色んなオーオタが色んなレビューをするブログです(:3_ヽ)_



【ブログメンバー募集】

オーディオ系で自分のレビューとか意見を自由に書きたい方募集。(TwitterでFF関係の方のみでお願いします)

今後メンバーの好みに合わせてブログタイトルとかデザインも変えてく予定です。

カテゴリ: 趣味:オーディオ

お久しぶりです!
エネルギーが切れてきましたが辛うじて生きてます小鹿です(ง ˙ω˙)ว


ん?エナジー‥‥?

















ドン


モバマスプロデューサーの方は既にお分かりでしょうねw

以前友人Y氏から頂いて飲むのが勿体なく保存してたのですが遂に期限が切れた訳で頂きます。


期限が過ぎてましたが別段変な味はせず
リポビ〇ン〇を薄めたようなテイスト、しつこくなくてごくごく飲めます!!

ンマァイ!!

美味しく頂きましたY氏に圧倒的感謝🙍🙍🙍












ちなみに‥‥
   
えへへ


レビューはまたします(¦:3[▓▓]


パン/ヨッシャwwwキタァァァァァァァアアアアアwwwwwwwwwww(高い声で)ウワヤッタァァァァァァアアアアアア


待ちわびてたイヤホンがやっとこさ届きました!


それじゃ中身をどんどん見ていきましょ




パッケージ



イヤホンのプリントされてる所がとび出てます





裏面



側面



スペックが書いてあります



化粧箱

マグネットなどは見当たりません



本体!!!




頑丈なメタルケース。少し小さいかも?




下には大量の付属品




整列ッ!

いや、これすごい量ですね……



右から

・革製キャリングポーチ
・イヤーフック(真ん中上)
・航空機用アダプター(真ん中)
・標準プラグ
・イヤーピース(SONY?とオーテク?)
・ケーブルクリップ
・クリーニングクロス
・ダンパーにぶち込むシリコン(後述)


なんて量……国内メーカーも真っ青です



本体



予想より小さいです。ハウジング外側にはうっすら陰陽模様。

ケーブルは銀線採用です。シリコン製のケーブル止めは便利◎


んでダンパー


ここに上の付属品にあったシリコンをぶち込むと低音域が弱まります。

ちょい低音多くて息苦しいって人は付ければいいと思いますがこのイヤホンの最大の魅力である「地鳴りのごとく響く絞まった低音」が楽しめなくなるのであまりおすすめはしません(´・_・`)







【音質】

一聴して耳を奪われるのは豊かな低音です。
しかしぼわついていない絞まっている低音で沈み込みもなかなか……まるでヘッドホンのようです。

中高域も低域に負けじと迫ってきます。伸びもなかなか、丸みは無くやや尖ってて派手な印象を受けます。銀線の影響でしょうか? 

中域はきちんと真面目に鳴らしてるんです‥‥しかし上下の音が濃いキャラ過ぎてあまり目立ちません‥‥‥‥

いわゆる低音寄りのドンシャリですね。いや、低音多めと言った方がいいかな?


全域に共通して音の線が太いです。とても濃厚!!
そのためか空間が狭くて息苦しい……

解像度は高いです。
手持ちのbaでは聴こえなかったとこも聴こえます。


何か、未だかつて無い音ですよこれ(笑)


とにかく迫力があって濃厚です!!
ダンスミュージックと相性かなりいいです!



因みにダンパーにシリコンぶち込むと低域が弱まってフラットになります。
これならほかのイヤホンでも出せる音ですね。


ズバリこのイヤホンの魅力は量が多く質がいい低音ですね。間違えない。






まーまだ1時間も鳴らしてませんのでこれからどう変わっていくか楽しみです!

ほかのイヤホンと比べながらまた記事書いてきたいと思います0(:3 )〜 _('、3」 ∠ )_
つづき

こんばん波ッ!

小鹿です。

image

最近、芽兎のヘッドホンを自作しようと思っとります。近々もしかしたらブログに書くかも?




まーそんなことはさて置き、


ゴリ押しヘッドホンレビューです!


コレっ!


スタジオモニターヘッドホン!
AKG k271mkⅡ
image




AKGと言えばヘッドホンあんまり詳しくない方でも小耳に挟んだことあるのでは?


