色んなオーオタが色んなレビューをするブログです(:3_ヽ)_



【ブログメンバー募集】

オーディオ系で自分のレビューとか意見を自由に書きたい方募集。(TwitterでFF関係の方のみでお願いします)

今後メンバーの好みに合わせてブログタイトルとかデザインも変えてく予定です。

カテゴリ: レビュー

本日二回目の更新、フランドです
意外とレビューって簡単なようで難しいもんですね奥さん
この人またFX850について書くみたいよ

前の記事ではFX850のすんばらしさを直感のままにズラズラと書いてみしたが、恐い人に「もうちょい丁寧に書こうや」と体育館裏に呼ばれそうなので今回は気合入れて書きます(前回は気合入れてねえのかよ)

さてさて今回は私のFX850のリケーブル歴についてダラダラと語っていきたいと思います

CYMERA_20150714_223608


まずこちらが純正ケーブルですね
OFCケーブル、銅線です
これはこれでプラグもしっかりしてますし取り回しもなかなか良いのですが、如何せん私の耳では低音が多過ぎるように思えてしまう

じゃあ銀線使えば低音引き締められるんじゃね?
って事でこちら
CYMERA_20150714_222837


何か青いの付いてますがこの子はまたの機会に紹介します
AudioTracのSR2という4N銀線です
線の補強の為に信号とは完全に切り離して銅線を組み込んである贅沢な使用になっております

これにリケーブルすると中高音にメリハリが出て特に高域はより伸びるようになります
反面特徴でもあった低音がスポイルされ過ぎてちょっとキャラが違いすぎる…気がする(

どうしたものかと色々調べるとこの子が相性良いとの事
CYMERA_20150714_223037


SAECのSHC200FSです
現在では生産終了しているPCOCCという銅線で作られたケーブルです

少々お値段は張りますがこちらにリケーブルするとまるで純正ケーブルの低音を良い塩梅に締めて中高音がかなりすっきりとした聴きやすい音に化けました
もうこれで良いんじゃねえかな、と思えるほどにです
タッチノイズはまあ有りますがそれを踏まえてもこれはオススメ出来ます


これでリケーブル沼は終わるかと思ってたんですが更に合うケーブルがあるとの事
ええ、勿論突撃しましたとも
CYMERA_20150714_223142


こちらはオンリーワンラインさんという個人メーカーさんで発売されている信号にオーグpt、GNDに銀線を使ったハイブリッドケーブルとなっております
スリーブの色は結構ありましたが私は橙色をチョイス
注文の際FX850で使いたい旨を伝えればストレートで作って頂くことも可能みたいですが私は普通に耳掛け方式で

………これはやばい
SR2をより力強くしたような中高音のメリハリ、それでいて低音もSHC200FSと同じく多過ぎず少な過ぎずの絶妙なバランスでなってくれるようになりました
特に高域の煌やかは圧巻ですね

今ではこのケーブルを付けたFX850が私のメインとなっております


ん、FX850でシュア掛けってどうやんのって?
グロ画注意
















CYMERA_20150714_223408

はいひげ剃りますよ
なかなかどうしてかこの付け心地が良かったり

リケーブルで結構変わる子なんで
遊びがいがあって楽しいですね

それではっ

はじめまして、Twitterで小鹿さんと相互繋がりのマーサといいます(Twitterアカウント@masa111469)
オーディオメーカーのfinalを愛してる者です
小鹿さんの歓迎でこのブログに参加させてもらえることになりました


今回は僕の一番のお気に入り final Heaven Ⅱをご紹介します
DSC_0644

finalにはHeavenシリーズで現在ⅡからⅧまでありこのHeaven ⅡはHeaven入門モデルというポジションになってます
ですが僕にとってはHeavenシリーズの中で一番好きな音だったりします

Heaven Ⅱはfinal独自開発のオリジナルBAドライバーを1基搭載・ステンレスハウジングのイヤホンになります
またfinal独自の技術‘BAM機構(空気の流れを最適化ささせる仕組み)’が取り入れられてます

