色んなオーオタが色んなレビューをするブログです(:3_ヽ)_



【ブログメンバー募集】

オーディオ系で自分のレビューとか意見を自由に書きたい方募集。(TwitterでFF関係の方のみでお願いします)

今後メンバーの好みに合わせてブログタイトルとかデザインも変えてく予定です。

カテゴリ: 趣味:オーディオ

どうも、こばや~ん...デス!!!

今回はポタフェスでカスタムIEMをオーダーする為にフレンド補聴器さんでインプレッション採取をしてもらうことにしました。

image
 フレンド補聴器さんは東京・町田にある補聴器屋で、名前の通り普段は補聴器を取り扱っています。
小田急線町田駅から歩くこと数分、町田街道沿いにそのビルはありました。
数年前からカスタムIEMのためのインプレッション採取を始めたらしく、現在では補聴器のための耳型採取で培った採取技術と、インプレッション採取の代金の安さから人気となっています。
※以前までは採取にかかる料金は3000円だったのですが、2016年6月1日より4000円に値上がりしました。これからフレンド補聴器さんに行く予定の方々はご注意ください。
※フレンド補聴器さんで採取をお願いする場合はまず予約することを推奨します。予約無しでも採取をしてもらうことは可能でしょうが、混雑している場合は保証しかねます。

ここにはかなり遠方から来る人も多いらしく、最近では四国と新潟から来たとか。すごいですね笑
春に一番混雑するみたいですが、私が行った季節(夏)だとインプレッション目的で来る人はひと月に2~3人ほどらしいです。つまり夏頃に行くのがいいみたいですね笑

受付でしばらく待った後、耳の検査を軽く受けていよいよ採取へ。
image
シリコンを流し込まれた直後は圧迫感がありましたが、数分で気にならない程度に。
採取は片耳ずつ行われます。
5分ほどで固まるので、それをゆっくりと耳から引き抜いて完成!

インプレッションの採取における口の開き具合についてですが、フレンド補聴器さんでは口を閉じたままでの採取を推奨しています(メーカーによっては開口状態で採ることを推奨するところがあります。その場合はその旨を伝えましょう)。常連さんは皆口を閉じて採ってもらうとか。
今では口を開けて採取してもらうのが主流なので、先生のその意見には驚きました。
よってフレンド補聴器さんは割り箸、バイトブロックを置いていません。どうしても開口状態で採ってもらいたいのなら、自分で持参しましょう。

image
完成した耳型は小さい箱に入れられ、代金の支払いへ。
採取してくれた先生方は店名の通りとてもフレンドリーな感じで、色々話が出来ました笑

image
image
そして、これが私の耳型です。しっかり第二カーブまで採れていますね。
※出来上がったインプレッションにはなるべく触らないでください!(↑で触ってしまっているのはアウトw)
インプレッションを耳に入れるのもダメです!体熱で縮んでしまう場合があります。

あとこれはインプレッション全てに言えることですが、なるべくカスタムをオーダーする直前に採取してもらうことですね。固まってから1週間を過ぎたところでだんだん縮んでいきます。

家に帰ってインプレッションを見てみて、少し欠けがあるのが気になり再びフレンド補聴器さんへ。
どうやら採り直しは何度やっても無料みたいです(ただし回数は常識の範囲内で。理由もなく何度も採り直しをさせるのは絶対にやめてください)。
再び採ったインプレッションには欠けがなく安心しました。
そしてインプレッションをポタフェスに持って行って遂にカスタムオーダー。
 
いや~完成が楽しみです。ひと月ほどで完成する予定とのことなので、8月中にはレビューが出来そうですね。

本当にフレンド補聴器さんはいいところです。無料で採り直してくれたことにもとても感謝です。
もうここ以外での採取は考えられません笑(安いし家から近いし)
これからのインプレッション採取はここでされてみてはいかがでしょうか。

ありがとうございました。

フレンド補聴器さんのサイトはこちら→http://www.higeta-net.co.jp/

どうもこんばんは(:3_ヽ)_
多忙極めてきているこじかさんです(´・_・`)

本品紹介するのはつい先日HIFIMANから発売されましたイヤホン、RE300hです!
image


なんとこのイヤホン、価格が3000を切るという驚きのプライス!
いや、分かってますよォ!いくら安くても音が良くなくっちゃですよね!

