色んなオーオタが色んなレビューをするブログです(:3_ヽ)_



【ブログメンバー募集】

オーディオ系で自分のレビューとか意見を自由に書きたい方募集。(TwitterでFF関係の方のみでお願いします)

今後メンバーの好みに合わせてブログタイトルとかデザインも変えてく予定です。

カテゴリ: 購入報告

はじめまして!!
今回こちらで初めて記事を書かせていただく「なつめぐ」と申します。
以前からよく見ていたこの『みんなのぽたおでお記』で記事を書けることになり嬉しいかぎりです。

これからもよろしくお願いします!では本編スタート!

今回私が紹介するのはNicehckさんのsp12です。
恐らくみなさんパッとどんなイヤホンか思い浮かばないと思われますが、前回のaliexpless 3.28thセール時に福袋と称して在庫処分のflang v5と抱き合わせて販売していたhckの最新片側12baイヤホンの正式名称でございます。


:2019年4月14日、エージングや耳の慣れで印象が変わってきた部分が出てきたので追記

◎見た目、ビルドクオリティ

IMG_1482
付属品、箱外装などは普段のhckイヤホンと同じなので端折ります。

見た目は前宣伝同様qdc anole vxをパクったもといオマージュしたフェイスプレート。
IMG_1498

非常に細く、そしてキラキラとしたファイバー状のものをフェイスプレート部分だけに敷き詰めその上からコーティングを施しているようです。そしてボディはanole vxとは違いシンプルかつ透明度の高いクリアボディです。

ビルドクオリティに関しては特に文句の言いようがないほど綺麗です。

クリアシェルと言うと一番シンプルな仕上げでありながら最も難しい仕上げだと自分は考えます。
なぜなら粗がすぐわかるからです。でもこのsp12はクリアシェルながらどこから見ても曇りひとつなく中のドライバ、ネットワーク回路、音導管まで良く見えマニア心をくすぶられるほどに美しい仕上がりとなっています。
hckという大手中華イヤホンセラーらしい安心感を感じます。

何か強いて言うとしたらフラット2pinなので強度面が不安といった感じでしょうか。

◎多ドラらしさがしっかり感じられる全体的に明瞭感のあるサウンド

IMG_1491

箱だしすぐから数時間の間でのサウンドレビューとなります。今後エージングなどで変化があればその都度更新していきたいと思っています。  

2019年4月14日、耳の慣れかエージングによってなのか、明瞭感はそのままにウォーム感が増してきました。もとより寒色系ではなかったのですが、ウォーム感が増したことによって、より中域が艶やかにリッチな印象を受けるようになりました。

まず一聴して“中華” “低価格帯” “多ドラ”のネガティブな部分は自分の中から吹き飛んでしまいました。

情報量の多い音、分離感が高いサウンドがドッと流れてくるといった感じですね。多ドラのメリットがしっかり発揮されていて好印象です。

そして中華多ドラながら非常に明瞭感のあるサウンド、特に高音は刺さりを感じてしまうことがあるくらいです。この価格帯の中華多ドラは高音が籠っていたり最悪の場合、全体を通して濃い音を履き違えたようなモコモコした音しか鳴らせないイヤホンもある中この価格帯の中華多ドラでこの明瞭感は非常に完成度が高いと思われます。

dap単体(私は一緒について来たflang v5)でも明瞭感は変わらず籠り、曇りなどは感じられませんでしたので特別アンプが無いとモコモコしたり、鳴らなかったりするイヤホンでは無いようです。

スペック的にも、インピーダンスは25Ω、感度は115±3dbと一般的な数値で特に鳴りにくいイヤホンでもなく良心的に感じました。

◎フラット寄りなバランス 

mojo +b1 ltd +sp12でリスニング
先程は特別、駆動力が必要なイヤホンでは無いと前述しましたが、アンプを加えたりして上流を整えるとそれに比例してさらにいい音を鳴らしてくれます。
IMG_1485



音のバランス的には中域が若干強め、その次に高域、低域というバランスになっていますが、やはり多ドラなのでどちらかというとフラットな傾向に近くなっているなと感じました。カマボコ型よりのフラットかなと感じます。どの帯域を取っても必要最低限以上は出てるなと思います。どこかの帯域を犠牲にして他の帯域に特化させている感じは全く感じません。

