色んなオーオタが色んなレビューをするブログです(:3_ヽ)_



【ブログメンバー募集】

オーディオ系で自分のレビューとか意見を自由に書きたい方募集。(TwitterでFF関係の方のみでお願いします)

今後メンバーの好みに合わせてブログタイトルとかデザインも変えてく予定です。

カテゴリ: 趣味:オーディオ

お久しぶりです、ふらんどです。

我が愛機であるZiShan DSDが現在修理中でありサブDAPのwalnut V3やSHANLING M1などで聴いていたのですが何か面白みが足りなくなってきたので新たに中華DAPを購入しました。

それがこちらのF.Audio FA1でございます。

IMG_0754
どっかでみたような見た目で素敵
筐体上部に3.5mmアンバランスと3.5mm4極バランス端子(ピンアサインはAKバランスと同じ)があります。
ラインアウト専用端子はなくシステムからラインアウトモードに切り替えて使う感じです。
IMG_0755
クッソ安そうなリモコンが付属しており、このDAPなんと赤外線通信でリモコン操作が出来たりします。

ちなみに今回はmobile accessoryさんから購入しました。
なんと言っても特徴はDACに最高クラスのDACであるAK4497EQを搭載している所でしょうか。
もちろんDACだけで音の良し悪しが全て決まるものでもありませんが2万円代で買えるDAPとしては破格なのではと思います。

FWも結構な頻度で更新されており使い勝手も初期の頃より良くなっているそうです。
最新FWはこちら

対応ファイルは
DSD: DSD64, DSD128,DSD256 (DSF,DFF);
WAV: 192 kHz/32 bit;
FLAC: 192 kHz/24 bit;
APE: 96 kHz/24bit;
ALAC: 192 kHz/24 bit;
WMA、AAC、MP3、OGG

上記のように十分なものになっています。

とまあ前置きはこの辺にして簡単に良い点悪い点でも書いていきます。

良い点
・音は非常に良い
中華DAPにありがちなノイズなどは殆無く、音は若干低音寄りなもののクリアで一聴して素晴らしいと思ったほど。
ただし初期設定ではEQがHiFiという若干ドンシャリっぽい設定になっているのでカスタムEQでフラットにした上での感想。
音場も広めのように思う。

・UIがまとも
ただし”比較的”まともといった意味で
OS自体はFiio X1とほぼ同じ感じなので特に使う上で問題などは無いと思います。
IMG_0756
再生画面はこんな感じ

・電池持ちはそこそこ
公式でボリューム50画面オフ状態で12時間とあり、私も仕事の休憩中や帰宅中などで使っていますが3日ほどバッテリーはもったので十分かと

悪い点

・愉快な日本語
言語設定では英語、中国語、日本語とありますがやはりそこは中華DAP、愉快な日本語でした。

IMG_0757
エクスポローラー
じわじわ来るので逆に好きだったりもしますがw
気になる方は英語にした方が良いかもですね。

・しっかりしているようで少し怪しい筐体
筐体自体は金属製で重みもありしっかりしているのですがホイール状のボタンが触ると少しペコっとなる感じで若干怪しいです…
まあ個体差かもしれませんが

・反応速度
UI自体は割と普通ですが曲選択などでボタン操作するとどうにもワンテンポ遅れて動く感があります。
もうちょいサクサク動くようになればかなり使いやすいのですが…
アプデに期待

・電源を入れると直前に再生していた曲が自動再生される
ZiShan DSDの時もあった仕様?
イヤホン付けっぱで電源入れると場合によっては耳を痛める可能性も…
設定画面も見てみましたが該当の設定らしきものが特になくアプデに期待
もし見落としなら情報提供頼みます…

・microSDカード
公称256GBまでのmicroSDカードに対応していますが、FAT32のみの対応となっており本機でのフォーマットが必要…とのことでしたが普通にPCでFAT32にフォーマットしている普段使いのmicroSDカードを認識してくれたので普段中華DAPとか使っている人はあまり関係ないかも
AKプレイヤーなどで使っているmicroSDカードをそのまま使おうとしても認識しないかもってお話ですね
悪い点というよりは注意点か


とまあ若干気になる点もあるものの音質は本当に良くUIももたつきを除けばFiioのDAPとOSはほとんど同じ感じなので最近の比較的安価な中華DAPの中でも特に優秀なのではと思います。

以上F.Audio FA1でした。

こんにちは!無事就職したはいいものの即体調を崩した(無事持ち直しました)小鹿です!