まぁまぁ焦らないで!いつも通り付属品とかから紹介しますから(:3_ヽ)_


image

付属品は至ってシンプルです。
ダブルフランジイヤーピースとプリンのような形のイヤーピース。(これがほんと素晴らしい、後で紹介します(:3_ヽ)_)
それとクリップに予備フィルターです。

image

イヤホンに予備のフィルターが付属してくるのはかなり珍しいですね!
長く、いつまでも使って欲しいと言うメーカーの思いが見えます。


image

そんで素晴らしいのがプリンのような形のイヤーピース。(画像左)
右には一般的な形状代表としてSpinfitに出演していただきました。かなりちがいますね??

image

このイヤーピース出口がかなり広く取られていて音が減衰しないように設計されています。つまり音が良いのですよコレ!!

何より装着感が良いです。単体販売したら全てこれに付け替えそうなくらい……


着け心地の良さはイヤピの恩恵だけではありません!
image

みんないろんな意味で大好きearpotsと比べるとこのサイズ!
女性や耳が小さい方でもすっぽり入ります!

この特殊なハウジングは通常の装着方法、ケーブルを耳の後に回す所謂SHURE掛けどちらにも対応しています(:3_ヽ)_


それでは音質レビュー!

……とその前にお知らせです、このイヤホンはエージングによって物凄く化けます!最低でも50時間のエージングをしてあげてください!めちゃくちゃええ音になるんや!

なぜこんな事を言うかと言うと箱だし直後の音が正直ビミョ〜なんです。
低域よりかまぼこ型で高域は引っ込んでる、そんな感じです。

ここで「こんなもんか」と見(聴き?)限るのは勿体ないです!!!!もう1度言いますよ?
エージングしましょう♨

さて、レビューする環境は
HM901(Elfidelity balanced amplifier card)→RE300h(エージング50時間)

曲は
明滅する/眩暈SIREN
です(:3_ヽ)_

傾向はやはりかまぼこ、中域≧低域≧高域の壺型バランスです(:3_ヽ)_
HIFIMANらしい上から下までギュギュッっと凝縮された濃厚パワフルサウンドです!


迫り来る迫力サウンドで音場は正直狭いですがそんなの関係ねぇ!ロックが凄い楽しいです!
解像度は値段ちょい上程度ですがそんn(ry


何が凄いってヴォーカルの近さです、おそらく手持ちのイヤホンでは最も近いです。耳元で歌われるような感覚ですね……
試しに「こきゅうとす」を聴きましたが軽くイキかけました

……いや、マジで

汚い話すいません( ‘ᾥ’ )
多分耳かき音声とかもヤバイと思います。
自分は耳かき音声持ってないのが悔やまれます。

音楽のジャンルで行くとジャズ、EDM、ロックに凄くマッチします。あとはバラード何かもいいと思いますね!あれ?割と何でもこなせる?

唯一惜しまれるのが
image

ハリガネムシチックなテカテカケーブル。
癖がつきやすいのが難点ですね……

しかし改めて値段を考えましょう、3000円切っちゃうんですねコレ、ね?

後は何を言いたいかわかりますよね……?w

どうもハイファイマンファンマン小鹿さんでした┗(⌒)(╬´ ω `╬)(⌒)┛

ドーモ。皆=サン。こばや~んです。

今回は前回のようなファーストインプレッションではなく、レビュー(要するに本番)となります!
前回では書けなかったことも書いていきたいと思います!

