どうもどうも、遅くなりました小鹿です(´・_・`)

今回はいよいよ完成編(シェル作成〜完成)になります!

この記事ど〜りに作るとer〇sみたいなカスタムができるかも……?


http://wktk-murasa.blog.jp/archives/1053264471.html←準備編(道具〜メス型作成)はコチラ


♨️おことわり♨️
ご自身で製作されたCIEMによる外耳道損傷、外耳炎、アレルギー症状、難聴等、一切の責任を負いません。予めご了承ください。

申し訳ございません
最初のカスタムにしてはやや変な物になってしまってます(・_・)
真面目なものを恐らくeイヤさんが後日upしてくると思ったので僕はちょっと面白いの作ってみました(


てなわけで参りましょう

♨️ステップ3♨️
シェルをつくろう(ついでにフェイスプレートも)

前回、メス型まで作りましたね?

ここにレジンを流し込んでUVライトに当てて行くのですが、上が固まってしまっては困るので光を遮るモノを用意しましょう。

こんなビンのフタでも結構です
(後撮りの為メス型にレジンを入れていません)

そんでもってこう(
硬化方法や硬化時間は人それぞれです、自分の好きな厚さになるまで色々試行錯誤しましょう(無慈悲)

中に残ってるレジンは再利用できるのでリバース、僕は蓋付きのコーヒーの缶に入れてます


そしてひっくり返して樹脂を完全に硬化させます。


はい、完成〜★

ではないです、加工していきます。
MMCXコネクタを固定する位置に凹みを、そしてシェルに音導管を通す穴を開けます。
今回は音導管の都合上2.2mm程度の穴を開けました。


ここは自由なんですが僕はこの過程でフェイスプレートも作っちゃいます。

僕はギターピックとかで作ってるんですがこう、重ねてはみ出てる部分を削ってます。

♨️ステップ4♨️
・ドライバー&ネットワーク作成、配線

今回、BAドライバーで王道を征くED29689 1発で勝負して行こうと思います。


ここで普通のモノを作っては面白くないと僕の謎のプライドが炸裂してしまいました(


部品をちょっと追加します(

・抵抗 100Ω×2
今回はオーディオクラス金属皮膜抵抗のREY25FYを使用しました。



・金属パイプ 2×6mm


・ER38-50


僕が何をしようとしてるのか……
オーオタの皆様なら「ビビビッ」っと来るハズです……


てなわけで……

MMCXコネクタと抵抗とドライバーをフュージョンさせます。

内部配線↓



ハンダ付けをした後、きちんと音が出るか確認してからハンダ付けした部分を樹脂で固定してしまいます。
折角ハンダ付けしたのに実装の時に外れると絶望しますからね(
ハンダパットごと固めちゃいましょう。

ただ一部のBAドライバーやDドラは低音の量感を増すためにベント(穴)が空いてたりします。それを埋めないように注意しましょう。



そして先程の金属パイプにER38-50をぶ一ち込み


ドライバーにフィルター側を取り付け樹脂固定。
樹脂を固定する時はフィルターやBAドライバーの音導孔に流れ込まないように細心の注意を払ってください。

 ぐらつかせないように……


♨️ステップ5♨️
・実装、磨き上げ、コーティング

ここまで来ればあと一息です(:3_ヽ)_

シェルに作ったドライバーをぶち込み、
ドライバー、抵抗、MMCXを固定。

あと個人的に樹脂充填が好きなので気泡がなるべく出来ないように流し込み硬化!

そしてフェイスプレートを樹脂で固定!!


え?画像???
撮るの忘れてました(・_・)
すいません……


ここでシェルとフェイスプレートをツルピカにするんですが
磨き上げる派、コーティング派、両方する派

の3派に分かれます。

個人的な見解ですが
シェルの綺麗さは
磨き上げ<コーティング

しかしコーティングはコーティング剤が剥離するかも知れないリスクもあります。因みに僕は両方してます。

因みにコーティングの効果はこんな感じですね、

←コーティング済   未コーティング→


そしてコーティング剤と言っても作ってるメーカーや自作erさんによって使っているものは様々です。これも自分にとってのベストを見つけましょう(無慈悲)


そんで完成したのがコレ!

ンン〜!満足也!

今回の記事ですが結構テキトーなテンションで書き進めてしまいました、申し訳ございません

もし、分からないところ、不備などありましたらTwitterやコメントでご指摘お願いしますm(_ _)m

それでは!良き自作ライフを!