識できる音 だと思ってる

このHS1004にジャンルの相性の良し悪しを言う必要は無い
逆にHS1004に似合わないジャンル探すほうが難しいw
音楽の聴き方の好みはあれどこのジャンル似合わないってことにはならないはず
ゴリゴリのハードロックもバキバキなテクノサウンドも圧倒的なクラシックもしっくりくる
普段あまり聴かないアニソンやアイドル系の曲も聴いたんですが予想以上にドンピシャでしたねw
 続きを読む

皆さま初めまして! 束氏と申します!

オーディオに本格的に興味を持ち始めて約半年の若造です…(´・ω・`)
シングルBAが大好きです。 多分こちらのブログを書かせて頂く記事は、シングルBA機のレビューがほとんどでしょう…w

ツイッターやってます。 そちらもよろしくお願い致します(*- -)(*_ _)
ID: @tabassyi


さて、それでは本題に入らせていただきます。
写真 2016-07-06 7 15 56
こちらのe-Q8、ポタフェス大阪に行った帰りにeイヤさんに寄り、特価で28kだったので買いました。 
2か月前くらいからずっと買おうと思っていたのですが…w

画質が悪いのはご愛敬です。 カメラの画素数が糞すぎるのです(´・ω・`)
写真 2016-07-04 18 57 38

外箱はこちら。 キンキラキンで綺麗です。
ちょっと傷が目立ちやすいかな…?

写真 2016-07-04 18 59 58

この高級感です。

写真 2016-07-04 19 00 20
箱を開けるとこのような感じです。

付属品は、ケース、イヤーチップ各一セット(S,M,L,低反発タイプ)、交換用フィルタ、フィルターリング、交換ツールとなっております。
色は白のみです。 汚れそうでちょっと怖いです…。

スペックはこちら。

音響エンジン:バランスドア-マチュア-ドライバ-
周波数特性:10Hz~20,000Hz -3dB インピーダンス:12Ω +/- 25%
最大入力:20mW
感度:115.5dB +/- 3dB 1kHz/1mW
ケーブル:1.2m(銀メッキ線Φ3.5mm型プラグ付)
総重量:11.5g




前置きが長ったらしくなりましたが、音のレビューをば。

このイヤホン、なんといっても高音が特徴的なんです。
どう特徴的かと言いますと、高音の量がかなり多いんです。 しかもめっちゃ伸びます。 アホみたいに伸びます。 しかしサ行は刺さりません。

中音域も結構出ます。 ボーカルがかなり近いです。
艶やかさはあまりなく、少し硬めな印象です。

低音域はシングルBAとしてはそれなりに出ていると思います。
控えめなくらいがちょうどいいです()

解像度は高めです。

音場がよくわかんないんですよねぇ…。不思議な広がり方です。


全体的にバランスのいい印象です。 高音が特徴的すぎて好き嫌い分かれそうですが…w
しかし、ボーカルがなんというか機械的な感じなんですよねぇ…。 それも好きなんですが。
裏を返せば、ボカロとか聴いたらめちゃくちゃ良いです。発狂しました。 アニソンも合いますね。
逆にクラシックとかジャズは合わないんじゃないでしょうか。 個人的には十分聴けますが。

同社製のe-Q7とも聞き比べてみましたが(持ってません)、やはり個人的にはe-Q8の方が上を行ってますね。
e-Q7にかかってた霧が晴れて、よりスッキリした音に仕上がっています。
個人的なe-Q8の二つ名は、「地上最強のスッキリサウンド」。 自分でも訳が分からないネーミングセンスです。



欠点を述べるとすれば、音以外になりますかね…。
色が白で汚れやすいのと、ケーブルの取り回しが悪いことです。布巻きなので仕方ないですが…。


あと、このイヤホン結構マイナーな部類です。ツイッターでも持っている方あまり見たことありませんw
まあそこは自分が布教するので問題ないですね()
ortofon製イヤホンを有名にしたいのです。


なんだかんだ言って、音は本当に最高です。 初めに試聴したときは感動して泣きそうになりましたw

この音はこのイヤホンにしか出せません。 正に唯一無二です。

シングルBAがお好きな方には是非聴いて頂きたいイヤホンです。


ありがとうございました!















 

8/25追記
いよいよ国内発売日が9月1日に決定しましたね!そして円高パワーで39900円!やったぜ!

8/26追記
日本市場での販売のみ9月17日のようです(´・_・`)


9/19Twitter等で散見される症状に関して追記しました!(SDの容量、電源が落ちる、ギャップレス再生、フリーズ、???)

