色んなオーオタが色んなレビューをするブログです(:3_ヽ)_



【ブログメンバー募集】

オーディオ系で自分のレビューとか意見を自由に書きたい方募集。(TwitterでFF関係の方のみでお願いします)

今後メンバーの好みに合わせてブログタイトルとかデザインも変えてく予定です。

カテゴリ: 趣味:オーディオ

皆様はじめまして
GenYu(@GenYu_9)と申します

ずいぶん前からメンバーにさせていただいていおりながら、なかなか投稿できていませんでしたが……

今回どうしてもご紹介したいイヤホンがあり、初投稿させていただきます。

image
ORIVETI BASIC BK

この、ORIVETIは中国・深センにて2015年に創業された新興メーカーのようです。

BASICの仕様はこんな感じです。
ドライバー:10mmのダイナミック一基
筐体:アルミ製
ケーブル:1.2mMMCX接続3.5mmステレオケーブル

それでは、早速開封していきましょう。
image
開くと、即ご対面
左右それぞれにロゴとメーカー名がはいっており左右がわかりやすい仕様です。

下には付属品がごろごろと
image

image
イヤーハンガーにカラビナ付きセミハードケース、イヤーピースが四種類(S M L ダブルフランジ各2セット)そしてクイックガイドになります。

肝心の音の前に、外観も紹介したいと思います。
image
いわゆる耳かけのモニタータイプでマットな塗装が高級感を感じさせます。
ケーブルはしなやかで取り回しも抜群でクセもつきづらい柔らかい被膜です。

image
側面から見てみると、かなり薄いことがわかります。耳の形状によってはハウジングが干渉すると思います。その場合は付属のダブルフランジやフォームチップに変更しましょう。

遅くなりましたが、音質のレビューを少しだけ


一聴して感じるのは、「バランスの良さ」
澄みきったボーカルを締まりのある低域と独特な残響感をもった伸びやかな高域が彩ります。

音場に関しては、EX1000などといった広大なステージではないものの、しっかりと定位を感じることができます。

オススメは音数の多い女性ボーカル曲です
image
イヤホンの相性によってすぐに団子つくりだす我が家のH1でも一つ一つの音がきれいに溶け合ってボーカルを際だたせてくれます。

反面分析的な音ではないので、一つ一つの楽器を聞き分けたい人には向いていませんね。

最後にこのイヤホンの最も重要な点をお話します。

私的ハイエンドダイナミックの3要素

「自然な音のつながり」「量感でごまかさない低域」「硬すぎない適度な響き」

これを11,800円(税込) 2017/7/19現在
で実現していることです。

BAばかりでダイナミックきいてないなぁな貴方はぜひ試聴してください

ダイナミック好きな方ももちろん試聴してくださいね

あ、重要なことを忘れていました。
この子はあくまで「入口」ですよ

じっくり聞いて、しっかりとしたレビューをまた後日したいと思います。

それでは




 こんちきちきちわ!死にかけ小鹿さんであります!多忙なので今回は少し短めで…笑
本日は以前銅&銀の超ハイコストパフォーマンスのリケーブルを紹介しましたBubble Owl さんから、これまた強烈な刺客が送り込まれてきました!!!

5N銀メッキOFC4芯編み込みケーブルで価格が何と2280円??????
いやまあ見てくださいよ、
image
アルミの堅牢で軽いプラグ、分岐部、しなやかで取り回し抜群のケーブル。



image
鮮やかでキュートなオレンジ…もちろんこの黒焦げマカロンケースも付属品であります!因みに耳かけ部のワイヤーはかなりしなやかで耳にフィットしやすいです◎ほんまか?ほんまに2280円か???


