色んなオーオタが色んなレビューをするブログです(:3_ヽ)_



【ブログメンバー募集】

オーディオ系で自分のレビューとか意見を自由に書きたい方募集。(TwitterでFF関係の方のみでお願いします)

今後メンバーの好みに合わせてブログタイトルとかデザインも変えてく予定です。

全国1億2千万人のフレンズの皆々様こんにちは、春日小鹿でございます(:3_ヽ)_

Twitterで私(@2866SS)をフォローして下さっている方はご存知かも知れませんが…
image

はい(:3_ヽ)_HiFiMANさんちのEdition Xをお迎え致しました!

ここで熱心なオーディオファンの皆様は疑問を覚えるハズです。

ナゼ「Edition X V2」ではないのかと…

その点と、さらに同価格帯の他社ハイエンドクラスヘッドホンを比べなぜ私が[Edition X]を選んだのかを簡単に綴って行きます(:3_ヽ)_




image

先ずはEdition Xの音質レビューからして行きましょう♨
尚以下全ての試聴環境は
HM901S(Elfidelity amplifier card)に直挿しです。

HIFIMAN Edition X
image

・音のバランスがかなり良く安定感のあるサウンド、ややローが強く感じられるが自然さは破綻していません。また音の密度が濃いにも関わらず音場も非常に広です。

・やや硬めのゴリっとした音ではあるがモニターヘッドホンのような堅苦しさは全く感じられず、自然かつ音楽性溢れる優雅で艶やかなサウンドをひたむきに奏でます。

・側圧が強めであるがパットが大きく長時間の装着でも不快さは感じられないです。



続いては今回私が購入したEdition Xの後継機であるEdition X V2のご紹介です。
外観面での変化は
image

image

image

①イヤーパットの形状及び材質の変更
イヤーパットの表面素材(皮膚に接する部分)がベロア調のものからポリエステル製になった他、より厚みがあるものになりました。


image

②イヤーカップ部分のカラー変更
メタリックなダークブルーからラメが光るブラックになりました。

③イヤーカップを支えるパーツとアジャスターがプラスティックから金属へ変更され耐久性が向上しました。


image

④ケーブルの変更
グレー布被膜のものから半透明のものになり、線材も変更されたようです。取り回しも格段に上がっています。


image

⑤ヘットバンド調節幅の増加
5段階から7段階へ増えました。


見た目だけで結構変化ありますがもちろん音質面でも変化は出てきております(:3_ヽ)_

HIFIMAN Edition X V2
image

・[Edition X]の中低域をスッキリとさせ、音が全体的に柔らかい耳あたりになり相対的に高域が出たように感じました。

・[Edition X]で感じた音の硬さ(角?)が丸まる事で,より優雅なリスニング体験ができるようになっています。

・皆さん聴き比べたら圧倒的にこちらの[V2]の方が良いと感じると思います。音楽性に溢れ、聴く曲を選びません。ただ個人的な感想を言うと無印の[Edition X]の硬い音のほうが好みでした。笑

・[Edition X]の音が好みの私からするとパーツが強化され堅牢になっている所が羨ましい所…


結構おとが違うのです…違うのです!
ロックやメタルなど聴く頻度が高い人は無印Edition Xのほうが好まれると思いますね(:3_ヽ)_


そんでここからは同価格帯である他社ハイエンドクラスヘッドホンとの聴き比べです!

流石にこの金額のものとなると何回も何回も試聴を重ねてしまいました。笑
それにこの価格帯となるとブランドネームを背負うフラッグシップモデルも多くなってくるのでどのメーカーのヘッドホンも完成度が高い事高い事…

特に特に!
その中でも私が悩みに悩んだ機種との(主に音質面においての)比較レビューを上げていきます(:3_ヽ)_

※比較レビューはEdition Xの音質、装着面に対してになります。

SENNHEISER HD800S
image

image

この界隈に片足突っ込んだ人は必ず耳にするであろうメーカー、ドイツのSENNHEISER社の現フラッグシップモデル(Orpheusは忘れましょう)です。

・中高域の輪郭がよりクッキリしており、特に高域の主張が強く、所謂ドンシャリ傾向に感じました。[Edition X]を聴いた後だとどうしても脚色の強い音(味付けされた音)に聴こえてしまいます。

・[Edition X]の試聴後だと中低域が薄っぺらく聴こえてしまった。

・解像度はHD800Sのほうが高く感じた。

・(比較して)音のレスポンスが早い代わりに余韻は少なく艶やかさが低く感じる。また音場も狭いと感じます。

・装着感は互角、側圧は本機種の方が強く、パットも硬いので長時間装着するならedxに軍配が上がる。


★前モデルのHD800の緻密で繊細な音作りにミッドローの重厚さが備え付けられたようなどちゃくそ良いヘッドホンでした。
もし、僕がモニターサウンドを求めていたなら頭を抱え込んで悩んでいたと思います。
近未来感溢れるデザインも所有欲を高めるのに貢献していましたね。笑



AUDEZE LCD-2 bamboo
image

image

アメリカに本社を構える平面駆動型ヘッドホンの名門AUDEZEよりLCDシリーズの入門機をチョイスしました。

・とにかく重いです。パットが柔らかく側圧も強くはないのですが短時間で既に頭に負担を感じてしまいました。

・バランスはややかまぼこ。中域に独特な響きがあり、ピアノ、ヴォーカルが前面に押し出される印象です。

・自然とは言い難い味付けされた音。ただこれはこれで聴いていて楽しいです。音場は今回比較した中では一番狭く感じられました。

・低音は沈み込むと言うよりは弾む感じです。

・解像度はそこそこ高いのだが[Edition X]には劣ります。価格差あるし…

★ヴォーカルをメインにするなら今回の中で得点は高めかな?
ただやっぱり独特な響きが気になりました…(´・_・`)
あと重さですね、頭ではなく首にダメージが来ます(


