色んなオーオタが色んなレビューをするブログです(:3_ヽ)_



【ブログメンバー募集】

オーディオ系で自分のレビューとか意見を自由に書きたい方募集。(TwitterでFF関係の方のみでお願いします)

今後メンバーの好みに合わせてブログタイトルとかデザインも変えてく予定です。

カテゴリ: 趣味:オーディオ

ども、近頃はfinalサウンドじゃなきゃ満足いかないマーサです
今回はfinalのじゃじゃ馬サウンドのAdagio ⅡとⅢを紹介します
DSC_0789
左がAdagio Ⅱ 右がAdagio Ⅲ

AdagioシリーズはⅡ・Ⅲ・Ⅴとあってすべて同じ8mmのD型ドライバー搭載してて、中の構造やハウジングの違いにより音もそれぞれ違うものになってます
特にⅡ・ⅢとⅤではABS樹脂とステンレスのハウジングの違いで音の性格もだいぶ違います

Ⅱ・Ⅲは力強い、まさにじゃじゃ馬のような鳴り方が特徴的
ⅡとⅢの一番の違いはBAM機構(筺体内の空気の流れを最適化させる仕組み)を搭載してるかどうかでⅢにはこのBAM機構が入ってます

Adagio Ⅱの音は野生のごとく人の手が入ってない、制御されてないブンブンな音
力強いんですが音楽的な空気感のある音、それでいて輪郭もある程度はっきりしている
バランスとしてはピラミッド型 、ボーカルが埋もれることはないです
音の肌触りはやわらかめ
 解像度はそこまで高くないです、だけどfinalらしいライブ感のある音はバッチリで空間表現を感じられる
 Ⅱで特に面白いと思うのが低音の鳴り方でボわつかずに溢れるような低音を浴びるような感覚
ライブで爆音を浴びるようなあの感覚にそっくり
 
Adagio ⅢはBAMの恩恵かⅡと比べて人の手のが入ったかのような整った音に
それでも力強いじゃじゃ馬っぽさは健在
 バランスはややドンシャリ
音の肌触りはⅡと比べてカッチリしてる
Ⅱで輪郭の甘かった中高域がよりクッキリとなります
全体的に引き締まった音でⅡより音の余韻が少ないかなと、その分解像度が上がって音数も多くなってる
 
ⅡとⅢで僕の思うそれぞれ似合う使い方として
バンドサウンド・生音系には空気感の強いⅡでライブ感を味わう
個人的にはAdagio Ⅱで家入レオを生々しく力強く聴くの楽しいです
打ち込み系・アニソン・ミクスチャーロックなど電子音の多いものには輪郭のハッキリしてる
Ⅲがそれぞれ似合うかなと
お気に入りのアーティストAcid Black CherryはⅡ・Ⅲどちらで聴いてもクソ楽しいですw

どちらもまぎれもなくfinalらしい音でありながらfinalで一番の力強い子たち
価格が近いイヤホンともハイエンドクラスのイヤホンとも違う独特な鳴り方をする個性のあるAdagio Ⅱ・Ⅲ一度その耳で味わってもらえたらと思います

finalのイヤホンは試聴機・開封したてとある程度鳴らしたものとで印象が違うみたい
気になってる方にはこのレビューが参考になれば幸いです
ではでは
(次はPiano Forte Ⅱのレビュー書くかも)

 

先日のフジヤエービックのセールで24800円だったFiiO X3 2ndのレビューをしようと思います、南まさとです。

DAPが欲しくて聴きあさってた中、この機種の音は好きで欲しいとは思ってたんです。
けれども、我慢して他が出るのを様子見ようとしていた中の破格と言ってもいいくらいの安さでの販売だったので衝動買いしちゃいましたね。。。

そしたらそれから一ヶ月も経たずにAK120を安く売ってくれる方がいたのでお恥ずかしながら弟から借金をして買ったんですよ。

で、こいつは全然使わなくなったんで手放しちゃいました(*^^*)