因みに今回購入したケーブルのカラーバリエーションは、
シルバー スカイブルー(※リンクはIE用リケーブル) オレンジレッド(※リンクはIE用リケーブル) の3種です◎ そういやオーテクのIMシリーズのハイグレードケーブルも出てました…(5000以下…おかしい…)
音については以前レビューしたケーブルから既に期待できます◎
image
まっ!この組み合わせで聴いてみましょ!
HM901S→Bubble Owlケーブル→自作イヤホン(ここに作り方載せてます

試聴曲   
その嘘に近い/眩暈SIREN



明滅する/眩暈SIREN



…何かお決まりになっていますね(


気を取り直し…

【量、質の総合】
高域★★★★☆
中域★★★★☆
低域★★★★☆


ん?んんん?????いや、正直な所おったまげましたね、少なくとも2000円台の音ではないと思います。
 出音のバランスが良く、特に低域はモワつかず、沈み込み、音楽全体をきっちり支えてくれています。

中高域は艶のある滑らかな音で、女性ヴォーカルやピアノの表現が生々しいですね…もちろん、低域がしっかりしている分、低めの男声なんかも相性ばっちりです◎

 解像度は高級リケーブルと比較するとやはり劣ってしまいますが倍~3倍の値段の物なら引けを取らないでしょうね…音場はやや横に広がるように感じます。
いずれにせよ全ての面で2000円台と言う価格設定は信じられないクオリティーです。

何より濃い目のオレンジのケーブルって珍しいですよね、思い当たるものだとZEPHONEのorange owlや音素、あとは自作になってしまうのでしょうか?
カラーで選んでも、初めてのリケーブルとして選んでも後悔は無い一本だと思いました。

最近すっかり暑くなってきましたね
ふらんどです

今回は以前レビューしたZiShan DSDを2ヶ月程使ってみてのあれこれや、オペアンプ交換なんかについて書いてみたいと思います
IMG_0734
ちなみに私はeBayで購入しましたが、最近だとAliexpressでは馴染みのHCKさんeasyさん、他にはモバイルアクセサリーさんなんかにも取り扱いがあるみたいですので購入はお好きな所で

さて気になった事とか書いてきます

曲の頭、尻飛び

中華DAPではよくある事ですがやはり気になりますね・・・
私の場合wav+cueで音源管理してるので普通に使う分には問題ないですがflac音源などではギャップレス何それ?ってなるので今後のFW更新に期待したいですね

ファイル管理

このDAPは内蔵メモリが無いのでmicroSDに音源を入れるわけですがあらビックリ、ZiShan DSDは数字順やアルファベット順とかそんなの関係なくmicroSDに入れた順にデータが並びます
もちろんソート機能なんて便利なものはありません
これがなかなか厄介で音源を纏めてドラッグ・アンド・ドロップで移そうとするものなら結構な確率で曲順などがめちゃくちゃな並びになります
面倒ですが一つ一つ音源を移す方法でこれは解決出来ますが今後のFW更新に期待

*追記
ツイッターで教えて頂きましたがこちらのツールで簡単にソート出来るようになりました
情報提供ありがとうございました

アートワーク

画像埋め込みしたflac音源の他、wavやDSD音源なんかでも同一フォルダ内に「Cover.jpg」とリネームしたアートワーク用の画像を入れておけば対応はしてくれるのですが、すべてが表示される訳ではないです
以前別の所有者の方に助言を頂いて色々と試したのですが容量が大きいのに表示されたり、それよりも容量など小さいのに表示されなかったりとマチマチでぶっちゃけ分からんです
今後のFW更新に(ry

ゲーム機能

テトリス楽しい


とりあえずこんな所でしょうかね
ただ音に関しては本当に良いです(むしろ機能よりも音に全振りしているともいう)
素の状態でも良いのですがオペアンプの交換にも対応しているのでやってみました
*行った時点で保証対象外になります、また基盤や液晶など壊す可能性もあるのであくまで自己責任で

開腹作業自体は楽でプラスドライバがあれば可能です
IMG_0720
上部のネジを外して蓋を取ればそのまま基盤を引っこ抜けます
IMG_0722
ちなみに画像のようにボタンは筐体にただ嵌っているだけなので基盤を取り出す時は液晶側を下にしないとボタンが取れて後々面倒なことになります(真ん中のボタンだけ個人的にプラ製のに変えてあります)

バッテリーから見てみましょう
IMG_0729
連続使用でも10時間くらいはバッテリーが保ちますので普通に使う分には問題ないと思います
IMG_0723
こちらが基盤
見えにくいですがちゃんとDACにAK4495SEQを使用してますね
HTB1dp1dRFXXXXXlXVXXq6xXFXXXv
一応±9V掛かっているみたいですね
IMG_0724
LPF部のオペアンプが変更可能となっており素の状態ではLME49720NAでしたがここをかの有名な高級オペアンプMUSES01に変更してみました
と言っても交換したのは少し前なのでその時にこれ書けよって話ですよね・・・
MUSES01は推奨電圧±9Vからなのでギリギリセーフ
IMG_0730
オペアンプ交換自体は非常に簡単なのですが注意しなければいけないことが一つ
液晶側との隙間が非常に狭く、所謂下駄を履かせた状態のオペアンプ、もしくはそれと同じくらいの大きさのオペアンプ(BURSON AUDIO v5iなど)は使用できません

