こんちゃ、愛する音楽は楽しく聴けなきゃ!
マーサです 

ついに、ついに私アレを手にしました 
音楽を魅力的に鳴らすDAPを探してもうこれしかないと思えたDAPがこちら

1448193984997340914655
LOTOO PAW5000

このDAPとの出会いはもう運命だと思ってますw
僕の音楽の楽しみ方ととってもマッチしているのです
今回はまだ使い始めて数日ですが現時点での感想を書いてみます

音の感想の前に数日あれこれ触って感じたことを少し
操作性はすべて物理ボタンで少々癖があるものの慣れればとてもサクサクです
電源のオンオフはものの数秒、曲選択やイコライザ変更などストレスフリーでひょいとできてしまう
あととっても軽くてコンパクト、気軽に持ち運べるのは何気に良い
このメカメカしいデザインも独特で気に入ってます
曲の転送速度(付属のUSB3.0)も結構速いほうだと思います
ドラック&ドロップ転送でアルバム1枚(FLAC)約30秒くらいあればできました

では音のほうに
まず第一にこのDAPは音楽を気持ちよく聴かせることに特化した音作りになってます
最近は高解像度なDAPというものが多いですがPAW5000はまさしく音楽的
もちろん解像度は値段相応・それ以上なのは間違いないですが一番の魅力はそこじゃないんです
僕がよく言ってる‘音楽は解像度の高さだけでは楽しめない’ということをまんま音で訴えるようなDAP
高解像度を伴いながら音楽を情熱的に鳴らす
これがPAW5000の音の一番の魅力かなと
音がとてもイキイキとして人肌の温もりのような優しさがある
解像度高いけど解像感をあまり推してこない、解像度よりも聴き心地のほうが印象的でカッチリでもなくまったりでもどっしりでもない
バランスはフラットではなくややピラミッドかな
音楽に込められた愛・熱を感じるよう
ウォームぽいけどそこまでウォームではなく自然な温かさ
音場はすごい広いというよりはじんわりと広い
もちろんイヤホン変えることでの音の違いが一番強いですがいろんなイヤホンで聴いてみて概ねこんな感触かなと思います

いろいろ曲入れ込んで聴いてて気づいたのが音源ソースの良し悪しがはっきりわかること
良い音源ソースだとしっかり作りこまれてるのがわかるのに対し音源ソースが悪いものだとなんかいま一つ物足りなさを感じました
ここは上位のPAW GOLDと同じ血筋をもった実力機であることを感じます
解像度だけじゃないといいつつもこういった部分に抜かりがないのはさすがですね

あとPAW5000の使いこなしで重要なのがイコライザー
イコライザーオフだとイヤホンによっては本来の良さを引き出せないものが多い
曲・イヤホンヘッドホンにふさわしいイコライザを選ぶことで見違えるような音に
そんな例がこちら
IMG_20151119_132407
僕の愛してやまないHeaven Ⅱです
最初イコライザーオフで聴いてた時には飛び跳ねるほどすごいとは思えなかったんですが
イコライザーでROCKにしていざロック系の曲聴いたらもうドンピシャ過ぎてはしゃぎましたww
EQ:ROCKでHeaven Ⅱ繋げてロック聴いたらいままでのHeaven Ⅱとは見違えるような音でびっくりしました
Heaven Ⅱの魅力を120%引き出してくれるよう
ロック聴いた時のその音はとてもザクザクしたエレキギターに人によってはキツイ高域、D型顔負けのしっかりした低音
してなによりライブで音を浴びるかのようなゾクゾクする楽しい音♪
イコライザー大いに活用すべきDAPだと思いました
それでHeaven Ⅱでいろんな曲・ジャンルでEQを試してみました
そしたらいままでHeavne Ⅱで似合わなかったテクノなんかもドンピシャな音になって感動しました
そこらの重低音イヤホンで聴くよりうんと楽しく聴ける音だと思います
シングルBA型なのにD型顔負けのズーンと体に沁みこむようなシンセベース、広い音場に音が散りばんでる

こんなふうにPAW5000のイコライザーは自然と使いたくなります
イコライザーの変更は再生メイン画面から慣れれば数秒でひょいと変えられます

最後にPAW5000でやりたい妄想をぼそっと
DSC_0972

PAW5000にはバランス接続端子がついてるんですよねぇ
ここにeイヤクリニックでHeaven Ⅱバランス化カスタマイズしてもらったもの繋げて聴くという妄想をしてますw
実際にできるかまだわかりませんができそうなら近日中に依頼してみようかなと思います
バランス化したHeaven ⅡをPAW5000に繋げて聴く、絶品の予感しかしないです♪

PAW5000はぜひ音楽を愛してる人に手にしてほしいDAPですね
音楽の大事な魅力を存分に味わます
まだ使い始めて間もないので使い込んでいくのが楽しみです
このブログでレビューするイヤホンはPAW5000メインで聴いた感想になっていきそうです

ではでは♪