こんちゃ、とてもお久しぶりです!F69/マーサです
今回は僕がいま一番愛用してるイヤホンの魅力を多くの人にお伝えしたくこちらの共有ブログのほうでレビュー記事を投稿します!
_20170422_165134
JVC HA-FX99X
空前絶後のォォォォ!!!超絶怒涛の野心に溢れたサウンド!!!
重低音を愛し重低音に愛されたイヤホン!
重低音! タフボディ! ハイレゾ!
XXシリーズの王者にしてXXシリーズ随一の優しさと強さを兼ね備えたモデル!
その名もFX99Xだァァァァ!!!!


テンション上げすぎました(;・∀・)
気を取り直してFX99Xの魅力を詳しく紹介していきます

ちなみに私のいま使ってるFX99Xは約2ヶ月ほぼ毎日使っているもので何時間鳴らしたか把握してないですwたぶん200時間は鳴らしてるんじゃないかなと

JVCのXXシリーズといえばHA-FX3Xから始まった重低音×タフボディをコンセプトにしたモデルですね
今回紹介してるFX99XはXXシリーズの現ハイエンドモデルであり初のハイレゾ対応モデル
標準イヤーピースにスパイラルドットが装着されていて良い音を鳴らしてくれそうな雰囲気が感じられますね

FX99Xの魅力についてじつは先のサンシャイン池崎風の紹介の中にぎゅっと凝縮してあるんです
開封したてからつい最近までの印象は重低音イヤホンにしては大人しい・落ち着いた音だなって
ただし弱々しいと思ったことは一度もありません!見た目はタフなアルミボディでヤンチャで強そうな音を鳴らしそう
でも実際は思ったよりもキツい音じゃない、意外と聴き心地の良い音
そしてつい最近この大人しそうな皮に包まれていたFX99Xの野心みたいなものが目覚めてきた感がありおもしろいことになってきてますw
やはりFX3Xから受け継がれているXXシリーズの遺伝子がFX99Xにもあるのかな
聴き心地の良さを崩さない程度に少し尖った音を出すようになりました
この野心のある音については後ほど

重低音イヤホンにしてはバランスの良さが上手い!
まるで低域・中域・高域すべての音が仲が良いみたいな、重低音イヤホンにありがちな強力な低音で中高域が潰されることがないです
あと不自然なドンシャリということもなくナチュラルで鮮明なボーカルが聴けます

このイヤホンの主役でありながら主張しすぎない優しくて強い重低音
いままでいろんな重低音イヤホンを使ったことがありますがこんなに丁寧で落ち着いた重低音を鳴らしてくれるイヤホンはこのFX99Xが初めてです
重低音を謳ってないイヤホンより低音の量感は少ないと思うほど
FX99Xは量感ではなく質で聴かせる重低音であることが一番の特徴だと思います
ボワつきのない、モニター系ほどではない程度にクッキリした低音で解像度がとても高いです
ドラムのスネア・バスドラムやベースの音の区別がしっかりつけることができたり
テクノ系でいろんな低音が入り混じった曲でもそれぞれの低音がどんなふうになっているかわかったり
こう書くとモニターっぽい音と思われてしまうかもしれないですがFX99Xはリスニング的に聴かせる躍動感のある音で楽しく聴くことができます!
たとえばドラムの音だとモニター系だとバシ!と聴こえる音がFX99Xだとバシッッンと生々しい余韻まで聴こえるようです
音の余韻はアルミハウジングらしい固くもほのかな柔らかさもあるキレのある余韻を鳴らしてくれます
 あと低音の深みも絶妙に良いですね、低音の深みが特徴的なイヤホンもありますがそういったものは特定のジャンルにしか似合わないってことが多いと思うのですがFX99Xの素晴らしきところは深み表現がありつつもどんなジャンルでも似合うというところ
全体の音のバランスを崩さない程度の深みのある低音を鳴らしてくれるのがとても絶妙で好きです!

中高域はアルミハウジングらしいクールさがあり丁寧な印象
ボーカルは閉塞感がなく刺さらずに鼓膜に少しツンとくる程度の伸びやかさが気持ちいいです
生温いってことはなくクールでほのかに人肌の温もりを含んでいるおかげでナチュラルなボーカルが味わえます
高域はすごく粒立ちの良い音というわけではないですが解像度は充分にあり繊細で丁寧です
低域・中域と一緒に鳴ったときにまとまりのある音で丁度いいと感じるはず

音場は程々に清々しさを感じる閉塞感のない感じで息苦しいみたいなことはないですね
音の距離感がある程度わかる程度の広さはあります
音が離れすぎて密度感が乏しくならない、まとまりのある音が聴いていて落ち着くし気持ちいいです

FX99Xは重低音イヤホンですがぜひいろんなジャンルで楽しんでほしいです
重低音が似合うジャンル、ロックやEDMはもちろんですが
重低音で聴くべきじゃないだろうってジャンル、ボーカルものやジャズなんかがおもしろいんですw
量感で主張しない重低音のおかげでいままでと違った楽しみ方ができると思います
実際に僕はこのFX99Xであらゆるジャンルを気持ちよく楽しく聴いてます♪
ただしイヤホンの特徴的にややクールな傾向の音なのでクールかウォームかの好みの問題は少しあるかもです(^^;

じっくり聴いて感じるFX99Xの野心に溢れた音について
使い始めは本当に重低音イヤホンらしからぬナチュラルで落ち着いたイヤホンと思って良い意味で期待を裏切られた音で喜んでいたのですが
じっくり鳴らしこんでいくうちに眠っていた野心みたいなものが目覚めつつあるような気がしてきたのです
ただの大人しい重低音と思われては満足できないと言わんばかりにじわりと尖った個性を醸し出すように
特にそう感じるのは僕の大好きなハードロックを聴いている時で、聴きつかれしない音なんだけどギターやボーカルが少し攻めの性格を感じさせるようになってきてビビッときましたね♪
例えばLiSAのような可愛い見た目の内に宿る強い野心が溢れるような音楽をかき鳴らしてくれるような魅力がたまらなくおもしろい!!
あとけいおん!のNo, Tank You!とかDon't say "lazy"といった曲の内にある野心がすごく溢れてきて楽しいですね!!
本当にいろんなお気に入りの曲たちの隠れた野心みたいな部分を曝け出してくれる
まさに空前絶後の野心に溢れたイヤホンと言いたくなってしまう

興味を持たれた方はぜひこのHA-FX99X聴いてみてください!
ではお久しぶりのF69/マーサでした