どうもこんばんは!小鹿です(:3_ヽ)_
Twitterを休んで半月くらい経ちましたが情報が入ってきませんね。笑
まぁお陰で散財が少なく済むんですけどね(


さて、本日レビューするのは僕が神と崇めるオーディオメーカーHIFIMANより新たな刺客、
image

MegaMiniです(:3_ヽ)_

価格からするとついこの前販売されたsupermini
image

の下位モデルかな?と感じますが全く別物と考えていいと思います(:3_ヽ)_


因みにsuper miniのレビューはコチラ

まず機能面から見ていくと……


image

MegaMini君、カラーじゃないか……!(アルバムアートワークにも対応してます)
電光掲示板チックな表示だったsuperminiと比べてかなり見やすくなった気がします(:3_ヽ)_

ジャック部
image

superminiは3.5mmバランスプラグ対応でしたがMegaMiniではバランス接続不可となっています(:3_ヽ)_
手持ちのイヤホンほとんどアンバランスなのでまぁ僕的に困るとかはないですね。笑


そういや既に気づいてる方もいると思いますがsuperminiで側面にあった"戻る"ボタン
image
ですが全面に並びましたね(:3_ヽ)_
こっちのが操作しやすいと思います。笑



肝心なのは音!
いつもどーりの音質レビューです(:3_ヽ)_
image

今回は1216.earsより3RMでのレビューになります(:3_ヽ)_
そういや近々1216.earsの(おそらく)未流出の情報と新イヤホンのレビューも書きますがそれはまた別の記事で……

試聴曲は
明滅する/眩暈SIREN

MegaMiniで音楽を聴いていて感じる音は元気でノリのいいサウンドです。
全体的な押し出しが強く、元気なサウンドですね、高域がやや刺激的な気がします。

フラットで歯切れよく、スッキリ見晴らしの良い音の3RMと相まってかなりスピードが早く感じます。
ロックやポップスなどは聴いていて爽快ですが、まったりとしたジャズやオペラなどはあまり向いてないように感じます。

superminiの音のバランスは傾斜の急なピラミッドと表しましたがMegaMiniは僅かに真ん中がくびれた長方形バランス、カンタンに言ってしまえば最初から言えよドンシャリ傾向にあると思います。


ま、言うまでもなく約30000円でこのレベルは凄いです、、
入門〜中級までこいつだけで行けそうなくらいに、、もちろん沼の奥底にはHM901sが待ち構えている訳ですが。笑


ここで唐突ですが手持ちのイヤホン試した中でオススメの組み合わせを少しご紹介(:3_ヽ)_

まずはATH-CKM1000
image

高域ジャンキーなら間違えなくハマる音になりました♨
ジャッキーン!と鋭い高域に上質な弾みの低域がドンシャリ愛好家のheartを射抜きます、、


お次はIE-20XB
image

脳室を揺さぶる低域×スピード感でライブハウスさながらの"ノレる音"が生まれました!
音量上げすぎ注意です⚠


こう見てみるとなかなかクセのあるイヤホンと相性がいいみたいですね。笑
いやしかし、もちろんMegaMiniはどんなイヤホンでもその元気ハツラツサウンドを聴かせてくれます。オススメのDAPがまた1台増えました(:3_ヽ)_

次の記事は1216.ears二本立てになりそうです(:3_ヽ)_
それではまた✋