改めてこのDAPについて説明しましょう。
Shanling M5はM3、M2に続くShanlingのDAP、それもフラッグシップモデルとなります。
400ドル未満の価格でありながら、PCM192kHz/32bit、DSD128までのネイティブ再生を可能にした、まさにハイスペックDAPといえるでしょう。
DACは旭化成AK4490を採用し、アンプ部はLR独立のデュアル構成と、なかなか力の入ったDAPといえます。また2枚のクリスタルオシレータを搭載していたり、クロックジッターも30ps(Typ)で、ジッターも200フェムト秒だったりで、スペックだけを見ればAK300とほぼ同じじゃあないですか...これは比較が楽しみです。

さあ、レビューをしましょうか!
 
まずは、本体の外観から...
IMG_6043[1]
前面は非常にシンプルです!
IMG_6044[1]
後ろ側はカーボン調となっております。本物のカーボンファイバーに触れたことはないのでよく分かりませんが、触り心地がやけにサラサラなので、多分偽物でしょうね。なんか残念です...
microSDスロットが1つと、電源ボタンが見えますね。
image
上から見た写真です、ヘッドホン端子とLINEOUT/COAX端子がすぐ隣にありますね。
image
ホーム画面です。ここはFiiOやCayinのDAPと似ていますね。黒いレコードの部分には再生中のアルバムアートが表示されます。カッコいいね!
image
設定画面です。色々変更できます。
節電待機モードなるものがあるようで、これは画面を消灯して何も操作せずに一定時間が経つと再生はそのままですが、消灯しながらのボタンやダイヤル操作ができなくなるようです。電源ボタンを押して画面を点けると操作が再びできるようになります。
image
再生中の画面です。選曲に悪意はありません
ダイヤルの真ん中のボタンを長押しするとプレイリストへの追加や再生設定ができます。

...外観はこんなところでしょうか。

ああ、まだありました!画質です!
image
image
image
M5の画面解像度は480×800ピクセルと細かく、しかも3インチなので密度が高いです!また液晶はSHARP製(まさかIGZO?)とのことなので、発色も自然で非常に綺麗です!
写真を拡大してみてください。描画が細かいのが分かると思います。
...これはイイ!アートワークをキレイに見たいという人におススメです!

操作性ですが、かなり良いです!
シンプルなボタン配置が良いのかもしれません。サクサクです。
しかしもうちょっと動作が速いといいですね。
ボタンを押したときの音が安っぽいのは、なんだかなぁ...
多くの人が気にするポイントであろうアートワークでの選曲ですが、はっきり言って、出来ません!残念!
イコライザも色々そろっています。もちろんカスタム設定もありますが、イコライザを設定するとAKシリーズ同様音量が下がります。
またハイレゾ音源の再生中はイコライザがオフになるようです。逆にLINEOUTで接続しているときはイコライザを適用することが出来ます。

面白い点もあります!
イヤホンを挿してアンプ部分が作動するとき、本体から「カチッ!カチッ!」という音が聞こえます。電源が切れる時も然りで、同様にカチッと音が鳴ります。不思議です。
また画面点灯中に背面に耳を当ててみると、これまた本体から「ピーーー」という音が僅かですが聞こえます。どうなってるんや...

高音質DAPによくある本体の発熱ですが、ちょっぴりあります。
しかし持てないほど熱くなるということはありません、安心してください。
充電中に音楽を聴くと熱くなりますね。とはいえ持てないというレベルの熱さにはなりません。

さて、次は肝心の音質レビューです!
私、糞耳な上にこういう音の感想を説明するのは苦手なのですが、間違いを恐れず評価するので、あくまでちょっと参考にするつもりで見ていただけれは幸いです。
ちなみにこちらが現時点での評価となりますので、ファーストインプレッションでの評価は無かったことにしてください笑