中域に関しては滑らかさ、分厚さがあり非常に聴きやすく、かつ聞き応えのあるサウンドを比較的耳の近くで鳴らしてくれます。

高域については前述した通りシンバルなどで刺さりを感じたり、ボーカルによってはサ行が刺さる場面が多々ありますが、刺さる直前の高音はまだ膜が一枚かかったようなサウンドに思えます。なので正直、粗を感じてしまう点でもあります。
ここは聴く人を選ぶといいますか好き嫌いのハッキリ分かれる点だと思います。

最後に低域ですが、バランス的には一番下ですがbaらしい輪郭のはっきりした低音がしっかりなっています。
所謂、低音が好きな人には物足りないと思いますが、
しっかりベースラインは拾って鳴らしているくらいには再現力があります。曲中、ボーカルに隠れがちなベースラインなども意識を向ければ簡単に読み解くことができます。

個人的にはエージングで低音がもう少し主張してくれたらなぁということと、リケーブルで高域に落ち着きが生まれたらかなりいい感じだなと思います。

低音はエージングの効果か、安定して出るようになりました。



余談ですが、flang v5のベースブーストをonにしてsp12を聴くとjhのイヤホンなどに近い力強く迫力のある低音が出てくるようになりますw
flang v5のベースブーストはかなり偉大ですw
IMG_1487



◎分厚さ、密の詰まったリアルサウンド

自分でも他のba機を聴いててたまに感じてしまうのですが、奥行きが感じにくくどちらかというと平面的に聴こえてしまうなと言ったba型のデメリットとしてよく挙げられる点がありますが、そういったことを一切感じさせない、厚みのあるリアルなサウンドを奏でてくれます。

多baだからといってモニター感のあるサウンドでもなくリスニング向けの聴いてて楽しいサウンドに聴こえます。

アコースティックギターの細かい弦とのスクラッチやコードを搔き鳴らしたときの再現度、ピアノや弦楽器などの綺麗さはもちろん、個人的によく聴くメタル系の楽曲ではさも直接アンプの前で聴いてるかのような気持ちの良いディストーションサウンドが心を躍らせてくれました。

そしてアニソンにありがちなシンセ、エレキ、アコギ、ベース、打ち込み音源などを組み合わせた複雑なユニゾンを奏でる楽曲などももちろん聴きやすくなりますが、それだけに高音が刺さったりしてしまうのが残念にも感じます。

2019年4月14日、ウォーム感が増したことにより極端に音数多い曲だと暑苦しく窮屈に聴こえてしまうかなと感じてしまうようになりました。もちろん一般的な音数の曲、若干音数が多い曲くらいなら全然余裕で全て鳴らせています!

複数ドライバを積めば役割分担もでき、色んな音を細かく拾えるので当たり前っちゃ当たり前なのですが非常に音数が多く、こんな音がなっていたのか!や、このメロディは二つのメロディラインが重なって出来ているのか!などまだまだ音源について詳しく掘り下げることが出来るんだなとこのイヤホンのおかげで感動することが出来ました。

もちろんデメリットもあり、音源の粗をそのまま伝えてしまうという点も感じられました。もちろんflacやwavなどで取り込んだcd音源程度だと基本的に問題はないのですが、おまけトラックなどのしょぼい録音のlive音源だと非常にお粗末な音に聞こえてしまいました。ですがそのかわりにしっかりした録音のlive音源だとその場にいるかのようなリアル感を感じられます。

今の私の機材でsp12を聴くと本当にどこの楽器、どこのメロディも手に取って分析できるくらいに解像度が上がりました。
高解像度を謳っているdapやアンプなどを持っている方が使えばさらに解像度は上がると思います。


◎まとめ:優秀な中華多ドラ、高域の弱点を除けば万人受けしそう

 
現段階ではhckから単品での出品もまだですし正式な値段は発表されていませんがおそらくhckの現ラインナップを見る限り、いくら高くてもhk10やfr12などと同等くらいかそれより少し高めになると思われます。もしもnk10より安く正式に出品されたらかなり安い値段で多ドラをしっかり体験できる、かなり良いチョイスのイヤホンになるのではと思います。

自分はhk10おろかfr12は聴いたことがないのではっきとそれぞれの位置付けがわからないのですが、他の方のレビューを見る限り全体的に評価が高いnk10と似通っている点が多いなと感じます。特に多ドラながら明瞭感があるサウンドというのは全くの共通点だと思われます。ドライバ数の同じfr12はなぜか極端にレビューも少なく個人的に聞いた話だと低音が少ないという意見しか聞いたことがなくこの点ではsp12とははっきり違う点だなと思いました。

ドライバも目視する限りでははっきり(中、低域には)knowlesの刻印がされているドライバが入っており中身もしっかりこだわって作っていると感じられますので今後の価格設定が楽しみなイヤホンですね!