話を戻しますがMUSES01に交換した後の音は元の音よりも見晴らしが良くなった感がありもうこれで良いかなとすら思えます
実際現在はこの子がメインだったり・・・

低価格帯ながら音が良く、更にオペアンプ交換で自分の好みに合わせられるのがこの子の強みですね
UIなどは現行の他DAPと比べるとてんで比べ物になりませんが手の掛かる程愛着の湧くものです

最近だとこれよりも高級ですが音が良いと評判のSmart D200+という変態中華DAPもHCKさんなどから発売されておりそちらも気になりますね

最後に、7/15、16はポタフェスですねぇ
その前に明日ポタ研もあったりしますが行けず・・・
ポタフェスは二日目に参加予定なのでもしMUSES01換装版ZiShan DSDを聴きたいという酔狂な方がいらっしゃいましたらお気軽に私のツイッター(@Yuu_Flan)にでもお声かけて下さいませ

以上雑記でした

どうもどうも!おひさしぶりです小鹿です!
只今は実習期間でありまして瀕死であります!ァ゚!(心停止)

とか言いつつレビューのお時間です( ‘ᾥ’ )

本日レビューしますのはリケーブル!

Amazonで発見した新興(?)メーカー
Bubble Owlより…
銅銀ハイブリッドケーブル for SHURE(ド直球)でございます!
image

見た目もシンプル!気取らない感じが好感度持てますね〜
プラグや分岐部は金属ですがケーブルを傷めないように内側は樹脂を詰めてあるのも細かな気遣いが効いててイイカンジです!


で、これが購入したケーブル何ですけど、価格がぶっ壊れてます。

銅×銀メッキ銅の8芯ケーブルですよ?…いやはや…恐ろしい時代になりました。



そういや、このケーブルが届いた時、こんな感じのセミハードケースに入れられていました。
image


これ結構イイカンジの大きさでして…
わかりやすいもので比較すると…
image

こうですね!
大きさはほぼショカコーラの缶程、厚みは更にあります。このサイズだとカスタムIEMでも余裕で収納できますね〜



ケーブルについても「おっ」っと思える点が…!
image

それはこれ…もちろん到着直後ですよ?
分かりますかね?
このケーブル、柔らかく取り回しが良いのに癖が付きにくいのです!
ということは絡まりにくいのですよ!
やりますねぇ!


まぁ一番は音。早速聴いていきましょう〜
image

image

イヤホンは新問屋DD-MXです(

しつこい様ですが線材は 4N OFC×4N銀メッキOFC 、芯数は8!正に価格破壊ですね…

【量、質の総合】
高域★★★★★
中域★★★★☆
低域★★★☆☆


肝心の音ですが最も特徴的なのは高域の伸び、ですね。煌めきがあり、清流のように雑味がなくスーッと伸びていきます。
正直な所高域はこのケーブルの5倍程の価格の付く他社ケーブルとも方を並べられると個人的には思います。

中域もクリアで見晴らしよく、音のザラ付きや他の音にマスクされる事はありません。

低域も質は申し分なく、余分な音の膨らみを削ぎ落とし、ギュギュッと締まったスピードのある低域です。ただ超低域大好きだぜ!って方はやや低域の量に物足りなさを感じるかも知れません。

解像度はこの価格にしては破格で音場はやや横に広がるでしょうか、いずれにせよ全ての面で3000以下と言う価格設定を疑うほどのクオリティーに感じます。



因みにこのケーブル、MMCXだけでなく



SENNHEISER IE80用ケーブルも発売しております。
ケーブルの音から考えるとかなり相性がいいと思われますね…



他にもMMCX/IE80用に取り回しが良い5N OFCケーブルや…








公式が「低域アップ」と謳う6N OFCと言うハイグレードなケーブルも取り揃えてありました!