音の性格・特徴はクール・◯◯過ぎない・若々しい元気のある音・中高域寄り
クールな感触の音ですが冷酷なまでに冷たいわけではなく人肌の温もりも感じられるクールさです
‘◯◯過ぎない’というのは解像度が超高過ぎない、派手過ぎない、落ち着き過ぎてない、鋭利すぎない、膨らみ過ぎない、というように絶妙にちょうど良い音にまとまっているという感じです
しかし決して平凡な音になっていないところがHeaven Ⅱの魅力的なところ
BAM機構の恩恵でシングルBAながら弾力・空気感のある低音が楽しめ、finalらしい空間表現を味わうことができます
若々しく軽快でシャキッと繊細、ステンレスハウジングらしさを感じやすい音

finalの音は空気感・ライブ感を意識した音作りが特徴でこのHeaven Ⅱでもそのこだわりを味わえます
他のHeavenシリーズと比べ空間表現・立体感は劣りますが締まり過ぎない程度のタイトさでスピード感が際立つ音はⅡならではの個性です

僕はハードロックをメインに聴きますが
Heaven Ⅱで聴くロックはエレキギターのワイルドな鳴りが気持ちよく低音・ベースが前に出過ぎず曲の支えとして鳴ってます
ボーカルははっきり聴けますが前に出過ぎないちょうど良いところで聴き心地が良いです
Heaven Ⅱの音の感触が気に入ればどんなジャンルも聴けるかなと
おかげで一番使用頻度が高いイヤホンとなってます

モニター系の音とは違う、潤いや空気感・ライブ感のある音で
音楽を聴く楽しさを味わえるイヤホンになってます

最後にウィークポイントを少し
ケーブルが柔らかいフラットケーブルになってて
タッチノイズが多いほうです
初めて使う人にはちょっと煩わしさがあるかなと
あとパッケージの付属品にケース・ポーチが付いてないのが惜しい
音を気に入れられればタッチノイズは気にしなくなると思います

長々となりましたがfinal Heaven Ⅱの魅惑の音たくさんの人に味わってもらえたらと思います!

時が流れるのは早いもので、
我が愛機到着から3ヶ月経とうとしております。


その当時、私はこんなレビューを書いておりました‥‥



エージングですエージング。(僕はエージング肯定派です)
魔理沙エージングッ!

メリメリと音が更に良くなっています‥‥!


てなわけで再レビューなのです!



環境です

箱出し直後と比べると中高域が次第に前に出てきて当初の暴れん坊サウンドとは見違えるほどフラットになりました。

フラットと言っても淡々と鳴らすわけでも大人しい訳でもございません。
銀線採用によると思われるソリッドな音や迫り来る感覚はきちんと残ってます。

ファーストインプレッションの時にも褒めちぎったよく締まりよく沈む低域も健在です。

そこに負けじと主張が激しい高域。

そこにこの期間を経て中域もどんどん出るようになってきたのです。

正直な所以前はややヴォーカルが遠くて惜しい印象でした。

しかし今は敵なしのパーフェクトサウンド(褒めすぎ)

もう手放せません。


ただ一つ以前よりダメ(?)になったところも。
そう、全音域が迫り来るような迫力ある鳴り方で元々迫っ苦しかった空間が更にぎゅうぎゅう詰めにwww

ただ迫力はひとしおです💪💪





‥‥‥‥と


ものすごい駄文で伝わらない所もあると思いますがこれ、あなたがDN-19を買えば解決します()


騙されたと思って買ってみてください✋


って簡単に言えれば良いんですが本当に取り扱ってる店舗が少ない‥‥

今は某イヤホンショップの店員に聴かせて回って取り扱わせようとしています(無理)

こんばんは✋

相変わらずの亀更新が続いてますが許してください(´・_・`)


さて、今回(今日?)は僕がこのブログの執筆をサボっていたあいだに増えた仲間のひとつ、ue900sちゃんのレビューをしていきたいと思います。


あと余裕があればほかのもね✌(๑ᕦڡᕤ๑)✌







〜話は約ひと月前に遡ります〜



それは僕がいつものようにきになるイヤホンの価格チェックをしている時でした‥‥

買いました(超展開)




あへえ♨️
見た目は期待を裏切らないカッコ良さ。
問題は音です。
急いでカートにぶち込んだので無試聴()
事前に聴いとけって話ですがこんな高いの元々買う予定にありませんでした()



以下真面目な価格.comっぽいレビューですどうぞ



使用環境は 
fiio X5JE→E12→ue900s(イヤピはspiral dot)  



【高音の音質】 
繊細で細かいニュアンスも拾い伸びます 
人によっては刺さると言う方もいらっしゃるかもしれませんがA83に慣れた今はつまらなさすら感じます。 

そしてひとつ凄くきになるのがヴォーカルの違和感ある鳴り方。

なーんか鼻の詰まったような‥‥
ueのカスタム聴いた時もそんな印象を持ったのでこういう音作りなんでしょうね。




【低音の音質】 
はじめはこれまで愛用していたイヤホンがDN-19とA83だっただけに量が全く足りなく感じました。 
使ってるうちになれてきましたがそれでも少なく感じます。 
質は締まっていてそこそこ沈み込みますし上質だと思います。 