◎このイヤホンがオススメな方
・ひたすら高解像度を追い求める分析派の方
・音楽に没頭したい方
​ウォーム系のサウンドが好きな方
・明瞭感のあるサウンドを好む方
・多ドラを試してみたい方または多ドラが好きな方

※前回記述していた『複雑な曲を聴く方にオススメ』を消して、ウォーム系のサウンドが好きな方に変更いたしました。理由は前述の通りです。

◎評価
外観の質:★★★★★ 

低域の質:★★★★☆ 
中域の質:★★★★★ 
高域の質:★★★☆☆ 刺さりを感じるため

       音場:★★☆☆☆ 一般的な音場、窮屈さは感じない
   装着感:★★★★★ イヤピさえ合えば誰にでも合うと思う

   遮音性:★★★★★ 
   音漏れ:★★★★☆

総合評価:87点
この価格(3万後半から4万中盤)で完成度の高い多ドラらしいサウンドはかなり優秀。
明瞭感あり、どの帯域も必要十分、ウォーム感のある中域のサウンドは万人ウケしそうだがそれだけに高域の刺さり、若干の粗が気になる。



中華セラーイヤホンなので、リケーブル前提な部分はあるかもしれないので近いうちにまた試して追記したいと思っています。


◎最後に
今回は長い記事を読んでいただきありがとうございます。また機会があれば是非読んでいただけたら嬉しいです。











あーねんまつ、ふらんどです

前置きとかそういうのはさておきタイトル通りです

IMG_20181226_174104__01


はい、まあ自分への誕プレでも買おうかとヨドバシ寄ったらいつの間にか購入しておりました
ウマ娘コラボ品も発売しておりますがあえて通常版のダークグレイを購入

有名機種なので詳しいことは多く語るつもりはないですがなかなか良いDAPだと思います
巷では声DAPとか言われており確かにボーカル表現は惚れ惚れしますが、かといって他が悪いという訳でもなく全体的にバランス良くなっていると思いますね
個人的にはバランス接続時の音のが好きです

UIもAK機種では最新の物が使われているためサクサクと操作できるので今までマイナー中華DAP使っていた自分としては感動ものです

画面が斜めなのどうなのよ?って最初は思ってましたがいざ使ってみると右手で持っても左手で持っても不思議な事に使いやすく、普通にアリだと感じました

以上簡単に購入報告でした

今更ながらヘッドフォン祭の記事を書く男、ふらんどです

と言っても秋葉原の別用のついでによった感じなので今回はそこまで、と言うか全然聴いていなかったので正直記事を書くべきか悩んだのですが同日購入したケーブル紹介も兼ねて書いていこうかなと思い立ったわけですはい

以上言い訳終わり
IMG_20180428_075520
親の顔より見た建物

まずはアコエフさん
IMG_20180428_111143

IMG_20180428_110944
いつものラインナップの他に低音増しの試作品を2つ聴かせて頂きました
筐体自体は既存の物を使用しておりまだまだこれから音も変わるとの事

個人的に1枚目のYSM04流用の低音増しモデルのが音場や低域に負けない高域などで好みでしたね


IMG_20180428_113815
SHANLINGの新作DAP、M0です
画像右のM1と比べれば分かりますがめっちゃ小さいです
今までのDAPと異なりタッチパネルになっていますが操作性はぶっちゃけそこまで良いとは思えませんでした
そもそもホーム画面に戻るボタン表示とかも無く最初はかなり戸惑ったり…

音も悪くはないけど別段良いと言うほどでは無いと思います
ただこの小ささでOTG出力やBluetooth機能などもあるのでトラポとして重ねたり無線で気軽に聴くのにはかなり良いと思いました


IMG_20180428_120447

IMG_20180428_120507
新作イヤホンAZLA HORIZONです
正直最初に出たAZLAは装着感だったり低音増し増しだったりとそこまで良い印象を持っていなかったのですがこれはそこらへんが上手く解消されていてかなり好印象でした
装着感は向上し音もタイトな低音に中音域も出ておりなかなか良かったです

とまあ祭で聴いたのはこんなもんです
その後秋葉原に行ってこれを見に行って色々とグッズを買った後eイヤホンさんへ

最近買ったFA1というDAP用にバランス用のケーブルを探していたので色々と見てたのですがfitear用のケーブルってあまり置いてないんですねぇ
散々悩んだ結果購入したのはこれ

IMG_20180428_151557
Briseaudioさんのケーブルflex001です
これに425-435ストレート変換プラグを付けイヤホン端子側を少し削ってアコエフYSM-04/RSに装着