初めてのリケーブルや安くて使い倒せるケーブルが欲しい方に、ベストバイなリケーブルでした(:3_ヽ)_

若さ、若さってなんだ
ふらんどです

そんなわけで(?)今回はやっとこさZiShan DSDについて書いていきますぜ
IMG_0701
こちらがZiShan DSD、如何にも中華な感じがするようなしないような外観
5つボタンが有り真ん中が電源、左右上下は選択など、左と真ん中同時押しでロック機能なども有り
ちなみに電源押すと爆速で起動します(逆も然り)

現在はAliなどで販売しており私の場合は特に理由はないですがeBayから購入、4/21にオーダーし4/28に届いたので結構早かったですね
お値段は150$と低価格帯
付属品として充電用ケーブル、16GBのmicroSD、microSD変換USBがありまして、特にmicroSDは嬉しいですね
こちらに関しては後述にて

DACはAK4495を使用しておりPCMは384kHz/32bit、DSD256ネイティブまでに対応とかなりの高スペック
結論から言うと音はめちゃくちゃ良いです
高解像度な音で特に前後左右の音の広がりが素晴らしいですね
かなり強力なアンプが搭載されており鳴らしにくいヘッドフォンなんかも余裕で鳴らせたりしました
後述のTURBOMODEもあるので単体で充分楽しめる感じですね

それでは色々と見ていきましょう
IMG_0702
左からそれぞれフォンアウト、ラインアウト、ボリューム
ラインアウトといっても音量は小さめでした
IMG_0706
下側には充電/USB-DAC用の端子、同軸出力ジャックがあります
IMG_0715
片側が3.5mm端子のコアキシャルケーブルがあればこんな風に繋げて対応しているDACなどにも繋げられます
一応Mojoなんかには接続は確認できました

大きさ、厚さなど
IMG_0717
IMG_0719
結構ちっこいのでポータブル性にはなんら問題は無いと思います

レスポンスに関しての動画を撮ってみたので貼っておきます 慣れてしまえば割りとサクサクです
IMG_0707
メニュー画面です、分かりやすいですね
IMG_0708
イコライザ画面
IMG_0709
メニューからDACを選択するとこんな画面に
一番上はデジタルフィルタの選択ですが聴き比べても違いはあまり分からず…
USB-DAC機能をオンにするとUSB接続時にDACとして使えるようになります
元々形がポタアンぽいから違和感ないかも

TURBOはゲイン切り替えのようなもので出力がかなり高くなります
イヤホンだと爆音になりボリュームが殆ど回せなくなるので少し危険なので実質ヘッドフォン使用時に使う感じですね

slowbootは電源が点く速度を意図的に遅く出来る機能です
最初に書いた通りコイツは電源を押すと爆速でON/OFF出来るのですがちょっと押しただけでONになってしまうので専ら誤作動防止といったところでしょう

IMG_0710
systemを選ぶと画面の明るさや消灯時間など設定出来ます

そしてgameを選ぶとテトリスが出来ます
IMG_0711
曲再生中でも出来るので好きな曲を聴きながら遊べますね!
実際先日の祭行く電車の中で一時間位このテトリスで遊んでいたのは内緒
本体に関してはこんな感じですね

付属品のmicroSDの中には謎の中華なハイレゾサンプル曲とカスタムEQが入っておりちょっと危ない雰囲気…
IMG_0713
カスタムEQは180もプリセットがありなかなか豊富ですねぇ!
IMG_0714
吐血…?

あとから分かったのですがcueにも対応していました
IMG_0712
ただ文字コードをUTF-8にエンコードし直さないと文字化けします

再生中アートワークが表示される物とされない物があり表示基準はいまいち分かりません(情報求む)

電源をONにするとその前まで聴いていた曲がいきなり再生されたり、メニューに戻ろうとしたらたまーに電源が落ちたり、曲の頭尻が飛んだりなど正直UIに関しては荒削りな所もありますがメーカーさんの方で定期的にファームウェアをアップデートしているのでとりあえず期待ですかね

ただ音に関しては本当に良いです
お値段も150$と最近のDAPと比較してもだいぶ安めなので低価格DAPの新たな選択肢にZiShan DSDを私はオススメします

以上ZiShan DSDについてでした

↑このページのトップヘ