色んなオーオタが色んなレビューをするブログです(:3_ヽ)_



【ブログメンバー募集】

オーディオ系で自分のレビューとか意見を自由に書きたい方募集。(TwitterでFF関係の方のみでお願いします)

今後メンバーの好みに合わせてブログタイトルとかデザインも変えてく予定です。

どうも皆さんこんにちは.ポタオデ100Rです.最近は卒業研究が大詰めです.
皆様のお陰でなんとか進めることができております.ありがとうございます.

さて,先日こちらのブログを公開いたしました.多数のアクセス誠にありがとうございます!


ブログのページにコメントも頂き,大変嬉しく思っております.


さて,ブログを公開して間もないですが....


新バージョン(0.03),公開しました.


.....


インストールして間もない方々,大変申し訳ございません.


今回のバージョンアップ内容は以下の通りです.

・補間後のオーディオデータの行列が転置されるバグを改善.

・NOSDACやデジタルフィルタオフ機能の利用者に向けた簡易なFIRフィルタ実装.

・プログラムのアルゴリズムの見直し.


特に2つ目のFIRフィルタ機能追加は大きい改善点ではないかと思っております.

この機能で適用されるフィルタは最小次数のシャープロールオフフィルタ(既製のDACの多くで適用されているフィルタ)です.

カットオフ周波数は

88.2kHz, 96kHz・・・40kHz

176.4kHz, 192kHz・・・80kHz

352.8kHz, 384kHz・・・170kHz

です.アップサンプリング後のサンプリング周波数が上記に当てはまらない場合は適用されません(←ご注意ください.)

この機能によりNOSDACやデジタルフィルタオフの場合でも,折り返しノイズの発生を抑制することができます.

新バージョンのダウンロードリンクは以下にあります.


1.DropBox(MATLABランタイム同梱版)


2.GitHub(MATLABランタイムオンラインインストール版)


なお,GitHubにはバージョン0.02以降のバージョンであれば全てダウンロードできます.リンクはこちら

また,これを持ちましてバージョン0.02のMATLABランタイム同梱版は提供を終了いたします.ご愛用いただき,誠にありがとうございました.0.02をインストールしたい方はGitHubよりよろしくお願いいたします.


また,補間アルゴリズムの一部をC/C++言語としてオープンソース化できるよう,現在準備を進めております.

他の言語への変換は難しそうです.ごめんなさい(´;ω;`)

オープンソース化は難しそうですが,もしJavaやPythonで利用したいという方がいらっしゃれば,共有ライブラリ化したいと考えておりますので,お気軽にご連絡ください.(共有ライブラリはMATLAB関数を多言語から動かすための機能なので,ソースコードはオープンになりません.また,多言語でMATLAB関数を動作させるためのRuntimeが必要になります.ご了承ください.)


このポタオデ100RにはC/C++でGUIを実装するまでの能力はございませんのでこの補間アルゴリズムを用いてより利用性の高いプログラムを開発していただければ幸いです.


それでは,ポタオデ100Rからのお知らせでした.

それでは皆様,幸せなオーディオライフを!!ノシ


p.s. "Upsampler"という名前,D◯S社のハードウェアに使われているんですね...これはこれは大変な名前を付けてしまいましたw



皆様おはようございますm(_ _)m

奈良では昨晩雪を観測しました……トナカイにはなれない小鹿です。

さてさて、、本日はまたまた弩級イヤホン襲来です……


HIFIMANよりRE800Jだァーーッ!

RE800と言えば以前レビューさせていただきました◎まだ読んでない方は必ず読みましょう(圧)

途中「トポロジーダイヤフラム」やらいう未知の言語が出てきますが上に紹介させていただいたリンク先の「RE800レビュー」で触れております!必読!