IMG_20180428_201133
イヤーフックはfinalの物をお借りしました

これでFA1の3.5mm4極AKピンアサインという邪悪な仕様のバランス接続を楽しむことがやっと出来るようになりました
IMG_20180429_122345
しかしこのケーブルやたら音良いですね
音に芯が通るというか純正の音をかなりグレードアップさせるというか

とまあそんな感じでした

お久しぶりです、ふらんどです。

我が愛機であるZiShan DSDが現在修理中でありサブDAPのwalnut V3やSHANLING M1などで聴いていたのですが何か面白みが足りなくなってきたので新たに中華DAPを購入しました。

それがこちらのF.Audio FA1でございます。

IMG_0754
どっかでみたような見た目で素敵
筐体上部に3.5mmアンバランスと3.5mm4極バランス端子(ピンアサインはAKバランスと同じ)があります。
ラインアウト専用端子はなくシステムからラインアウトモードに切り替えて使う感じです。
IMG_0755
クッソ安そうなリモコンが付属しており、このDAPなんと赤外線通信でリモコン操作が出来たりします。

ちなみに今回はmobile accessoryさんから購入しました。
なんと言っても特徴はDACに最高クラスのDACであるAK4497EQを搭載している所でしょうか。
もちろんDACだけで音の良し悪しが全て決まるものでもありませんが2万円代で買えるDAPとしては破格なのではと思います。

FWも結構な頻度で更新されており使い勝手も初期の頃より良くなっているそうです。
最新FWはこちら

対応ファイルは
DSD: DSD64, DSD128,DSD256 (DSF,DFF);
WAV: 192 kHz/32 bit;
FLAC: 192 kHz/24 bit;
APE: 96 kHz/24bit;
ALAC: 192 kHz/24 bit;
WMA、AAC、MP3、OGG

上記のように十分なものになっています。

とまあ前置きはこの辺にして簡単に良い点悪い点でも書いていきます。

良い点
・音は非常に良い
中華DAPにありがちなノイズなどは殆無く、音は若干低音寄りなもののクリアで一聴して素晴らしいと思ったほど。
ただし初期設定ではEQがHiFiという若干ドンシャリっぽい設定になっているのでカスタムEQでフラットにした上での感想。
音場も広めのように思う。

・UIがまとも
ただし”比較的”まともといった意味で
OS自体はFiio X1とほぼ同じ感じなので特に使う上で問題などは無いと思います。
IMG_0756
再生画面はこんな感じ

・電池持ちはそこそこ
公式でボリューム50画面オフ状態で12時間とあり、私も仕事の休憩中や帰宅中などで使っていますが3日ほどバッテリーはもったので十分かと

悪い点

・愉快な日本語
言語設定では英語、中国語、日本語とありますがやはりそこは中華DAP、愉快な日本語でした。

IMG_0757
エクスポローラー
じわじわ来るので逆に好きだったりもしますがw
気になる方は英語にした方が良いかもですね。

・しっかりしているようで少し怪しい筐体
筐体自体は金属製で重みもありしっかりしているのですがホイール状のボタンが触ると少しペコっとなる感じで若干怪しいです…
まあ個体差かもしれませんが

・反応速度
UI自体は割と普通ですが曲選択などでボタン操作するとどうにもワンテンポ遅れて動く感があります。
もうちょいサクサク動くようになればかなり使いやすいのですが…
アプデに期待

・電源を入れると直前に再生していた曲が自動再生される
ZiShan DSDの時もあった仕様?
イヤホン付けっぱで電源入れると場合によっては耳を痛める可能性も…
設定画面も見てみましたが該当の設定らしきものが特になくアプデに期待
もし見落としなら情報提供頼みます…

・microSDカード
公称256GBまでのmicroSDカードに対応していますが、FAT32のみの対応となっており本機でのフォーマットが必要…とのことでしたが普通にPCでFAT32にフォーマットしている普段使いのmicroSDカードを認識してくれたので普段中華DAPとか使っている人はあまり関係ないかも
AKプレイヤーなどで使っているmicroSDカードをそのまま使おうとしても認識しないかもってお話ですね
悪い点というよりは注意点か


とまあ若干気になる点もあるものの音質は本当に良くUIももたつきを除けばFiioのDAPとOSはほとんど同じ感じなので最近の比較的安価な中華DAPの中でも特に優秀なのではと思います。