さてさて、本日はまたまたYinyoo audio様からなにやら摩訶不思議なイヤホンが着弾したようです…

コレ、Yinyoo T100
IMG_20180310_103913193~01
スニーカーの靴紐のような赤茶色の布巻ケーブルが特徴的ですねーって、ん……?

なにやらイヤホンとイヤピースのあいだに平昌五輪の時良く見たcolorが並んでいますね…?


IMG_20180310_103957185~01
フライデーしました。

そう、このT100はステム部分が取り外し可能でステムにより音の変化を楽しめるイヤホンだったのです!(クソみたいなノリをここまでお付き合いありがとうございました。)

IMG_20180310_104053862
ご覧の通りステムは激太ですがイヤピースは先が細いもの…いけませんねぇこれは…

この手のステムのイヤホンをレビューする度に私、記しているのですが高域の減衰があり音が悪くなります。注意してください…!

一番のオススメとしてはMonster社のMiles Davis trumpet付属イヤピースです。ご覧のように音を阻むゴムは無くなります◎IMG_20180310_104910543_LL~01



そしてステムは
Copper(以後…C)
Silver(以後…S)
Gold(以後…G)
の3色ございます。

IMG_20180310_104123756~01
ピントがズレてますね…(
フィルターを見ていただければお分かり頂けると思いますがおそらくCが高域寄り、Gがバランスで一番繊維の層が厚く、穴が唯一狭まっているSが低域マシマシと妄想が捗ります。想像できます。

今回は各色別にレビューしていこうかなと思います_(:3 」∠)_

尚、普段使いのイヤホンは
supernova→UE18PROです。



試聴機器
HM901S(Elfidelity card)

試聴曲
明滅する/眩暈SIREN

Chopin_Etude#12 Revolution/Stanislav Buni
※公式動画見つかりませんでした

最新世界心心相印/the chef cooks me





まずはCopper!
IMG_20180321_211209128_LL~01
高域★★★★☆
中域★★★★★
低域★★★☆☆

・バランス
中域≧高域≧低域

・コメント
もっと高域ギンギンかな?と、思いきやなかなか良いバランス。高域にやや芯がなくシャリついたように聴こえるのが惜しいですがバスドラが押し出す空気感やヴォーカル、ピアノの伸びやかさは素晴らしいと思います。特にピアノがかなり綺麗に鳴ります。
他と比べると音場が広く聴こえます。




お次はみんな大好きGold
IMG_20180321_211435558_LL~01
高域★★★★☆
中域★★★★★
低域★★★★☆

・バランス
高域=中域=低域

・コメント
Cのフィルターではややザラついていた高域が落ち着き、纏まりが良くなっています。また低域の芯がより強くなった事で全体の纏まりも良く、非常に聴きやすい音になりました。悪く言えば尖った地味で個性がないので変人(失礼)は飽きると思います。
刺激が抑え目なので寝る前のお供として活躍はできそうです。



アンタシブいね!Silver
IMG_20180321_211347703_LL~01~01~01
高域★★★★★
中域★★★★★
低域★★★★★

・バランス
高域=中域=低域

・コメント
奇妙な事が起こりました。
「ブリブリの低域かな?」と思っていたら雑味が無くなり、より綺麗に、しかも中低域に紛れていない高域が、、、そして艶やかさを増したヴォーカルが、、、また、ずっしりと底から曲を支える低域が耳の中へ飛び込んで来たのです。
先程のGフィルターは地味で飽きると評しましたがSフィルターには「この曲はどうだ?」と他の曲を聴かずにはいられない、イヤホンに曲を選ばされるとでも言うような奇妙な現象が起こります。


☆総合評価
1baの愚直さと少しの荒っぽさがある子がオシャレを覚えた。そんなイヤホンです。(何)
音場や解像度などは1ba相応ですが強みはなんと言っても装着感の良さを損なう事無くそして特別な工具を必要とせず自由に音を変えれるギミックがある事。
出先で「今日はこの音の気分じゃない」なんて事があっても(僕はよくあるので3本肩からぶら下げています)これ1本でQOLが下がるのを防げます。


因みになんか今セール中のようです。
通常9000円台が6000円台の模様…!

