色んなオーオタが色んなレビューをするブログです(:3_ヽ)_



【ブログメンバー募集】

オーディオ系で自分のレビューとか意見を自由に書きたい方募集。(TwitterでFF関係の方のみでお願いします)

今後メンバーの好みに合わせてブログタイトルとかデザインも変えてく予定です。

カテゴリ: 趣味:オーディオ

こんばんワン!



今日は僕と彼女がお揃いで使っている愛機を紹介しますゾ。





はいっコチラっDR-XB31iPちゃん
image



実売価格は4000円程(?)


image


カラーはブラック、ホワイト、レッド、ブルーの4色

パッケージでわかると思いますがApple製品で有効なリモコンがついています。

因みにリモコンの位置はiPhone付属イヤホン(イヤーポッツ)の逆。最初は違和感あるかも?



J○shinとかケ○ズデンキとかediti○nとかの大手家電量販店で見かけてことがある人もいるのではないでしょうかね?


因みに既に生産終了してます。




ばららーっと中身を見てみましょう。

セイッ
image



・本体(イヤピース変えております)
Y型のセレーションコード

・キャリングポーチ
XBA-10のものと同じだと思います。

・クリップ
何げに必須かも、タッチノイズが酷いこと酷いこと……

・イヤピース
あんしんの4サイズ



……と、付属品は必要最低限揃っているのではないでしょうかね?


まぁ本体が良ければ付属品なんざどーでも良いのです(極論)




じゃーその本体をみていきましょう!




☆装着感

残念ながら僕はフィットしません。

image


どうやらこの出っ張りが引っかかるようです。

あと個人的にですがSONYのイヤピースは相性が悪いみたいで……
ポロっと落ちたり、取るときに裏返ったり……と、僕にはイマイチです。

image


そこで愛用してるのはaudio technicaのfinefit!
程よい硬さで正にfinefitします!


少しイヤホンから話が飛びました……





☆遮音性・音漏れ防止

遮音性は低いです。つまり音漏れしてる可能性も微レ存?

かなり音量上げない限り大丈夫だと思いますが、一応図書館などでの使用は控えましょう♨

あとタッチノイズがえげつないので付属のクリップ付けるなりSHURE掛けするなりして我慢しましょう。



☆音質

EXTRA BASSと冠している割に余り低音は暴れません。
ごく自然に、量感を増した感じの低音です。
僕はこのくらいがちょうどいいですね。

バリバリ低音欲しい!って人は物足りないかも
(それでも普通のイヤホンよりは低音が多いですよwww)

中高域はヴェールを1、2枚被った感じ、でも不満ではないです。

低音重視イヤホン!と言うと低音モリモリで高音が潰れてしまってる物がほとんどですがこのDR-XB31iPは低音が出ててなおかつ高音も聴きやすいです。
こーゆーのは珍しいですね。


以前低音重視イヤホンのATH-CKS55iを使っていたのですが輪郭がぼやけた低音の塊に中高域が潰されて話にならない音でした。(´・_・`)


それと比べれば低音の量感こそ減ったものの中高域は比較的はっきりしてて気持ちよくリスニング出来ます。
とても素晴らしい👏👏 👏👏


あと音場は広く感じますね、自然な音と相まって気持ち良いリスニングが出来ます。


ただ惜しまれるのはフィット感と遮音性ですね、その他は◎ですよ。


既に生産終了となってしまいましたがまだAmazonでもあるようなので
低音重視、尚且つ高音も綺麗に聴けるイヤホンが欲しいって方は是非検討してみてくださいね!

こんばんは、三連休の3分の2をバイトで過ごしました春日小鹿です。



今さっき御父上総統閣下のお部屋(ほぼ服置き)に行くと机の上に
image

超高コスパBAイヤホンXBA-10があるではないですか。

一体いつの間に……

何げにイヤホンかなり持ってるあたり親子なんだなと感じますね。



まぁそれはさておきこんなの見たらする事は1つ。【試聴】です。


image

勝手に拝借イェーイwwwwwww


付属イヤーピースが多いですね。
ひとつの方はウレタンスポンジが入ってるタイプのよう。




image

画像きたねぇがきにしねぇです



デザインは悪くないです。ハウジングが小さくてスタイリッシュ


コードはSONY大好きセレーションコードですが毎度毎度タッチノイズ酷いのはどうにかならないですかね……(XBA-10もタッチノイズ酷いです)


まぁこのタッチノイズは付属のコードアジャスターとクリップで減少できます。


装着感は……とても良いですね、イヤーピースが柔らかくハウジングも小さいので凄いフィットします。



音の方は、意外や意外。わりかし低音が出ている。
高音も刺さらず綺麗に出てるし、普通に満足できる音質。

ただ贅沢言うと何かクリアさが足りない感じ……解像度が足りないのかな?