そう!

imageimage
アニメ『けいおん!』に登場するキャラクターの澪ちゃんが作中に付けてたヘッドホンのメーカーです!

※因みに澪ちゃんがつけてるヘッドホンはk701、既に生産終了しております……が!
後続機のk702、クインシー・ジョーンズとコラボしたQ701もあるので興味ある方はどうぞ!




k271mkⅡに話を戻しましょう(; 'ω')



[外箱]
imageimage

いかにもプロユース!って感じが伝わってきます……これが凄味って奴ですね……






[開封]

image


おおっ……本体のお目見えです。






[ステッカーとか]

image


なんとAKGのでっかいステッカーが同梱されてましたwwwww
PCに貼り付けたりしたらオシャレかもですね






[本体&付属品]
image


本体には最初からストレートケーブルが刺さってる為箱の中でケーブルの根本がぐにゃりとなっています……

まぁ着脱式なのでここはこらえましょう。
着脱できなければ憤慨しますが


そーしてそして、付属品には標準プラグに加えてベロア調の交換パット!
更にはカールコードも!!

プロユースを想定してでしょうがこの配慮にはニヤケがとまりませぬwww






[デザイン]

image

image


全体的にブラック、ハウジングは濃紺、と落ち着いたデザインになっております。

ただ良く見ると少しプラスチッキーかな?と感じますが重量的な問題でやむ無い所もあるのでしょうね

image


大きめヘットバンドは勿論フリーアジャスター。

何より大きく銀色に輝くAKGのロゴがカッコe






[装着感]

協力:DJ Kleenex
image

image


上でもあった通り、大きめのヘットバンド(例の悪魔のコブは無いです)とフリーアジャスター機能で装着感良好!

側圧は個人差があるでしょうが僕は弱めかなと感じました。プロユースで長時間使えるように配慮してあるんでしょうね!

※注意 小鹿君は剣道の経験があり、面の影響で側圧に強いです。なので多少強い側圧でも弱く感じてる可能性があります!!!






[ミュートスイッチ]

そうそう、このヘッドホンには面白いギミックが搭載されてます。

それがミュートスイッチ

なんとヘッドホンを外すとミュートになってくれるんです!

仕組みは簡単。


image


これが装着時、ヘットバンドのパーツにある突起がハウジングのミュートスイッチから離れている状態です。




そして……

image


これが未着用時、ヘットバンドのパーツにある突起がハウジングのミュートスイッチをポッチり押し込んでます。


因みにこのミュートスイッチ機能、offにする事も出来ます!

外したらミュートとかヤダー不便ー!
って人はヘットバンドのパーツの突起をくるーっと90°回しちゃってください!





[音質]

初めに、低能率なのかどーも他のヘッドホンと比べると音量を大きく取る必要があります。

必須とは言いませんがヘッドホンアンプの使用を推奨します!


さて、肝心の音質ですが素晴らしいの一言に尽きます。
まず耳を奪われるのはスーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ……とどこまでも伸びて行く高音。

正直「密閉型なので篭ってたりするんやろなぁ…」と思っていましたがそんな心配は要らぬものでしたwww

AKGお得意のどこまでも伸びる高音は健在!

スタジオモニターヘッドホンですがCD900stのように硬い音でなく普通にリスニング用途でも使用出来ますゾ!コレ!



そして低音も豊かです。

ネット上では低音が足りないとか言われてましたが僕は十分あるように感じました。

そもそもスタジオモニターに低音もとめるって……


分離能はかなーり高く感じます。左!真ん中!右!とはっきり分かります。

音場も広くて◎

因みにFPSをしてる友人に足音を聞き分けれるヘッドホンを聞かれてこの[k271mkⅡ]を勧めたところ、かなり満足している模様です!


ん?これモニター用途以外にほぼ全ジャンルのリスニングからゲーミングヘッドホンにつかえるオールマイティーなヘッドホンじゃないか!?


その上コストパフォーマンスも高くて付属品も充実……

完璧じゃあありやせんか……

因みに僕が買ったのはaudio oneって言う専門店。
丁寧な対応。
丁寧な梱包。
時間指定可能。
即日発送。
何より安い。

perfectὄFὄF ὄFὄFオススメです。




以上!K181djが欲しい小鹿のレビューでした。
image

こんばんワルキューレ。小鹿です。



日本人が生み出した世紀の発明。カップラーメン。元キングも大好きですよね?