おっと、レビュー。。。

音はベールに包まれてかなり聴きやすく、ウォークマンのA10などより自然な音作りだと思います。
低域はあまり出ずに、高域はベールがありつつも透明系な感じ。
解像度は高くないが、聞きやすさは抜群って感じでしたねー。

ファイルから音楽を再生する人にはやはりFiiOは便利ですね。
ISOはともかく、Cueが認識できたり、ジャケも同フォルダ内にEACで取り込む時などに生成されるcover.jpgを入れておけばFiiO内で認識してくれるのでEACユーザーは便利かもしれませんね。
あと、当方試しておりませんが、DSDの再生もできるみたいですね。

デフォルトの音量、最大音量が決められ、ラインアウトとPHONE出力が別端子なので突然大きな音を出すことがないので耳に安心です。

あとはOTGで実質microSDが二つ入りますが、結構邪魔なのと、パソコン東映で売っていたケーブルレスのOTGのアレ、がなくなってしまったので使わなくなりましたね。
今安い128GB買えば容量にはまぁ困らないとは思いますが。


こんばんは、最近rushで香水を買ったんですがこれがまたたまらん匂いで自分で自分の匂いをスンスンしている変態、小鹿さんです。


さて、今日はみんな大好きe☆イヤホンさんにLYRAを試聴しに行ってきました。

その音は皆さんの耳で確かめて貰うことにして‥‥


今日は諸事情[後ほど記事になるかも?]によりue900sのケーブルを探してました(:3_ヽ)_


そして出会ったのがこの子
FURUTECH
iHP-35Mです!

まずデザインで一目惚れ((
そして音も気に入り中古で¥3990で購入(安い!!)(:3_ヽ)_


因みに新品は¥8500前後です(安い!!)



さっそく聴き比べ💪💪

純正と比べると中低域の厚みが出てパワフルな音になります。

低域は力強さとキレを手に入れ、中域が前面に出てきて、個人的に嫌だった純正ケーブルの中高域の違和感のある鳴り方も改善され、ヴォーカルが聴きやすくなります。
パワフルな中高域に負けじと高域も伸び、独特の艶もあります。

ただパワフルで迫力ある音と引き換えに音場と分離能は低く(狭苦しく)感じてしまいます。


でも狭苦しいのも好物なので結構気に入っていたり‥‥((⊂(∩`👅´∩)⊃))

手持ちの曲で色々試聴しましたがGARNiDELiAのambiguousを聴いている時は正に至福のひと時でした‥‥



音は聴かなきゃ分からないですが(当たり前だろ馬鹿か)
確実にこちらの目と心惹くデザインも秀逸です!
コネクタ部分にはFURUTECHの自社ブランドADLの文字が、高級感があります

LRが掘ってあり左右の判別もしやすいですね、耳かけ部分は針金です

プラグはもちろんFURUTECH。
いや‥‥このプラグかっこ良すぎじゃあ無いですかね‥‥


分岐部とスライダーはまぁ普通です(

ただ弱点というか、見ての通り音に比例する結構ゴツめのケーブルです。

ただこれが割と柔らかく取り回しは思ったほど悪くないですね

須山さんのケースに入れるとこんな感じ、結構ギチギチです( '-' )

重量もそこそこありますがまぁ皆さん気にしないでしょ(

ただタッチノイズは純正程ではありませんがややありますね、


ただこの価格でここまでのデザインと音を兼ね備えたケーブルはそう多くないですよ!(zephoneを見ながら)

気になったあなた!試聴しましょうね!!

うまるちゃんのOP買いました、ふらんどです
絶賛ふらふらしてます、多分夏バテ

前回の記事はD12hjというポタアンについて書いたりしましたが、今回もポタアンについて書こうかなと思います

今回紹介するのはこちら
CYMERA_20150824_000002

ALO Audioから発売されているRx/Blackというポタアンです
元々Rxは国内85台限定のNickel platingというモデルが出てたのですが、その量販モデルとして色が黒く変わったこのRx /Blackが発売されたのでした
Nickelモデルも渋くてかっこいいけど黒もクールでかっこいい