その代わり聴き疲れはなさそう?



でも実売価格の4000円前後っていう価格から考えたらかなり安いですねぇ

後続機(?)のXBA-100に感謝?


BA欲しいなぁー
とか
付属品からのグレードアップ考えてます!

って人にはつよーくオススメできるイヤホンですね!

シングルBAはheavenⅣとumpro10所持してますが少し欲しいと思ってしまいました()



・安心の大手メーカー
・割とどこでも手に入る
・軽くて小粒で取り回しも良し
・デザインもcool
・音質も良い
・何より安い


どうですか?

BAデビューや付属品からのグレードアップを狙っている方は是非参考にしてみてくださいね!

こんばんは、最近謎のレビュー欲(?)に駆られ家の中のもの全てレビューしそうな勢いの小鹿です。




そんな僕が本日レビューするのは人生で2番目に購入したヘッドホン!

image

SE-M777AV


メーカーは世界のpioneer!

しかーし、こいつはエディオン(旧:ミドリ電化)
がSE-M380(たぶんこれかな?)をベースに作り上げたSE-M380より2ランク、3ランク価格も上のヘッドホンであるのです!


販売しだしたのはちょうど10年ほど前かな?

しかし今だエディオンに足を運ぶと在庫がポツポツあって希望小売価格(6000円)の約半額ほど(僕は3500円で購入)で入手できます!

ネットショップにも在庫確認!


しかしこいつ!こんな安価で入手できるのに音質〇なヘッドホンなのです!




中身はこちら
image

1.5mの延長コードやコードストラップ、標準プラグが付属してます。



まずはスペックを見ていきましょー

image


密閉型ダイナミック

再生周波数帯域:5〜29000Hz

インピーダンス:32Ω

最大入力:1500mW

出力音圧レベル:105dB



image

プラグはなんと堅牢なメタルプラグ
でもってコードも編み込み

ちなみにコードの長さは3.5mとポータブルでは使いにくい長さ。

まーこんなに嵩張るの持っていこうとは思いませんがwww



imageimage

ヘットバンドはAKGなどで良く見かけるフリーアジャストヘットバンド。pioneerの文字がかっこいいです。


因みに僕はスコスコハウジング動かすより楽なのでアジャスター大好きです()


あと頭にあたる部分にはクッションが入っていて違和感がないです!



image




側圧はそれほど気にならないのですがイヤーパッドとハウジングの段差があまりなく、耳があたって長時間使用してると耳が物理的に痛くなります。

これはbad……


しかし気づいてくれたでしょうか?


image


このイヤーパッド……

image



なんとベロア素材!

ふかふかで眼鏡をかけていてもきちんと密閉できます!(しかしふかふかすぎて中のハウジングに耳が当たるのです……何と言うジレンマ)


あと1つ気になるのですか……

image


このハンガー……スカスカのプラスチック。

ちょっとこれは頑張って欲しかった……


無いとは思いますがDJプレイなどやや乱暴な扱いをするとポッキリ逝ってしまいそうです。



まー外観的なところはこんなもん、

やっぱり気になるのは「音」ですよね?


一聴して……(`💳ω💳´)ムムッ!





低音がモリモリ!


なのにヴォーカルが近くて低音に潰されていない!弦楽器の表現も上手い!


ややドンシャリ傾向ですが全体のバランスがとてもいいように感じられます!


インピーダンスが低めだからか音量も取りやすいですしスマフォ直挿しでも十分鳴らしてくれます!


てかふつーにええ音……


下手したらそこらにある下手な1万前後のヘッドホンよりもいい音を出してくれるかもしれません。

てか出す(確信)






image

image

どうやらモリモリの低音はこのパワフル バス
ダクトにあるらしいですね。

ってあれ?じゃあこれ半開放型になるんじゃ?



そんな低価格でナイスなヘッドホンのSE-M777AV

コードが付属の延長コード合わせると5mもあるので映画鑑賞用やリスニング

迫力の低音を活かしてFPSなどのゲームとオールラウンドで使えるヘッドホンです。

低価格帯のヘッドホンは色々あってどれにしようか迷う……てな方はぜひこれを使ってみてはいかがでしょうか?

あけましたね!おめでとうございます!


新年のご挨拶を抜けば今年初めての更新ですね()


いやいや、更新が遅れたのは元旦からバイトがあったり親戚で集まったりと色々とワケがあるワケで……まぁこのブログの存在を忘れてたんですがね


それはさておきおき……レビューです!