皆様こんにちは.ポタオデ(Twitter→@LETS_portable)です.

立て続けにほんとすみません.
(今思ったけど,「ぽたおでお記」だから据え置きはあまり良くないか・・・?)

先日,こんな記事をつづりました.

中古で買ったテクニクスのプリメインアンプが壊れ,ショックの中ヤフオクを漁ってたところ・・・


イイやつ,見つけました

早速即決で購入し,開封.
IMG_2185

中身はコレです.
IMG_2189


オーディオをだいぶ長いことやっていらっしゃる方はわかるかもしれませんね.
ONKYO A-9050です.

最初はTwitterの皆さんのオススメもあり,ハイパワーなD級アンプ,A-977を落とそうとしておりましたが,こちらは競り負けてしまいました.

また,後継機種A-9150が発売されたばかりということもあり,需要が少なくなっていたのでしょう.約¥16,000で購入できました.

このアンプ,中級機種(ミドルエントリー)ですがところどころ贅沢な仕様が組み込まれています.特に気に入ったのは電源ケーブル.付属品とは思えないほど太く,端子には金メッキが施されております.さすがに3極プラグではありませんが・・・

実際に接続し,聴きました.
構成を以下に示しておきます.

パワーディストリビュータ:TASCAM AV-P25RMk3
CDプレイヤー:Panasonic SL-PS700(電源ケーブル:Zonotone 6N2P-3.0 Megane)
RCAケーブル:KIMBER KABLE 4VS自作RCAケーブル
プリメインアンプ:ONKYO A-9050
スピーカーケーブル:Zonotone 6NSP-Granster 2200α
スピーカー:ONKYO D-55EX

今回はEDMとジャズとロックから1曲ずつ

まずはコチラ.



自分の好きなDyro主宰のWOLV Recordsから.
ドラムと一緒に流れてくる音程低めのシンセの輪郭がSU-A900に比べはっきりした.

ただ,ClassAAのSU-A900に比べ津波のようにあふれる感じはなくなった.
出力が上がったからか・・・?

お次はド定番



ピアノの艶はどちらもキレイ.
ONKYOのほうが少し誇張しているように感じられる.

このあたりはテクニクスがどこまでも自然という点で上手だった.今のテクニクスはどんな音かわからん.



ONKYOのほうが音像がカッチリしているので速いテンポについていけている気はする.

さっきも言ったけど,テクニクスはどこまでも自然に鳴らす.

ただ,相性の問題もあるようで,スピーカーとアンプが共にONKYOになることでボーカルがしっかり真ん中に定位するようになった.こればかりはスピーカーを変えたことがないので相性なのかアンプの特性なのかも謎.

総評として,音の方向性がSU-A900に比べだいぶ変わってしまったものの,破綻なく曲の美味しいところを引き出してくれるので満足している.

これは電源ケーブル変えたらどうなるのか楽しみ.(付属品としては非常に上等なグレードなのでいっときは変えません.変えるときはもちろんZonotoneにします.)

というわけでA-9050のレビューでした.もっとオーディオが楽しくなる予感がしています.

