色んなオーオタが色んなレビューをするブログです(:3_ヽ)_



【ブログメンバー募集】

オーディオ系で自分のレビューとか意見を自由に書きたい方募集。(TwitterでFF関係の方のみでお願いします)

今後メンバーの好みに合わせてブログタイトルとかデザインも変えてく予定です。

2015年07月

ペットの亀さんに毎日癒やされてます、フランドです
かれこれ10年ほど一緒に暮らしていればそりゃもう家族みたいなもんですよ

さて、昨日はお休みだったので日時指定してポチった物の配達を待つという平和な時間を過ごしておりました
CYMERA_20150721_115944

案の定いつものアフロ

今回買ったのは2つ
CYMERA_20150721_120256


まずはこちらダイナミック型イヤホンのHS1001
お値段約1.7万円とエントリークラスではやや高いかもしれませんが比較的手に取りやすいと思います
こちらはTwitterでフォロワーさん達から良い評判を聞いており、私も気になってはいたのですがなかなか購入は踏み込めず

今回やっと買う事となったのであります
音質などについてはまた後日…

2つ目はこれ
CYMERA_20150721_131641

CYMERA_20150721_131729

TTPOD T2というハイブリッド型のイヤホン
お値段はHS1001と同じでした

私がこれを買ったのは、まあ、そのデザインに惹かれてしまったんです()
CYMERA_20150721_133713

宝石のように多角形のようなデザイン、中の回路が透けて見えるなどこれだけでなんかビビビッと来ちゃったんです

音質などについてはまた(ry

新しいの買うのってワクワクしませんか?


どうもみなさんボンジュール。小鹿さんです。



【はじめに】

※おゆまるインプレは危険ですインプレ取る場合は自己責任でどうぞ

今回はおゆまるでインプレを取りました。
おゆまるはほとんど流動性がなく指で外から押し込んで型を取る為、正確な型は取れません。
僕の作るCIEMは耳奥までの型をそれほど重要視しない&手頃な為おゆまるを印象材として採用しました。





さて、今回僕はとても面白い素材を見つけたのでついにCIEMの自作に踏み込もうと思います。


しかし、ただ普通に人のノウハウとかを真似るだけでは面白くない。
それに聴覚系の構造を学ぶ者としてはやはり耳に優しいモノを作りたいと思い色々模索しています。


まずカスタムで大きな問題と言えばキチンとフィットしてない故の外耳炎。シリコンは別として

まずその問題を解決する為に僕はステム部分を短くしました。
しかし、ステムを短くすると言う事は装着感が落ち、それに伴い遮音性まで落ちてしまいます。
これは大きな問題でした。


この2つの大きな問題を解決する為に僕は他にない画期的な形のシェルを思い付きます。
それは三角窩(さんかくか)の部分のシェルを作る事でした。(インプレ上部)
この部分が設けられることにより確かな装着感が得られ、それに伴い遮音性も向上します。

そればかりかシェルを支える部分が増える為、ステムによる外耳道への負担を軽減させる事にも貢献しています。



とりあえずシェルはこういった形で作って行くと思います。

ドライバーも他にない個性的で挑戦的な構成をしていきたいと思います。


とにもかくにも、自作CIEMプロジェクト始動させていきます。
先程も言いましたが聴覚系の構造を学ぶ者として耳に優しいをモットーに掲げて行きたいです

…が試作品は明らかにダメな素材を使っていきます(



ある程度慣れてきたらキチンとした医療用の素材を使っていきたいですし
Twitterでお世話になっている方々にもモニターとして投げつけて行きたいです(



今は経済的に絶賛不安定なのでのんびりやってくつもりですのでよろしくお願いいたします。

いやー、最近の暑さはまさに夏って感じだね
フランドです
学生さんは三連休始まりから夏休みに突入している学校もあるとやらで羨ましいぜ

ただ私の家の前で朝から大声でバドミントンやってる小学生君、おじさんは朝弱いから静かにしておくれ

さて何か記事にしようかなって考えてたんですがしょうもない小ネタでも形にしてみようかと

CYMERA_20150721_010119

私のメインイヤンホFX850の純正イヤーピースとでも言うべきJVCのスパイラルドットピースです
見辛いですが中にディンプルがありゴルフボールの表面みたいになっています

曰くゴルフボールはディンプルが無いと飛距離は半分くらいにしかなんないとかなんとか
ディンプルがある事によりイヤーピース内の反射音などの改善などが出来るみたいですって
まあ詳しくは公式なりeイヤさんのブログなりで見れば?(適当)

んで遮音性やフィット感をより良くする為にこんな事をしている方が居るみたいです
まあ私もですが

CYMERA_20150721_010154

やるこたぁ単純、ソニーのノイズアイソレーションイヤーピースのスポンジをスパイラルドットに移植するだけ!
某所ではノイズアイソレーションスパイラルドットなんかと命名されていました

CYMERA_20150721_010223

確かに僅かですが遮音性は増します
またスポンジが入ったことによりフィット感も向上、した気がする…

以上、しょうもない小ネタでした()

昨日の会でSONYはオカルトだ!と話題の高音質microSD聴いてきたのでここに書き留めます。
microSDで音が変わるなんて嘘、0と1の信号でしかないから変わらないという主張が多いですが、ハッキリ言って変わります!