どどん!


image

HOVEDTELEFONER/TIGER


こちらの製品はフライング タイガー コペンハーゲンと言う北欧雑貨のお店で取り扱われているものですね。

気になる方はコチラ

確か値段は800円(?)ぐらいでカラバリがすんごい豊富でした。


ブログタイトルにある「サヨナラ前レビュー」とはなんぞ?と思った方もいるかと思います。

実はこのヘッドホン……実は購入したのは一年程前……使われることなく埃を被り完全にインテリアと化していました。

そして今後も全く使う気配が無いので「MOTTAINAI!!!」と言う事でどなたかに差し上げよう!

と思い只今LINEの方で引き取り手さんの方を探してる所であります。


だからサヨナラ前にレビューでもしとくかーって魂胆ですよろしく('ω')....✌('ω')スッ


そしたら先ずは聞く前にスペックから見ていきましょー

製品スペック
インピーダンス:32Ohm/1KHz
出力音圧レベル:105dB/mW
再生周波数帯域:30Hz〜22KHz

コードはスリット入りで2m 、音量調節のコントローラー付き
プラグはΦ3.5mmメッキなし
image


合ってるか不安なので画像載せときます(英語苦手)


お次は本体
image


ヘットバンドからハウジング、イヤーパッドまで徹底して緑なのが分かりますね

ハウジングはプラスチッキーで安っぽさが隠せませんがヘットバンドとイヤーパッドはレザー感がありハウジングのチープさをカバーしています。

ちなみにカラバリは豊富で ブラック ピンクブルーそしてこのグリーンがあります。

image

音量調節のリモコンも完備。この価格ではちょっとありがたいかも?



でもやっぱり気になるのは音質!

どの音域もでしゃばらずフラットな感じです。しかし一聴して気になるのは篭り。低域もぼわぼわと篭り、中高音、ボーカルもヴェールを2枚も3枚も纏った感じ…
値段相応と言った感じですね。

まぁこの価格帯で音質を期待するのは鬼ですね

でもオシャレな外観と低価格を武器にヘッドホホ
として活用するもの◎ですね。

「え?前の記事もheavenⅣのレビューじゃん」

こまけぇこたぁいいんだよ!
いや言い訳させてください、あちらはファーストインプレッションを書き綴ったものです。
しかし今回は本格的なレビュー、、、ね?(?)

例によってこのレビューも価格.comさんに投稿した内容と同じです。楽してぇ


final audio design
heavenⅣreview!!

image



【デザイン】
image

ステンレス削り出しのハウジングはシンプルですが高級感があり私はとても気に入っています。
image

このハウジングに刻まれている「final」の文字がまた美しい……


【中高音の音質】
女性ボーカルはもちろんのこと男性ボーカルの低い声も艶らしく出してくれます。ただキーが高いの女性ボーカルやウィスパーボイスなどは苦手なようです。

ピアノやヴァイオリンの余韻が素晴らしく小編成オーケストラでは無類の強さを発揮します
他のBA型と比べると高音の伸びが抑え気味です。

キレのいい刺さるような高音が好きな人は少し物足りないかもしれません。


【低音の音質】
上でも申し上げた通り、男性ボーカルの声の低さの表現も上手いです。

フルレンジシングルBAはその性質上低音の量感が足りない事が多いですがfinal audio designは筐体内の空気の流れを最適化する独自の技術BAM(Balancing Air Movement)を用いる事で高音の刺さりを抑えて低音の量感と見事な空間表現を実現させており、深みのある低音が楽しめます。


【フィット感】
装着時はハウジングが耳から飛び出る形になります。これはこれで存在感があるので◎
ステンレスハウジングは重そうに思いますがそれほど気になりません。ケーブルも少し長いですがしなやかで取り回しが良いです。

ただタッチノイズが酷く、外出時など歩きながらの使用はとてもお勧めできません。


【外音遮断性】
image

2タイプのイヤーピースが付属していますがaudio technicのイヤーピースのような丸型の方はなかなか遮音性が高いと思います。


【音漏れ防止】
それほど音量を上げなければ心配いらないと思います 。


【携帯性】
image

image

おしゃれで所有欲を満たしてくれるステンレス性鏡面仕上げのケースが付属しています。個人的な問題ですが傷が付くのが怖くて使えません……


【総評】
深くて味のある低音。クリアで視界良好な高音。ボーカルの艶はさることながらスネアのアタック感、ピアノやヴァイオリンの余韻の見せ方の上手さ等音質に関してはほぼ言うことはありません。
この価格帯のシングルBAイヤホンではかなりコスパが高いと思います。
因みに、「やっぱり1万超えるのはちょっと……」と言う方にはこれまたfinal audio designのエントリーモデルであるheavenⅡがあるのでそちらをお勧めします。こちらは聞いたことありませんが

しかし 携帯性がイマイチでタッチノイズもかなりあります。なので外出時に使いたいと言う方にはあまりオススメは出来ないかもしれません。

↑このページのトップヘ