【低域】
決して量感があるというわけではありません!そのかわり、とても質のいい低音を鳴らします。キレも良いです。
全くぼやけないので下手に低音が多いDAPよりは良いですね。
【中域】
程よく艶があり、透き通っています。
しかし低域、高域に比べあまり主張しません。若干引っ込みがち?
【高域】
これはすごい。ハイハットなどがどこから聴こえるのかがよく分かります。
まさに「読める!読めるぞ聴こえる!聴こえるぞ!!」って感じです。非常に見通しが良いです。
【音場】
狭くもなく、広くもなくってところですかね。私的には若干広めに感じます(オイどっちだ)。
【解像度】
とても良いです。これには驚きました。細かい音が1つ1つ手に取るように分かります!
私の勝手な偏見で、中華DAPはパワーが高くて細かさ云々よりも勢いってイメージがあったのですが、M5は繊細です。
もちろんM5にはFiiO X5に負けずとも劣らない出力はあります。しかし、それでいてM5はとても綺麗な音を出すんです。
【総評】
全体的に綺麗に鳴らすDAPですね。消えゆく余韻の表現も素晴らしいです。
はっきり言いましょう。この音で約4万円はコスパが高すぎる!
あまりにも決まり文句すぎて皆さん聞き飽きたかとは思いますが、これはガチです。
AK JrやAK100IIよりも音が良いと感じます。
FiiO X5 2ndやAR-M20、DP-X1とも比較してみましたが、こちらの方が好みで良い音と感じました(あくまで個人的な意見)。
弱点はあります。それは、ホワイトノイズが多いということです。
屋外では最早分かりませんが、室内だと僅かに聞こえます。
ハイゲインにすると、もうひどい。さすがのER-4Sも抑えられないでしょうね。素直にローゲインで音量を上げるのが吉だと思います。
音がとても良いだけに、非常にもったいないなぁと思います。

...いかがだったでしょうか。私が書けるだけの情報は出し切ったと思います。
まだまだ新しい発見はあると思いますが、その時はTwitterやこのブログで発信できればなと...
Twitterでは検索しやすいよう意識してツイートしているはずなので、「@YKaudio M5」と検索すればたくさんヒットするかとは思います。

また私、ポタフェス東京の二日目に参加します!
いろんな場所をうろちょろしていると思うので、Twitterの情報を頼りに私を見つけて、試聴したいんだけどと言ってくだされば喜んでお渡しします!
その時は自前のmicroSDカード(8GB推奨)があると尚良いです!私のSDには同じ曲でCD音源とハイレゾ、DSD音源を聞き比べられるサンプル曲も入れていますので、そちらも遠慮なくどうぞ!
M5、M2の将来の代理店となる伊藤屋国際さんも出展の際M5を展示するかもなので、そこで試聴するのもいいでしょう!
いや~マジで楽しみですよ。M5がAK70や300に勝てるかどうかw
他のDAPとも比べてみたいです笑
連絡は私のTwitterまでどうぞ!

ありがとうございました!









 

こんちゃ、とてもお久しぶりのマーサ改めF69(エフロク)です! SNS上でのニックネームを改名いたしました
名前は変わっても愛する音は変わらないですよ♪

さて久しぶりにこちらのブログに記事を書くということはぜひともみんなに知ってもらいたいものがあるということ
私がいまとってもイチオシのイヤホンを紹介させてください

DSC_1819
 
D型の良さを再認識させてくれるイヤホン
Acoustune HS1004 

私が最近ツイッター上で推しまくってるイヤホンですね
使い始めてから約3週間くらいですかね
鳴らし込むほどに、聴き込むほどにこの音にハマっていく

じっくり使ってみてこのHS1004の良さを一言で表すなら
控えめにとても良い!