以上F.Audio FA1でした。

皆様お久しぶりでございます。
ポタオデ100R(Twitter→@LETS_portable)でございます。

無事に卒業論文も書き終わり、残すは発表のみで大学を卒業となります。
皆様のご声援のおかげで早期卒業(本来なら4年間で卒業のところを3年で卒業)できそうです。
この場で感謝申し上げます。

卒業後は大学院に進学いたします。

さて、雑談はこのあたりにいたしまして、タイトルにあります通り、Zonotoneの電源ケーブル、6N2P-3.0 Meganeを導入いたしました。

スピーカーケーブルにもZonotoneの6NSP-Granster 2200αを利用しておりますが、初めてZonotoneを利用したその時から音の躍動感に惚れてしまい、見事にZonotone中毒者となっております。

さて、今回購入した電源ケーブルですが、現在使ってるCDプレーヤ、Panasonic(Technics)のSL-PS700用に購入いたしました。非常にケーブルが細かったので、お年玉で。


IMG_2151

こちらがパッケージになります。パッケージにも書いてあるとおり、6N(99.9999%)の純度の銅線が使われております。このケーブル、価格の割に結構贅沢な仕様となっておりまして、プラグにはロジウムメッキが施されております。ロジウムメッキそのものは剥がれやすいのですが、イヤホンやヘッドホンのプラグほど抜き挿しするわけでもないので、問題はないかと思います。

実際に装着。

IMG_2152

Zonotoneといえばやっぱりこの色ですよね。スピーカケーブルを買った理由も「色」でした。当時弱冠19歳の大学生がZonotoneを選ぶわけですから、オーディオ担当の方も「いいセンスしてますね」と褒めてくださいましたww

正直、この色は若者ウケがイイと思うんですけどね。。。

また、写真にはありませんが、コンセント側も機器側もプラグの極性がわかるよう、工夫が施されております。頻繁に抜き挿ししないものだからこそ、こういったユーザビリティには非常に感動いたします。

さて、肝心の音質レビューと行きましょう!!
いくつか聴いた楽曲を。まず1曲目。

deadmau5 feat. Rob Swire - Ghosts N Stuff


最初から音圧マシマシのドラムが効いた楽曲ですが、すぐに気づいたのは、EDMなどの非常に大きな音圧の再生に余裕が生まれました。

また、低域に奥行きが生まれました。最初は「あれ、低域スッカスカ。。。」と勘違いしたほどです。
最初は拍子抜けするかもしれませんが、よく聴くとしっかり低域も出てるんです。
「ボーカルとバックバンドの位置関係がより明確になった」と言った感じです。

次、行きましょう。

ハルカトミユキ - 近眼のゾンビ


重低音のベースがボーカルとハモる(『他人の部屋の中〜♪』から)この音楽。ケーブル導入後はベースが声の邪魔をしなくなりました。また、ボーカルの「頑張って、喉を閉めて」歌ってる感じも少なくなりました。

かなり小さいスピーカー(私はONKYOのD-55EXを愛用しております)を使ってる環境では、クロスオーバー周波数が低いことでベースの音の一部がツイータから分離して出たり、ボーカルの音の一部がウーファーから分離して出たりと、非常に音が被りやすくなってしまうのですが、電源ケーブル導入でこの被りが緩和されたように感じました。

「電源が環境のすべてを司る」といわれるオーディオの論理を再確認できました。

最後、行きます。

Miles Davis - So What


今までもジャズのCDは持ってましたが、ジャズのウッドベースの響きに惚れてしまいまして、最近はジャズを聴くことも増えました。個人的にはウッドベースでシステムのチェックをしています。

もともとスピーカーが小型なこともあって、低域の制動そのものは効いていたんですが、それに加えてMiles Davisのトランペットの音が耳障りではなくなりました。非常に全体の調和が取れており心地よいです。より鮮烈な高域を出すエリック宮城なんか聴いてみたくなります。


総評。想像していた変化ではありませんでしたが大満足です。
Zonotoneのスピーカーケーブルを導入した際は低域に厚みがでたので今回も同様の変化かと思いましたが、厚みではなく奥行きが出ています。これによって聴き疲れも少なくなりましたし、より充実したオーディオライフを送れそうです。

この冬で環境がかなり変化しておりますのでこれからもドシドシレビューを上げていきたいと思います!!

ここまで長文をお読みいただき、ありがとうございました。
それではみなさま、幸せなオーディオライフを!!ノシ

P.S. 現在、CDプレーヤ→アンプのRCAケーブルに自作のキンバーケーブルを使ってるけど、これもZonotoneにしようかなぁ。。。

↑このページのトップヘ