ZX2でDaft PunkのGet LuckyとLinda RonstadtのWhat's Newを聴いた。

試聴に使ったのはDN-19。解像度は程よい高さでどれもいい音に聞こえてしまうが慣れているイヤホンなのでこちらをチョイス。

SONY純正の普通のmicroSDと高音質のやつを聴き比べ。

まず純正から。低域のドライブが凄く、かつ中域は滑らか。

そして高音質に変えた。イヤホンの種類や聴き比べ用のmicroSDが同じSONYなことがあったので一瞬ではわからなかった。
しかし確かに違いは感じた。
Get Luckyのベースのウネリが少なくなってドライブ感が減り、優しく細めの音になった。当然高域の方も細くなってこれが高音質かと驚いてしまった。

Justearの松尾さんは居酒屋で聴いても一瞬で違いがわかったそうだ。

どうやら開発者さん曰くZX2用にチューニングした音らしい。このmicroSDでHi-Fiの音に近づいてるなぁと感じたのはそういうことだろう。

音が変わるのはデジタルでもノイズが発生するからだ。
転送速度を速くするためにはより多くの電流を流すことになる。そうすると電気ノイズが発生して音の歪みに繋がる。
しかしオーディオには一般のmicroSDほど速度はいらない。
そしてこの高音質microSDはその速度、電流の流す量を調整したりして音の歪を減らしてこの音を実現しているのだ。

ちなみにその歪みをコントロールしてロック向けにしたりとか、テクノ向けにしたりだとか技術的には可能であるそう。

曲によっては「ロスレス持っているのにハイレゾ音源を買うという行為」よりも音の違いがわかりやすいかもしれない。

5/18 Justearの松尾伴大さんと、東京ヒヤリングケアセンターの店長さん主催のイベントに行ってきました!

ウォークマンの製作陣が勢ぞろいだった。こんなに集まることはかなりレアだ。
印象としてはかなり気さくな感じで結構グレーなことも喋ってくれ、かなりウォークマンに誇りを持ってるという感じ。
プライベートな時間を我々のために割いて頂いてありがとうございます!

さて、本題だが。
ウォークマンの一番の魅力はS-MASTERというデジアン。アナログにはない正確な音を出すにはこれが一番だと彼らは考えている。歪み感が出てると批判を受けたそうだが、歪みのある音源をアナログで聴いてみるとそこが綺麗に聞こえるがデジアンはそこをしっかり出してくれているのがわかったそう。
これは憶測だが、ウォークマンはこれからもデジアンで頑張って行くだろう。

というのもウォークマンの設計思想として今ある技術を生かし、より良いものを仕上げていくというのが根本にあるらしい。それは一見すると悪いことにも聞こえるが、膨大なお金をかけて仕上げているデジアンをより良いものにするためにかなり時間と労力を割いて、さらに新しいものを開発してブラッシュアップしていくという。。。
これはラインナップや信頼などを持ったソニーにしかできないと本人も自負しているそう。
























これはZX2の構造らしい。(海外ではもう見せてるらしいのでたぶん公開して大丈夫なはず…!)

銅を使った方が音がいいという実験結果が出ていて、できる限り外側のシャーシも銅を使いたいがサビてはいけないのでアルミニウム。ここはしょうがない。
この金色のやつは実は銅だ。これがウォークマンの音質の支えになっているらしい。
また、ZX2の開発をしててわかったのがバッテリーの容量を増やすことで音質の向上が見られたらしい。
電力の瞬間出力が上がるため、レスポンスは速く、ぶ厚さが増す。
また、バッテリーに使われてるケーブルも特殊で太いものを使っているそう。

ここだけの話、ソニー側からは拒否されたがわざわざマレーシアの方まで出向いてこの太いケーブルを許可してもらいに行ったんだとか。

それぞれのパーツは特注品でそれぞれ技術屋さんと共同開発しているそうだ。
これから益々ウォークマンの音質は向上して行くだろう。

他にも書きたいことがたくさんあるが、
イベントではこれ以上は質問スタイルだったため、このブログでも質問形式にしようと思う。
是非コメントで質問してほしい。

↑このページのトップヘ