DSC_1822
 
音の感想の前に言っておきたいのがこのHS1004 自分に合うイヤーピースを着けることがとても重要です
僕の場合ですが純正のダブルフランジがあまりしっくりこなくて付属のSpinfitも含めいろいろ試した結果
finalイヤピEタイプが一番しっくりきました、密閉度・装着感ともにバッチリ
なのでこのレビュー記事はHS1004にfinalイヤピEタイプを着けて聴き込んだ感想になります
ちなみにAcoustuneから新作イヤーピースが単体で近々出るとか、そのイヤピがとても好評らしく期待してます
ぜひ私のHS1004に着けてみたいですね

さて音の感想へ
まず基本の情報として
HS1004のドライバーはシングルD型、ハウジングはアルミとなってます
こうやって見るといたって普通の構成ですよね、しかしながらこの普通も純粋に追及するととても良い音を奏でてくれるんです!
詳しいことはわかりませんが特殊合成基材成型ミリンクス振動板で独自開発のドライバーを積んでいるそう  
マイナーメーカーながら確かな技術力を感じます

先にも言った通りこのイヤホンの音は控えめにとても良い!
とにかく聴き疲れさせない心地よく楽しい音
どこかが飛び抜けた個性があるわけではなく低音の質感・重み・中域の艶やかさ・元気さ・落ち着き・高域の伸びやかさ・煌びやかさ・解像度・音場 どれも同じくらいに高い質
故にトータルのバランスがとっても上手くまとまっている
イヤホンによっては低音の量感に特徴があったり高域の突き刺さるような伸びに特徴があったりでトータルバランスにバラつきがありがちですがHS1004はどこかが出しゃばった部分がない
そのおかげでどんな音楽も飽きずに聴き疲れせずに楽しく聴ける

バンドサウンドものを聴くとわかりやすいんですがベース・ギター・ドラム・キーボード・ボーカル どの音も埋もれず出しゃばらずそれぞれの音をハッキリ聴ける
シングルD型ならではのまとまりの良さ、さらにシングルD型では難しい音の分離もしっかりしてる

僕はあまり低音の量感が多いものは好きじゃないんですがこのHS1004の低音はドンピシャ
ハードロック聴いて低音が強すぎて重苦しくなることなくギターやボーカルに被らずちゃんと主張してくれる
しかも低音の質感がまさしくD型ならでは、BAでは鳴らせない感触でとても立体的で深みのある低音
D型嫌いな人が良く言う気持ち悪さが全くない
この低音に慣れると僕のシングルBAとは思えない愛機でもあるHeaven Ⅴでも低音にう~んっと思ってしまうw
あとドラムの聴き分けが凄すぎですね!キックドラム・スネア・バスドラムどれも別々の音ってはっきり認識できる

ボーカルに関しては突き抜けるような伸びではないけど気持ちよく艶やかに聴かせてくれます
キンキンンに刺さらず綺麗に艶やかな伸びのあるボーカルが聴ける
ギャングボーカルの部分がおもしろく分離し過ぎずまとまりのある聴かせ方が気持ちいい
イヤホンによっては美しすぎるボーカルというのもいいんですが刺激的すぎて聴き疲れしかねないって思うことたまにあります
しかしHS1004は美しさ艶やかさを味わいつつもいつまでもずっと聴いていられる
男性・女性どちらもバッチリ!


高域の粒立ちや全体の解像度はこれまた控えめにとても良い
解像度高いのに高解像度酔いをすることがない
解像度の高さありつつも奥行きのある空間表現と相まって曲の世界に没頭できる
耳をそっと澄ませば心地よく音楽に浸れる

いままたあまり聴いてなかったミクスチャーロック系を聴いてるんですがいままでハッキリ聴けなかった奥のほうにある細かいシンセの音が聴き取れてビックリw
ホンマにBAに匹敵する解像度の高さ
でも間違いなくD型の感触の音
D型イヤホンってよくD型とは思えない、BAみたいな音 とかもろD型の音 って表現ありますが
このHS1004の場合はD型の良さを再認識できる音 だと思ってる

このHS1004にジャンルの相性の良し悪しを言う必要は無い
逆にHS1004に似合わないジャンル探すほうが難しいw
音楽の聴き方の好みはあれどこのジャンル似合わないってことにはならないはず
ゴリゴリのハードロックもバキバキなテクノサウンドも圧倒的なクラシックもしっくりくる
普段あまり聴かないアニソンやアイドル系の曲も聴いたんですが予想以上にドンピシャでしたねw
 続きを読む

皆さま初めまして! 束氏と申します!