あとこれは個人的に感じた事ですが純正イヤーピースよりもJVCのspiral dotの方が低音の量感が増した気がします。 

それと付属イヤピは柔らかくて裏返るのてNG、フォームも苦手と救えない‥‥



【フィット感】 
個人差なのでなんとも言えませんが僕にはびっくりするほどフィットします。 




【外音遮断性】【音漏れ防止】 
これもキチンとフィットしてるかどうかの問題なのでなんとも 




【携帯性】 
‥‥え?
このケースは笑っちゃいましたwww 
小学館の付録三千円くらいのイヤホンのケースくらいのクオリティです‥‥
もうちょい頑張って下さい 






【総評】 
正直このイヤホンはDAP直刺しだと本領は発揮されないと思います。 

これは僕が今まで「元気な音」系のイヤホンを使っていたから尚更思うのかもしれません。 

確かにバランスや音質、解像度の高さは素晴らしいと思います。 
でも少し大人しすぎかなと、DAP直は優等生ではなく地味っ子だと思いますね。 

安くてもいいのでパワーのあるアンプを挟んで下さい。このイヤホンの本領が発揮されると思います。 
僕はe12を使っていますが1音1音研ぎ澄まされ輪郭がくっきりし、やや少なく感じる低域に厚みが出てきて解像度も上がります。 


正直な所僕にはそこまで合わなかったです。
ま、僕の買った価格では明らかにアドですがwww


今の価格は結構高めですが好きな音なら買って損は無いかと、まぁこれは全機種に言えますが、、、

今日は手抜きですwwww
もう少ししてから細かいレビューをしていきますー()


価格.comに
2015年4月16日 21:10 
投稿済




【デザイン】 
CIEMのようなデザイン。 
少し派手目な気もしますがここら辺は好みですしなんとも言えません。 

ケーブルは編み込みでこだわりが見えます。 


【高音の音質】 
クリアで見晴らしが良いです。 
傾向はややドンシャリな気がします。 
高域は多少シャリシャリしてて若干サ行が刺さりますがそれすらも気持ちいい(笑) 


【低音の音質】 
それ程深く沈みませんがよく締まっています。 
ベースはやや強調される感じかな? 
アタック感が強く量感もあるのでEDMやロックもノリよくこなしてくれます。 


【フィット感】 
かなり格闘しましたww 
純正イヤピは柔らかく私には合わなかったです 
今は使い慣れたオーテクのfinefitで安定していますがそれでも少しづつ浮いてきます。 

固めのシリコン素材のイヤピでいいのがあれば教えて下さい(笑) 


【外音遮断性】 
音楽再生時には高く感じます。 
編み込みケーブルはしなやかでタッチノイズも少なくリケーブルしなくてもいいと思わせます 


【音漏れ防止】 
ハイブリッドでD型を積んでる為ハウジングに穴が空いてますのでそこから少し、あとはイヤピがマッチしてないときちんとフィットしてなくて漏れます 


【携帯性】 
付属のケースは少しデカ過ぎな気がします。 
あと中のスポンジ(?)に巻き付けるのが少し面倒、 
所有欲は満たされますが‥‥ 
ただ耐久性はかなりなもんだと思います。 
どうしても傷つけたくない方は使いましょう 


【総評】 
今まで1万前後のイヤホンを買い漁ってきたのですが、高級機も一本くらいは持っておこうと思いe嫌さんで視聴に視聴を重ねて決めました。 

2万?10数万の50機位視聴しましたが10万以上する超高級機は僕の耳には合わず‥‥。 
安上がりの耳でよかった‥‥(笑) 

最後の最後まで迷ったのはDN-2000とこのA83、ハイブリッドが好きなんでしょうね、僕。 

DN-2000は中高域の煌びやかさ、伸びなどがピカイチでしたが最後はアタックが強く、低域が出ててノリノリになれるA83にしました。 

ただ一つ、音はホントに完璧なんですがこのMMCXコネクタの脆弱さたるや‥‥、westoneやshure製の物と比べるとびっくりするくらいスポスポ抜けます。 

これさえ無ければほぼ敵なしのイヤホンなのに惜しいです。


↑このページのトップヘ