200GBのSD認識情報ありました!

「電源が落ちる」→オートパワーオフの設定をオンにしている場合問答無用でオフになります。

その他追記事項は記事内の関連している場所にあります(:3_ヽ)_


どうもこんにちは!スマホを新調した小鹿さんです!
ZTEのAXON miniってスマホをかったんですがDAC部分に旭化成のものが使われているようで…おいおい音質レビューもしますね((

今回はHIFIMANさんから国内未発売の高音質小型DAPのsuperminiとか色々お借りしたのでレビューしていきます!

ポタフェス大阪の記事を読んでくれた皆様は既にご存知かと思いますww
僕が超絶気に入ってしまい猛プッシュしてましたから(´>ω∂`)


image


HM700に似ていますね…
そういやイヤホン(RE-600)も付属していました(:3_ヽ)_やっぱり似てますねw
追記(2016/07/11)なんとこのイヤホンはRE-600でもRE-400でもないようです。高域が元気な明るい音色のイヤホンです
image



まず外観から見ていきましょ〜(:3_ヽ)_

正面
image

すごくスッキリしてますね
操作は完全物理です。
真ん中のボタンが再生/停止、セレクト
左右がそれぞれ上下に移動するよう対応してあります。


背面
image


本体右側面
image

ボリュームキー、バックボタン、パワーボタンが全てこちらに集約されてますね( ⊙᎑⊙ )

image

対して左側面には何もありません
上部も同じく何も無いです♨

底面
image

MicroSDメモリーやUSBジャック、注目すべきはイヤホンジャックでなんと3.5mmバランスを搭載!!!!!!
バランス接続可能機器では最小クラスではないでしょうか!?




簡単なスペックを紹介すると

筐体は航空機グレードアルミニウム
連続使用時間︙約22時間
対応フォーマット(最大対応24bit.192Hz)︙WAV,FLAC,AIFF,APE,MP3,OGG,AAC,WMA,ALAC,DSD64(DSF,DFF)
最大出力400mW


ハイスペックです。モンスターですぞ……
しかも販売予定価格約5万程(
8/25追記 価格39900円です!
これは強すぎます。


実際に触ってみるとまず起動が爆速で2秒ほどでホーム画面が現れますw
操作は初見では戸惑うこと間違えなしですがすぐに慣れるとおもいます。

(後ほどyoutubeに上げてリンクはりつけます)

発熱は再生時はあまり感じられ無かったですが充電中はかなり熱を持ちます。充電しながらでの使用はできるだけ控えた方が良いとおもいます。

では!やはりここが大事!音ですよね!


image

イヤホンはTF10KAI、
曲は 明滅する/眩暈SIREN
でのレビューです。

HIFIMANらしい力強く暑苦しいウォーム寄りの音です。
各域のバランスは急なピラミッド型、低音の押し出しが強くベースやドラムに迫力があります。高域の刺さりは無いですが出てない訳では無くなんと言うか丁度いい感じです(笑)

解像度はそこそこ高く値段を考慮すると上等です。

音質でいうと1.5倍の価格の機器なら蹴散らすレベルだと思います。


superminiの気になるところ(問題点)

少し触ってて思ったのが曲の頭が一秒程飛ぶ事です。foreground eclipseのアルバム2曲目とか結構消し飛びますねw
追記9/19ギャップレス再生は今年度末に対応予定だそうです!


それとスリープ中に真ん中のボタンを押して画面をつけたら30秒近く操作不能に陥ります……これはかなり大きな問題ですね……
追記9/19 これはフリーズではなく誤操作防止の為のボタンロックだそうです!解除は電源ボタン短く3回押すor30秒程放置です(:3_ヽ)_


あとはアーティスト名やアルバム名を認識してくれない所ですかね、全てunknownでまとめられました(´・_・`)
HM901ではきちんと認識されてたSDカードなんですがね…どうしてでしょうか


ここら辺は国内発売される前に何とかなってくれるとありがたいですねw
(因みに発売は早くて8月上旬とのこと!)
(7/31追記)どうやら少し遅れ国内発売は8月末〜9月頭になるようです。上記の不具合が無くなるんでしょうか?
なら大歓迎です(:3_ヽ)_



しかし音はやはり一級品。素晴らしいです。僕も恐らく買いますコレ()。


気軽にポケットインできるバケモノプレイヤーはどうですか??

もしかしたらカラバリ出るかもとのことです…ふふ……

↑このページのトップヘ