色んなオーオタが色んなレビューをするブログです(:3_ヽ)_



【ブログメンバー募集】

オーディオ系で自分のレビューとか意見を自由に書きたい方募集。(TwitterでFF関係の方のみでお願いします)

今後メンバーの好みに合わせてブログタイトルとかデザインも変えてく予定です。

2016年05月

こんにちはウルスです。
今回は中華イヤホン、ROSE technology社のROSE Margaretのレビューをします。
image
image
image
image


AliexspressでHCKさんから購入しました。198ドルにて販売されてますがアプリの方から購入すると166ドルになります。サイトはこちら

スペック
2枚目の写真から分かるとおり9.2mm+10mmのデュアルダイナミックイヤホンです。インピーダンスは16Ωで感度は108db、周波数特性は10-25000Hzで、コネクタはTF2pinです。またUEケーブルも使用できます。余談ですがUE純正ケーブルって低域すごい減りますね・・・

付属品はケーブルと写真の物です。装着感はそこそこいいです。遮音性はD2つにしてはなかなか良く地下鉄でも十分使えました。image


まずこのイヤホンですがエージング必須です。箱だしの状態だと定位がばらばらでやっちまったなと思うくらい酷いです。30時間程鳴らせばまともな音になると思います。

音質について
全体の音の傾向としては少し硬めで低域と高域の主張強めの弱ドンシャリです。そしてBAイヤホンと思えるくらいとても分離が良いです。

低域
なかなかに締まって強めです。量もそこそこありレスポンスも良いです。それに分離が良いので中高域に被っていませn。

中域
低域と高域が強めなので相対的にヴォーカルは少し弱めに感じますがまあまあ良いです。男性Voはあまり得意ではないですが女性ヴォーカルは伸びがあり聞いていて心地よいです。

高域
刺さる一歩手前くらいの刺激がありなおかつダイナミックらしい伸びがあります。そして分離が良いのでギターやピアノが鮮明に聞こえます。

まとめ
正直箱だしでは酷すぎたので期待してた分ショックも大きかったんですが鳴らしていくとかなり良くなってきて今ではお気に入りのイヤホンですw
中華イヤホンの中では高めで正直手が出しにくいとは思いますが、自分みたいな分離高めで低域強めな音が好きな人間ならおすすめできるし、全体的に見てもなかなかレベルの高い良いイヤホンだと思いました。


お久しぶりです、ウルスです。
Opus#1を購入したので軽くレビューします。

image
image


大まかなスペックは省くとして注目すべきはSDスロット二つ、バランス接続可能、光出力完備で操作性の良さかと思います。
重さは185gで最近のDAPの中では中ぐらいのサイズです。見た目はAK240に似てます。
あとラインアウトは無いので基本的に単体運用かなと思います。

音はなかなか良いです。中低域が濃厚な感じで線の太い音ですがそこまで癖は無く分離も解像度もいい感じです。
バランス接続すると低域が減って締まりがでてスッキリした音になるのでアンバランスと使い分けできそうです。

今だと数量限定でケースが付くらしいですがなかなか出来が良くてしっかりしてます。
image
image


この手のDAPは操作性が酷かったりバグが多かったりしますがOpus#1はUIのサクサクさや癖の無い音で万人におすすめ出来る物だと思いました。




続きを読む

初めまして。豆腐と申します。Twitter(@thunder9170)

これからイヤホン等を買った時にレビューしていきますのでよろしくお願い致します。

では、本題に入ります

jayfi様からサンプルを頂いてレビューしています。


































箱を開けるとイヤホンが登場



































付属品が思いの外多くて驚きました

僕が開封当時1番気になったのかコレ



































この時はコンプライのイヤーピースと思い込んで歓喜してました※本当はコンプライではないです



































FXT200にコンプライではなかったフォームチップを装着してみた

一応付けてみた感想

高音がこもります。低音は若干はっきりします。

コンプライも高音がこもるらしいですね〜

これがフォームチップの弱点か(_ _).。o○

話を戻します

このイヤホン、50時間エージングが必要らしいです。もう既に終えました。

試聴曲

地上の星/中島みゆき
未来予想図Ⅱ/DREAMS COME TRUE
3月9日/レミオロメン
ロストワンの号哭/Neru

※10点満点
高音域:7
中音域:7
低音域:5

高音域が結構出ていると思いました。
曲によっては刺さる感じも時々あります。ボーカロイド曲なら少なからずあるでしょう。
弱ドンシャリ、そんな感じでしょうか。
中音域も高音域と同等でしょう。
低音域は少ない感じがしました。
高音に押されている…ような気がします。
適しているジャンルはなんでしょうね、ロックにはあまり適していないと思いました。
地上の星、未来予想図llなどは特に問題なく聴けたので女性ボーカルかバラード等、静かめな曲にあっていると思います。
装着感などは良いです。寝ながら使うのには適していると思います。
FXT200は少し痛いのですが、JA10は痛くないです。
この価格の割には付属品も多いですし良いのでは、と思いました。

以上です。

閲覧頂きありがとうございました。










↑このページのトップヘ