特に僕はすがきやの全国麺巡りシリーズが大好きで今や10種類近く食べました。


で、最近はまったのがこれ


image

わが神聖なる奈良キングダムが造り上げた、神のみが食べることが許されたと言う伝説のラーメン。(大嘘)
奈良天理醤油ラーメン。

醤油の中にパンチの効いた唐辛子、甘味のある白菜が入っていてとてもOCです。

イヤホンで言うところのドンシャリです(謎)

コイツは同シリーズの和歌山の醤油豚骨といい勝負するゾ




ラーメン話はさておき




これ作りました!

image


あ、ヘッドホンは作ってないですよ?



作ったのはヘッドホン掛けですねー。


先日、ヘッドホンホルダーを一本買うと3000円近く掛かる衝撃の真実を突きつけられまして……


なら作ってやろうとみんなのダイソーへ赴いた結果出来上がった産物でございます。



なんと総額¥432(税込)!!!!!!!!


普通に様になる。カッコイイ!






てかこの記事を書きながらk271 mkⅡのレビューしてない事に気づきました。


そちらの方も気が向けば……

こんばんワン!



今日は僕と彼女がお揃いで使っている愛機を紹介しますゾ。





はいっコチラっDR-XB31iPちゃん
image



実売価格は4000円程(?)


image


カラーはブラック、ホワイト、レッド、ブルーの4色

パッケージでわかると思いますがApple製品で有効なリモコンがついています。

因みにリモコンの位置はiPhone付属イヤホン(イヤーポッツ)の逆。最初は違和感あるかも?



J○shinとかケ○ズデンキとかediti○nとかの大手家電量販店で見かけてことがある人もいるのではないでしょうかね?


因みに既に生産終了してます。




ばららーっと中身を見てみましょう。

セイッ
image



・本体(イヤピース変えております)
Y型のセレーションコード

・キャリングポーチ
XBA-10のものと同じだと思います。

・クリップ
何げに必須かも、タッチノイズが酷いこと酷いこと……

・イヤピース
あんしんの4サイズ



……と、付属品は必要最低限揃っているのではないでしょうかね?


まぁ本体が良ければ付属品なんざどーでも良いのです(極論)




じゃーその本体をみていきましょう!




☆装着感

残念ながら僕はフィットしません。

image


どうやらこの出っ張りが引っかかるようです。

あと個人的にですがSONYのイヤピースは相性が悪いみたいで……
ポロっと落ちたり、取るときに裏返ったり……と、僕にはイマイチです。

image


そこで愛用してるのはaudio technicaのfinefit!
程よい硬さで正にfinefitします!


少しイヤホンから話が飛びました……





☆遮音性・音漏れ防止

遮音性は低いです。つまり音漏れしてる可能性も微レ存?

かなり音量上げない限り大丈夫だと思いますが、一応図書館などでの使用は控えましょう♨

あとタッチノイズがえげつないので付属のクリップ付けるなりSHURE掛けするなりして我慢しましょう。



☆音質

EXTRA BASSと冠している割に余り低音は暴れません。
ごく自然に、量感を増した感じの低音です。
僕はこのくらいがちょうどいいですね。

バリバリ低音欲しい!って人は物足りないかも
(それでも普通のイヤホンよりは低音が多いですよwww)

中高域はヴェールを1、2枚被った感じ、でも不満ではないです。

低音重視イヤホン!と言うと低音モリモリで高音が潰れてしまってる物がほとんどですがこのDR-XB31iPは低音が出ててなおかつ高音も聴きやすいです。
こーゆーのは珍しいですね。


以前低音重視イヤホンのATH-CKS55iを使っていたのですが輪郭がぼやけた低音の塊に中高域が潰されて話にならない音でした。(´・_・`)


それと比べれば低音の量感こそ減ったものの中高域は比較的はっきりしてて気持ちよくリスニング出来ます。
とても素晴らしい👏👏 👏👏


あと音場は広く感じますね、自然な音と相まって気持ち良いリスニングが出来ます。


ただ惜しまれるのはフィット感と遮音性ですね、その他は◎ですよ。


既に生産終了となってしまいましたがまだAmazonでもあるようなので
低音重視、尚且つ高音も綺麗に聴けるイヤホンが欲しいって方は是非検討してみてくださいね!

↑このページのトップヘ