「え?何が違うんだよ」と、ご覧下さいお客様ぁ〜!
[画像:ded63013-s.jpg]


[画像:2750e980-s.jpg]

Exactly(その通りでございます)
MMCXを搭載したことによりリケーブルが可能となったのです!!!
トポロジーダイヤフラム搭載してるこの小粒筐体にMMCXつけるって相当クレイジーですよ。

RE800のレビュー時、私はその完成度の高さからDの極地と評価しました。ガ、そのイヤホンが更にリケーブルまで可能になってしまったのです。鬼に金棒、(オタクの)泣きっ面に蜂ってヤツです。

因みに標準装備されてるケーブルも銀メッキ結晶銅ケーブルと正にトンデモないチカラの入れようです。


……そう、本体だけでなく、付属品も進化を遂げているのです
気になりますね?見ましょう見ましょう


【RE800】
[画像:a9c90fe5-s.jpg]
RE800ではイヤホン本体とイカスミマカロンケースが出迎えてくれる仕様でした。

からの〜


【RE800J】
[画像:a7a3bea1-s.jpg]
この配置RE2000みたい……ん?

[画像:ccbb6275-s.jpg]
[画像:7f2682cf-s.jpg]
マカロンが立派なメタルケースになってる!
ご立派ァ!なメタルケースは間違いなくマカロンのそれよりも保護性能が高いです。間違えなく。



最後に残るは音質です。
どれほどの進化を遂げているのでしょうか……?
[画像:9e7cd8b6-s.jpg]
試聴環境はHM901(High end ampcard)であります。


高域★★★★★
中域★★★★★
低域★★★★☆

バランス
高域≧中域=低域

音量はやや取りにくく、音場は前後左右上下、、と全方向に広く感じます。🤔☝️💭

Aoi/サカナクション

【公式動画が無かったので各自CDを借りましょうね】

スネアの切込みが冷たく鋭く、低音も硬く跳ねます。
全体的にかっちりとした冷たい音、なのに音場がとてつもなく広く圧迫感が無いので聞き疲れしない絶妙なバランスですね。また、かっちりと冷たい音と書きましたが音の不自然さもありません。
恐ろしい子……


平安時代劇/東京アクティブNEETs
ジャズと相性良く全ての楽器の音を余すこと無く描き出します。とりわけトランペットやピアノとの相性がかなり良く、冷たく無機質なスネアとは真逆に艶やかでしっとりとした空気の流れすら感じます。


Escapes/Foreground Eclipse


やはりフォアグラは神。
楽器がごちゃっと入り乱れたり、激しい演奏であってもRE800Jの規律正しい描写は崩れることはありません。また、ハイハットの主張が強い曲でも他の帯域を覆うことは無く、各帯域が絶妙なバランスになるようチューニングが施されている事が分かります。




マー……ダラダラ書いてきましたが簡潔にいうとめちゃくちゃいいゾって事です。

イヤホンはドライバーの数で善し悪しが決まるのではない、ウン十万と言う値札に中指を立てる素晴らしい機種です。
技術は日々進歩していますがRE800Jが過去の音になるにはあと少なくとも5年は掛かるでしょう。

その位に、澄んだ、素晴らしいサウンドです。
試聴を強く、強くオススメします。


因みに定価¥ 82080の本機ですがHIFIMAN10th記念により12月28日迄¥ 69800となっております。

もう一度。



¥ 82080
↓︎
¥ 69800

1228日迄

2017/12/12 更新しました.GitHubのリポジトリリンクを変更いたしました.今後は変更したリポジトリに新バージョンを公開していきます.リンクはこちら
2017/12/15 更新しました.一部内容を訂正しております.

どうも皆さん,ポタオデ100Rです.
ここんところ,オーディオネタが増えつつあります.

今回は皆さんに自分で作成したソフトウェアの紹介をしようと思います.

Twitterのツイートでわかる方もいらっしゃるかと思いますが,私は情報系の大学生です.
オーディオ系の研究がしたくて進学しました.

ということで現在研究しているわけでございますが,情報系に在籍しているのでせっかくということもあり,プログラミングでオーディオに関連するソフトウェアを開発してみました.

その名も"Upsampler"です!わかりやすいでしょ?w

そうです.PCM音源を複数の方法でアップサンプリングするソフトウェアをMATLABで開発しました.

以下,開発した経緯です.

