こんちゃ、マーサです
個性は比較することで輝くもの
今回は最近気に入っている愛機3機種の比較レビューをしたいと思います

IMG_20151031_201027
 
     

今回紹介する愛機たちの音のイメージを漢字1文字で表したものです
 では1つずつ紹介します

凛   IMG_20151024_234316

RHA S500
3機種の中では一番凛として美しい音
コンパクトな見た目に見合わぬ強さも持ってる
D型ながらBA型のような鳴り方にはビックリ
してエレキギターをエレキギターらしく鳴らすならS500が一番得意だったりします
ボーカルは刺さらずに鮮明な鳴り
BA型のような鳴りとは言ったもののD型にしか出せない沈み込み・弾力感も持ち合わせている絶妙さ
後に紹介しますHeaven Ⅱよりも繊細で粒立ちの良い音で約¥6,000という価格とは思えない音
ハイエンドクラスたちの貫禄のある鳴り方には及ばないもののハイエンドクラスに匹敵する実力の持ち主
音楽を美しく綺麗に鳴らすならS500をチョイスしたい

荒 DSC_0932

final Heaven Ⅱ
3機種の中で一番ワイルドで熱く音楽を奏でる、そして僕が一番愛してるイヤホン
繊細さや解像度は3機種の中で一番劣るものの音楽を情熱的に鳴らしてくれるのがHeaven Ⅱ
他の2機種と明らかに違うのが音の空気の厚み・量
シングルBAながらfinla独自のBAM機構によって空気感・奥行きのある音が楽しめる
finalらしいライブ感のある音でライブで音を浴びるかのような空気感を伴った音で聴く者をノリノリにさせる
解像度あることはもちろん大事だが解像度を求めるだけでは音楽を楽しく聴けない
Heaven Ⅱ独特のクールでざらついた感触の音が絶妙なスパイスとして音楽をおいしく聴かせる
時には荒ぶるような音に身を投げ出して思うがままに頭を振ろうではないか
クールな顔して熱く荒ぶるように音楽を奏でる、それがHeaven Ⅱだ!

真 DSC_0929

YAMAHA EPH-100
音楽の真の姿を教えてくれるイヤホン
総合能力では3機種の中では明らかに一番、してモニターっぽい音
無機質で色艶がないものの余計な味付けがなく音楽を正しい姿で見せてくれる
解像度・音場・空気感・硬さ柔らかさ・低音の量感 すべてにおいて標準・スタンダードな音
じんわりとした表現も弾力感も余韻も金属的な響きも生々しさもある
それでいてどこかが突出したような音は鳴らさない
あくまで音楽を正しく鳴らすことに徹している
ジャンルによっては(クラシック・ジャズなど)スピーカーに匹敵する聴き心地
いろんなイヤホンを聴いてきて標準的な音がわからくなった、お気に入りの音楽の正しい姿を知りたい
そんな時にEPH-100がきっと応えてくれる


3機種それぞれ簡単にですが音の性格の違いなど述べてみました
いずれも僕が日頃愛用してるイヤホンたちで3つともお気に入りのハードロックを違った聴かせ方で楽しく聴けます
1つのお気に入りのイヤホンを使い続けるのもいいんですがずっと同じものを使ってると飽きたり良さがわからなくなったりするかなと
そんな時に違う傾向の音を聴くと刺激的だったり元々持ってるイヤホンの良さに改めて気づかされたりします
イヤホンスパイラルを楽しむコツは浮気することじゃないかなって思ったりw
浮気しても手持ちイヤホンへの愛が冷めなかったならそのイヤホンは本当に愛してるものでしょう

同じ性格の音に拘らずいろんな音に触れることで新たな音の世界を味わってみては
未知の音との遭遇ほど楽しいものはないです♪

では(たぶん次の記事ではアコエフのレビュー書く予定です)