それでは皆様,幸せなオーディオライフを!ノシ

はい。どうもどうもポタオデ(Twitter→@LETS_portable)です。

連投失礼いたします。
次はいつ投稿できるかわかりませんので今のうちに投稿してしまいます。

正月にZonotoneの電源ケーブルと同時にPCオーディオ環境にも手を入れまして、ifi-Audioから発売されているnano iUSB3.0を導入いたしました。

IMG_2158


前回の電源ケーブルと違って、「なんじゃこりゃ?」と感じる人もいるかと思いますので説明いたします。
nano iUSB3.0は、PCオーディオのUSBケーブル内を通る電源をシャットアウト・再生成するものです。USBケーブルは(USB2.0までなら)4本の線がありますが、その内の2本は電源です。USBがこれだけ普及している今、PCオーディオのデータ伝送はUSBがデファクトスタンダードとなっているわけであります。

しかし、ここで問題が・・・

PCの中は非常に精密な機械がギッシリ詰まっており、それらが電磁波などを発することで「ノイズ」を発します。これがUSBの線にも影響を及ぼします。つまり、USBを通る電源や信号は「ノイズの巣窟」なわけです。

これを改善するべく発売されたのがnano iUSB3.0です。まず、PCから来るUSBの電源をシャットアウトし、別のDC電源から再生成します。

さらに、ノイズの乗ったオーディオ信号についてもノイズキャンセリングの技術を使ってノイズを取り除きます。

これによりピュアなPCオーディオ環境の構築を目指すものです。
上の写真がパッケージです。

で、本体をPCとUSB-DACの間に接続。

IMG_2201

写真ヘタですみません( ・Д・)

このnano iUSB3.0、結構遊び甲斐があります。特にDC電源。
付属品にUSB-DC変換ケーブルが付属します。おそらく、USB接続のACアダプタを使うユーザへ配慮したのでしょう。このケーブルを使えば、モバイルブースタを使ったバッテリー駆動なんてこともできます。

また、ifi-Audioから別途発売されているiPowerを使えばよりDC電源のノイズに配慮しながらUSB電源の再生成ができます。

今回は付属のACアダプタを利用いたしました。

それでは、レビュー行きましょう!!

deadmau5 & Wolfgang Gartner - Channel 42


この曲の最大の難関って、ドロップ(サビ)の後半(1:54~)なんです。純音に近いピュアなシンセサイザと硬く重いバスドラの組み合わせ。シンセ音を綺麗に出そうとするとバスドラが痩せるし、バスドラに迫力を出そうとするとシンセが濁る・・・。

先に結論から申しますと、このnano iUSB3.0、高域の効果が大きく感じます。JitterBug導入の際も低域に厚みが出た(相対的に高域が少なくなった)のですが、こちらは高域が「優しく」なりました。

比喩が非常に難しいんです。簡単に言うと「刺さりがなくなった」のですが、それだけじゃ説明しきれないです。
今までの高域の出方を「ナイフを先につけられた矢がビシバシ飛んでくる」感覚だとすると、nano iUSB3.0導入後は「洗いたてのタオルケットが素肌に触れる」感覚です。(ほんとに難しい)

ヘッドホンで聴くと非常に粒立ちが良く、いっとき耳がくすぐったくて笑いが止まりませんでした。

さぁ、お次に行きましょう!!

といった矢先・・・

今まで使ってたUSB-DACのXPA-700がWindows 10のアップデートで使用不能に・・・

この話はまた追々することにします。


結構雑なレビューになりましたが、やはりジッタや電源ノイズ対策の大切さを感じることができる機種でした。またUSB-DACを新調した時にでも追記することにします。


それでは皆様、快適なオーディオライフをノシ

P.S. XPA-700、PCとつなげて使うよりXDP-100Rと繋げたほうが音質イイな・・・XDP-100R用のDACとして今後も使うことにしようかな。

皆様お久しぶりでございます。
ポタオデ100R(Twitter→@LETS_portable)でございます。

無事に卒業論文も書き終わり、残すは発表のみで大学を卒業となります。
皆様のご声援のおかげで早期卒業(本来なら4年間で卒業のところを3年で卒業)できそうです。
この場で感謝申し上げます。

卒業後は大学院に進学いたします。

さて、雑談はこのあたりにいたしまして、タイトルにあります通り、Zonotoneの電源ケーブル、6N2P-3.0 Meganeを導入いたしました。

スピーカーケーブルにもZonotoneの6NSP-Granster 2200αを利用しておりますが、初めてZonotoneを利用したその時から音の躍動感に惚れてしまい、見事にZonotone中毒者となっております。

