色んなオーオタが色んなレビューをするブログです(:3_ヽ)_



【ブログメンバー募集】

オーディオ系で自分のレビューとか意見を自由に書きたい方募集。(TwitterでFF関係の方のみでお願いします)

今後メンバーの好みに合わせてブログタイトルとかデザインも変えてく予定です。

オーテクのよくわからないヘッドホンといえば私、というイメージがそろそろ定着してきた頃でしょうか。
白猫です。

今回はAT-703というヘッドホンを買いましたので記事を書いていきたいと思います。
タイトルに初と書きましたが、自分が調べた限りだとこれ以上古いヘッドホンの製品が見つからないので一応初ということにさせていただきます。

今回はメルカリでこのヘッドホンを購入、4000円とかなりお買い得でした。
 AT-703は当時のダイナミック機の中では最上位の機種で、11500円だったそうです。発売が1974年ですので当時の物価的にはかなり高かったのではないかと思います。

また、お気づきの方もいるかと思いますが、ヘッドホンにもかかわらず型番がATH-ではなくAT-という今でいう主にアクセサリー類に充てられる型番となっております。 
どうやらこのAT-で始まるヘッドホンはAT-701~706,714だけのようです。 

では本体を見ていきましょう。
image
 2016-11-01-21-56-16
全体的な見た目としては、まさしくレトロヘッドホンといった感じでおしゃれな風にも感じます。
ハウジングは金属製で高級感を醸し出しています。 
 2016-11-07-22-27-39
プラグは標準プラグです。ミニプラグへの変換アダプターも付属していましたが、なぜかモノラルへ変換するアダプターでした。なぜなのでしょう・・・理由がわかる方は教えていただければと思います。
それとケーブルはカールコードを採用していてかなり長いです
image

 ヘッドバンドは革っぽいです。また、HD25のように二つにぱっくり割れるタイプを採用しています。
2016-11-01-22-49-34
 オンイヤーのようです。
装着しているとあったかくなってきます。

そして音質についてですが、全体的に解像度が低くボーカルが近いという印象です。
ATH-7,70もボーカルが近めだったので昔のオーテクはボーカルが近いヘッドホンを作る傾向にあったのかもしれません。
コンデンサー型ほどの感動はありませんでしたが、これだけ古いのにそこそこの音はなってるなぁと感心しました。

以上、AT-703についての記事でした。
白猫がお送りしました。
それではまた 。

どーもお久しぶりですウルスです
Rose Margaret 3Dが届いたので適当に呟いていきます

image
image


3Dプリンタでの作成ですので色の変更はできるようです。自分はなんとなく黒フェイスプレートと黒透明のシェルで頼みました。それとコネクタはMMCXでお願いしました。

音はまあ相変わらずカッチカチな感じです。旧Margaretと比較すると多少は良くなっています。それとステムの向きの角度が押さえられ装着感はかなり良くなっています。あとベントの位置がコネクタ付近に変更されてます。

image
image
image
image


以上です。

後編です
あまり記事が長いとスクロール大変かなと思い前後編で書いてみることにしました
日本ディックスさんのブースにてA2Pさんのアナログアンプ〇六が展示されてたので聴かせて頂きました20161023_113054501

……
………
うおおおおおおお何だこれメッチャボーカル綺麗に響くぞエロいぞ何なんだこれはあああああああああ!
って感じで一人悶ておりました
所持者の方に以前聴かせて頂いた事もありますがやはり良い音です
真空管らしい滑らかな音と言いますか…
マイクロフォニックノイズなんかも気にならないのもポイントですね
ただ、やはりデカイ…
私の三段の横幅倍程はあるのでは無いでしょうか

同ブースでAcoustuneさんのイヤホンも展示されていたのでこちらも試聴
ボーカル及びその伸びに合うのは無いかと訪ねて出てきたのがこちら試作品の1510
20161023_113530750
今までのシリーズとは異なり完全に耳掛け式な形、そしてリケーブル対応になってますね
ケーブルもかっこいい
筐体の作り方なんかもかなり拘りあるみたいです
耳への収まりは良好でボーカルもはっきり、ちゃんと伸びている感じで好印象でした

お次はレコード針のナガオカ様
なんとフィルターにルビーを使用したイヤホンを参考出展しているとのことで早速聴いてまいりました
20161023_114355943
ちょいと写真じゃ分かりにくいかもしれませんが内部のルビーが見えてます
私こういう見た目の大好き
音はやや澄んだ高域で個人的にはもうちょい音の抜けがあっても良いところ
後は低音量は充分かと思いますがややボヤついてる感が少しあったのでその旨お伝えさせて頂きました
今後が楽しみですね

次はCYBERDRIVEさんのSeiun Player Pro X
20161023_115642574
20161023_115658991
何かと話題なDAPです
意外と\デケエ!/
今回は個人のSDでは聴けないとのことだったので内蔵の音源で試聴
自分の好きな曲で聴けなかったので何とも言い難いですが良い音なんじゃないかなぁと思いました

Astell&Kern × JH Audioコラボの新イヤホンMichelleです
20161023_120001385
20161023_120012652
形はTrifiに似てますね
個人的にTrifiはあまり好みでは無かったので失礼ながらあまり期待していなかったのですがこれは結構良かったと思います
意外とスッキリした音で聴きやすいですね

20161023_121014966
AUDEZEさんの平面駆動型イヤホンiSINEの20を試聴しました
下のモデル10もあったのですが数に限りがある上試聴は5分だけだったので20の方だけ
いやもうこれ凄いですね
イヤホンなのに開放型のヘッドホンみたいな音してイヤホン特有の閉塞感が感じられず面白い
ただし、やはりというか音漏れは結構ありますね
電車内なんかでは使用は難しいかも

お次はCampfire Audioより新機種三種
LYRAⅡ
20161023_131014369
DORADO
20161023_131443797
VEGA
20161023_131804931
今までのよりも何か丸い形になりましたね
LYRAⅡは割りかし派手目な音だったかと思います
DORADOは結構カッチリした音
VEGAは個人的には正直よく分からんかったです…
何かキレがないというか…

20161023_135358541
20161023_135347020
須山さんのFit Ear TITANです
製作条件なんかが話題になってましたね
まさかの金属カスタムイヤホン
試聴してみたのですがノズルが短い関係で装着に難があり両手で抑えながら聴かないと低音が逃げてスカッスカな音になってしまいまともに聴けなかったので無評価です


20161023_142000459
20161023_141844264
お馴染みJusut earさんの祭限定モデルです
ボーカルを重視したチューニングとなってますが、かと言って高域や低域が犠牲になっているわけではなくあくまで自然に、且つボーカルを少し厚めにエロく響かせる感じでした(?)

以上が祭で私が回って試聴させて頂いた物でございます
以下番外編

20161023_123446881
このブログのリーダー小鹿氏が先日記事にした記憶が新しい1216ears. 3RMを祭に持ってきてくれた方がいらっしゃったの聴かせて頂きました
…あなたホントに三万円?
日本だったら何だかんだ代理店なり付いて6万とかぼったk(ry
とにかくこの分離感、フラットな音質は三万円では安すぎるんじゃないかと思いました…
3RM、恐ろしい子…


20161023_133607475

規格外ブースにてkatteさん(@kattemass)作のケーブル無しイヤホンとかいうとんでもないものがあったのでお借りしてみました
三段を耳に突っ込むその姿はまさに変態

以上秋のヘッドフォン祭2016の感想でした

↑このページのトップヘ