CYMERA_20150824_000106

前面にはラインイン、フォンアウト、ボリューム兼電源ツマミというこれでもかと言うほどの必要最低限なもの
CYMERA_20150824_000037

後面はUSB充電端子のみ

昨今、DAC内蔵型が多い中で発売されたアナログ一筋なホントの意味でのポタアンです
なんという男らしさ

音の感想だとかそう言う前にRx に抱くであろう感想は「軽さ」だと思います
Twitterのフォロワーさんのお言葉をお借りすると、中にはオーオタの幻想しか詰まっていないから軽いやらなんやら…

おまけに小さい
CYMERA_20150823_235928

我が愛機のAK100改と比較するとこんな感じのサイズ
AK120とほぼ同じサイズだとか

私はこれを某氏お手製のミニミニで繋いで愛用しています
CYMERA_20150823_235857


さて簡単に音の感想でも
基本的には濃い味付けをするようなタイプではなく、より自然でクリアな音にしてくれるとでも言いましょうか
若干温かい音になるかな
Rxを通す事により低音は多少締まる感じです
中高音は綺麗に鳴ってくれますね

濃い味付けのポタアンを使っている人にとっては地味〜に聴こえるかもしれませんが、繊細で綺麗に鳴らしてくれますよこの子

RxはIEM向けに作られたポタアンなのでBAドライバを複数使用したイヤホンなんかとは相性はかなり良いですが、個人的はこれまた愛用しているD型一発のFX850も綺麗に鳴らしてくれています
色々繋いで聴いてみると楽しいかも

注意としてはIEM向けのポタアンなのでヘッドホンでの使用は厳しいと思われます
多分音量が取れにくいかも

手持ちのDAPの音傾向をあまり変えずに、けれどもっと自然で繊細で綺麗に鳴らしたい!って方は一度ご試聴してみてくださいな

初めまして!みんなの!!ぽたおでお記に参加させて頂くことになりました
 ばたこと申します。
 ぽたおでお(ポータブルオーディオ)の世界に惹かれて1年弱!
まだまだ駆け出しですが、少しずつオーディオの深さを学んでいきたいと思います。


 今回は自己紹介として、愛用しているイヤホンを紹介します!(タイトルでネタバレ)


IMG_1145
 

こちら!DUNU DN-2000です!! 
 え…?全然マニアックじゃない…? 
と、とりあえずこのイヤホンを紹介させて下さい!(汗

DN-2000とは、2基のBA型と1基のD型(10mm口径)を搭載した ハイブリッド型のイヤホンです。
このタイプのハイブリッド型は他にも、eme audioH-300FIDUEA83が挙げられます。 
どのイヤホンもそれぞれ異なる個性を持っていますが、
DN-2000はスーッと伸びていく高域に、やや色気を持ったボーカル、そして引き締まった重低音を鳴らす低域と
どの帯域も主張しすぎる事なく、バランス良くそして楽しく奏でてくれるイヤホンです。
おそらくどのジャンルでも卒なくこなしますが、女性ボーカルの曲が特に得意な感じがします。


ただこのイヤホン、リケーブルできないのはご存知かと。
リケーブルできたらもっと色んな音楽を愉しめるんだろうなぁ…















 IMG_5258

?!







改造し(てもらい)ました…

…正直この状態だと音質なんて変わらないと思っていましたが、
 ケーブルを変えると音も変化するんですね。
因みにこのケーブルはLabkbleのSilver Galaxy MKII、AK用2.5mmバランスにカスタムしています。 
どの程度変化したかというと、今まで伸びていた高域がやや抑えられ、量感を持っていた低域はより引き締まった感じになりました。ボーカルは相変わらず気持ちいい。
あと、音の配置が若干変わったように思います。 
個人的には全体的にスッキリし、より聴きやすくなった印象です 。
なんかレビューが某HPみたいになってきていますが。 



話が脱線しましたが、僕はDN-2000と出会ったことで
イヤホンの世界により興味を抱くようになりました。 
これからも少しずつですが、気になるものがあれば更新していきます。


僕みたいに自分の世界が変わるイヤホンに出会えたらといいなぁと思っています。

↑このページのトップヘ