さて、今回購入した電源ケーブルですが、現在使ってるCDプレーヤ、Panasonic(Technics)のSL-PS700用に購入いたしました。非常にケーブルが細かったので、お年玉で。


IMG_2151

こちらがパッケージになります。パッケージにも書いてあるとおり、6N(99.9999%)の純度の銅線が使われております。このケーブル、価格の割に結構贅沢な仕様となっておりまして、プラグにはロジウムメッキが施されております。ロジウムメッキそのものは剥がれやすいのですが、イヤホンやヘッドホンのプラグほど抜き挿しするわけでもないので、問題はないかと思います。

実際に装着。

IMG_2152

Zonotoneといえばやっぱりこの色ですよね。スピーカケーブルを買った理由も「色」でした。当時弱冠19歳の大学生がZonotoneを選ぶわけですから、オーディオ担当の方も「いいセンスしてますね」と褒めてくださいましたww

正直、この色は若者ウケがイイと思うんですけどね。。。

また、写真にはありませんが、コンセント側も機器側もプラグの極性がわかるよう、工夫が施されております。頻繁に抜き挿ししないものだからこそ、こういったユーザビリティには非常に感動いたします。

さて、肝心の音質レビューと行きましょう!!
いくつか聴いた楽曲を。まず1曲目。

deadmau5 feat. Rob Swire - Ghosts N Stuff


最初から音圧マシマシのドラムが効いた楽曲ですが、すぐに気づいたのは、EDMなどの非常に大きな音圧の再生に余裕が生まれました。

また、低域に奥行きが生まれました。最初は「あれ、低域スッカスカ。。。」と勘違いしたほどです。
最初は拍子抜けするかもしれませんが、よく聴くとしっかり低域も出てるんです。
「ボーカルとバックバンドの位置関係がより明確になった」と言った感じです。

次、行きましょう。

ハルカトミユキ - 近眼のゾンビ


重低音のベースがボーカルとハモる(『他人の部屋の中〜♪』から)この音楽。ケーブル導入後はベースが声の邪魔をしなくなりました。また、ボーカルの「頑張って、喉を閉めて」歌ってる感じも少なくなりました。

かなり小さいスピーカー(私はONKYOのD-55EXを愛用しております)を使ってる環境では、クロスオーバー周波数が低いことでベースの音の一部がツイータから分離して出たり、ボーカルの音の一部がウーファーから分離して出たりと、非常に音が被りやすくなってしまうのですが、電源ケーブル導入でこの被りが緩和されたように感じました。

「電源が環境のすべてを司る」といわれるオーディオの論理を再確認できました。

最後、行きます。

Miles Davis - So What


今までもジャズのCDは持ってましたが、ジャズのウッドベースの響きに惚れてしまいまして、最近はジャズを聴くことも増えました。個人的にはウッドベースでシステムのチェックをしています。

もともとスピーカーが小型なこともあって、低域の制動そのものは効いていたんですが、それに加えてMiles Davisのトランペットの音が耳障りではなくなりました。非常に全体の調和が取れており心地よいです。より鮮烈な高域を出すエリック宮城なんか聴いてみたくなります。


総評。想像していた変化ではありませんでしたが大満足です。
Zonotoneのスピーカーケーブルを導入した際は低域に厚みがでたので今回も同様の変化かと思いましたが、厚みではなく奥行きが出ています。これによって聴き疲れも少なくなりましたし、より充実したオーディオライフを送れそうです。

この冬で環境がかなり変化しておりますのでこれからもドシドシレビューを上げていきたいと思います!!

ここまで長文をお読みいただき、ありがとうございました。
それではみなさま、幸せなオーディオライフを!!ノシ

P.S. 現在、CDプレーヤ→アンプのRCAケーブルに自作のキンバーケーブルを使ってるけど、これもZonotoneにしようかなぁ。。。

↑このページのトップヘ