近年,ハイレゾ音源に対する様々な業界の需要が加速する中,一部のソフトウェアメーカは「CD音源をハイレゾ化するソフト」の開発ならびに販売を開始いたしました.
しかし,知的財産権や著作権保護の観点から「ハイレゾ化の内容」が公開されているものは非常に少なく,これではソフトウェアの利用者に対するハイレゾ化の完全な保証はされないのではないかと考えておりました.

"Upconv"という有名なフリーソフトを精力的に開発されている方もおられましたが,2016年7月4日公開バージョンを最後にダウンロードリンクは閉鎖され,現在は公開されていません.(こちらのソフトウェアのソースコードをお持ちの方,情報提供いただけますと幸いです.GPLライセンスに則り適切に利用したいと考えております.)

また,複数のメーカーがDACなどに実装しておりますリアルタイムアップサンプリングでは,リアルタイムに半導体を用いた演算を行いながら再生するため,ジッタの原因となりえます.

そこで,私は
・アップサンプリングの方法を公開しており,なおかつ選択可能
・ソフトウェアによるアップサンプリング
・サンプリング前とサンプリング後で波形を比較可能
なソフトウェアを作ったのが開発経緯です.

アップサンプリング方法はごく一般的な公式を使っています.ブラックボックスなのは"Resample"のみです.その他
・"Linear"(線形補間)
・"Spline"(スプライン補間)
・"PCHIP"(区分的3次エルミート内挿多項式)

・"Interpft"(フーリエ変換を使った補間)
を実装しております.(いわゆる「ニセレゾ」にする方法がこの中の1つにあります.あえて付けてみましたw

また,「上書き予防機能」を付けました.チェックボックスを付けないとファイルの保存がされない構造です.

動作速度に少々難がありますが,ぜひぜひお試しいただけますと幸いです,なお,動作OSですが,Windows(64bit)のみとなります.ご了承ください.

以下,注意事項です.ご利用の際は以下の内容をご理解いただきますようよろしくお願いいたします.
1. 本ソフトウェアの利用によるPCの故障,楽曲データの破損・誤消去などの事故に関する責任は負いかねます.
2. 本ソフトウェアは無料ではございますが「オープンソース」ではございません.リバースエンジニアリングなどによる再開発などによる利用はお控えいただきますようよろしくお願いいたします。また,本ソフトウェアのアップサンプリングのアルゴリズムはMATLAB以外の言語でオープンソース化する予定でございます.アルゴリズムを利用する場合はそちらをご利用いただけますと幸いです.
3. 本ソフトウェアは個人利用に限らせていただきます.本ソフトウェアを用いてアップサンプリングした楽曲を配布ならびに販売することは固く禁止致します.
4. 本ソフトウェアは信号の変化を極力回避するため,"Resample"以外でのアップサンプリング方法ではFIRフィルタ(デジタルフィルタ)を用いておりません.よって,デジタルフィルタ機能の無いDACで本ソフトウェアを用いてアップサンプリングされた楽曲を再生致しますと折り返し歪が発生する恐れがございますので,デジタルフィルタを用いないDAC(NOSDACやデジタルフィルタオフ機能など)での再生はお控えいただきますようよろしくお願いいたします.(追記:新バージョン(0.03以降)では簡易なFIRフィルタを実装しました.詳細はこちら.)

以上の内容にご理解いただき,ご利用いただけますと幸いです.
ダウンロードリンクは以下の2つです.

1.DropBox(MATLABランタイム同梱版)

2.GitHub(MATLABランタイムオンラインインストール版)

1ではダウンロードに時間がかかります.2ではインストールに時間がかかります.また,前バージョン(0.01)をすでにご利用の方は本インストーラのご利用でアップデートされますので,2のリンクよりダウンロードいただけますと非常に効率的です.なお,マニュアルはインストール先のフォルダ内にございますので,ご利用前にお読みいただけますと幸いです.

私が大学に在籍している間はアップデートしていきますので,今後の情報にぜひご期待ください.
また,ご質問やご要望などはTwitterにてお受けいたしております.お気軽にご相談ください.

それでは皆様,幸せなオーディオライフを!!ノシ



↑このページのトップヘ