オーディオに本格的に興味を持ち始めて約半年の若造です…(´・ω・`)
シングルBAが大好きです。 多分こちらのブログを書かせて頂く記事は、シングルBA機のレビューがほとんどでしょう…w

ツイッターやってます。 そちらもよろしくお願い致します(*- -)(*_ _)
ID: @tabassyi


さて、それでは本題に入らせていただきます。
写真 2016-07-06 7 15 56
こちらのe-Q8、ポタフェス大阪に行った帰りにeイヤさんに寄り、特価で28kだったので買いました。 
2か月前くらいからずっと買おうと思っていたのですが…w

画質が悪いのはご愛敬です。 カメラの画素数が糞すぎるのです(´・ω・`)
写真 2016-07-04 18 57 38

外箱はこちら。 キンキラキンで綺麗です。
ちょっと傷が目立ちやすいかな…?

写真 2016-07-04 18 59 58

この高級感です。

写真 2016-07-04 19 00 20
箱を開けるとこのような感じです。

付属品は、ケース、イヤーチップ各一セット(S,M,L,低反発タイプ)、交換用フィルタ、フィルターリング、交換ツールとなっております。
色は白のみです。 汚れそうでちょっと怖いです…。

スペックはこちら。

音響エンジン:バランスドア-マチュア-ドライバ-
周波数特性:10Hz~20,000Hz -3dB インピーダンス:12Ω +/- 25%
最大入力:20mW
感度:115.5dB +/- 3dB 1kHz/1mW
ケーブル:1.2m(銀メッキ線Φ3.5mm型プラグ付)
総重量:11.5g




前置きが長ったらしくなりましたが、音のレビューをば。

このイヤホン、なんといっても高音が特徴的なんです。
どう特徴的かと言いますと、高音の量がかなり多いんです。 しかもめっちゃ伸びます。 アホみたいに伸びます。 しかしサ行は刺さりません。

中音域も結構出ます。 ボーカルがかなり近いです。
艶やかさはあまりなく、少し硬めな印象です。

低音域はシングルBAとしてはそれなりに出ていると思います。
控えめなくらいがちょうどいいです()

解像度は高めです。

音場がよくわかんないんですよねぇ…。不思議な広がり方です。


全体的にバランスのいい印象です。 高音が特徴的すぎて好き嫌い分かれそうですが…w
しかし、ボーカルがなんというか機械的な感じなんですよねぇ…。 それも好きなんですが。
裏を返せば、ボカロとか聴いたらめちゃくちゃ良いです。発狂しました。 アニソンも合いますね。
逆にクラシックとかジャズは合わないんじゃないでしょうか。 個人的には十分聴けますが。

同社製のe-Q7とも聞き比べてみましたが(持ってません)、やはり個人的にはe-Q8の方が上を行ってますね。
e-Q7にかかってた霧が晴れて、よりスッキリした音に仕上がっています。
個人的なe-Q8の二つ名は、「地上最強のスッキリサウンド」。 自分でも訳が分からないネーミングセンスです。



欠点を述べるとすれば、音以外になりますかね…。
色が白で汚れやすいのと、ケーブルの取り回しが悪いことです。布巻きなので仕方ないですが…。


あと、このイヤホン結構マイナーな部類です。ツイッターでも持っている方あまり見たことありませんw
まあそこは自分が布教するので問題ないですね()
ortofon製イヤホンを有名にしたいのです。


なんだかんだ言って、音は本当に最高です。 初めに試聴したときは感動して泣きそうになりましたw

この音はこのイヤホンにしか出せません。 正に唯一無二です。

シングルBAがお好きな方には是非聴いて頂きたいイヤホンです。


ありがとうございました!















 

↑このページのトップヘ