AUDEZE LCD-3(L-ZW-WB)
image

image

引き続きAUDEZEのLCDシリーズの次男モデルです。

・迫力より繊細さを求めた音に感じました。バランスはハイ寄りのフラット。ただし高域がややシャリっとした金属的で独特な鳴り方、その他はかなり自然な鳴らし方です。

・音場はそこそこ広め、[Edition X]と同等くらい。

・ただやはり重い…側圧も強く感じ疲労感が出てくるのが惜しく、またラムスキンヘッドパッドだからかすごく蒸れました…

★音だけで言うと今回比較した中でもかなり好印象でした。
ただ店頭の中古品がイヤーカップの木製部分に亀裂が入っていたり、完全に割れていたりしたので心配になり除外しました。
あとやっぱり重いですね。笑
デザインは好きなのですが疲れるのは嫌です(´・_・`)



悩みに悩み抜いた結果、選ばれたのはEdition Xでした(:3_ヽ)
モチロン今回試聴したヘッドホンはどれも個性を備え、素晴らしい音を出してくれました。ただやはりHIFIMANFANMANの運命からしてEdition Xが選ばれるのは必然だったのかも知れません

あ、Edition X V2は一般的に駆動しにくいと言われる平面駆動型ヘッドホンの中ではかなり駆動しやすく、ある程度駆動力のあるDAPなら素晴らしい音を出してくれると思います。是非、是非是非試聴してみてください。笑



ちなみに…

音量取りやすさ
Edition X(v2)>LCD-3>LCD-2>HD-800S

価格(メーカーが公表しているもの高い昇順)
①LCD-3 $1945.00
②Edition X $1799.00 (生産終了)
③HD800S $1699.95
④Edition X V2 $1299.00
⑤LCD-2 $995.00

です(:3_ヽ)_
参考までに。笑

花粉症が大変辛いです
ふらんどです

久しぶりにイヤホン購入したので簡単に紹介でもしたいと思います
今回私が購入したのはこちら

Hippo ProOneIMG_0660

販売先は Jaben Japanさん

スペックなどはこんな感じです

シングルBAはいいぞIMG_0665
イヤホン本体IMG_0662
ケーブル一体型でリケーブルは出来ません

筐体はプラ製で若干チープさも感じられなくはないですが私は質実剛健な感じで気に入ってます

中のBAドライバが見えているのも個人的に好きIMG_0663
ノズルは少し長めで耳に深く入るので遮音性は抜群ですね

筐体も比較的小さいので装着感もかなり良いです(というか手持ちの中で一番良いのではなかろうか・・・)

ケーブルは撚線でめちゃくちゃしなやかかつタッチノイズなんかも無いので高評価です

所謂SHURE掛けするタイプなのですが耳に掛けた時の違和感なんかも微塵も無いですねぇ!IMG_0664
プラグはL字型を採用しています


以下付属品IMG_0666
シリコンタイプのイヤーチップとノズル清掃用の器具

jabenさんのオンラインストアでの購入ですとこちらのカラフルなフォームタイプのイヤーチップも付いてきますIMG_0661
個人的にはシリコンタイプのままで充分かなぁ、と思ったりIMG_0667
ポータブル用に結構しっかりとしたケースも付いてきます


肝心の音はまだ少ししか聴いていませんが箱出しの時点でかなり軽快な音を鳴らしてくれていますのでこれから鳴らし込んで行くのが楽しみです


レビューはまたいずれ

それでは

は~い、どうも~。ぶらんちです~(  ͡   ͜   ͡   )
だいぶご無沙汰しておりました!
インターネット環境にアクセスできるのがスマホだけだったり、受験だったりで色々大変でした…( ̄▽ ̄;) 

ちなみに、私事ですが大学に受かり晴れて4月からは念願のキャンパスライフを(元カノと同じ大学で())送れることになりました !! 一浪して待ちに待った春ですw
そんな、浮かれまくりな糞野郎が今回ご紹介する機種が、Klipsch Image X5X7です!!

IMG_20170227_235428Image X5IMG_20170227_235533X7

Image X5に関してはピンと来ない方もいらっしゃるかと思います。何せ、古いイヤホンですからね。

発売されたのが2008年頃。あの、未だ色褪せないKlipschのシングルBAの名機Image X10と同時期に発売されたイヤホンです!!

当時、Klipschの代理店を日本国内で務めていたイーフロンティア(現在はフロンティアファクトリーが請負い)の宣伝としてはX10との上下位機種との扱いでした。しかし、多くの人はキャラの違う別物だという声がほとんどです。実際、僕もそう思っている1人です( ˘ω˘ )

ドライバーはシングルBA、フルレンジKG623
インピーダンスはお察しの通り50Ω
サイズ感としてはX10より、一回り大きい筐体をしていますが、フィット感は最高です。
 銀色の筐体がまた何となくそそられますネ!!

そ!し!て!そのImage X5の後継機にあたるのがX7なんですね~( ˘ω˘ )
X7は、ホントについ先日入手したのですが、この子、現行の「Rev.1.2」ではなく無印X7なんですよ~!! しかも「i」も付いてない!欲しいな~なんて思ってた矢先、フロンティアファクトリーさんが「在庫処分!!新品5,800円!!」なんて言うもんだから買っちゃいましたよね♡
おかげで、箱を抱えて3キロ程マラソンするハメになりましたが… (そんなこと容易いことです(^q^)

しかし、X7が如何に後継機だとは言えどX5とはキャラクターが結構違ったりします( ˘ω˘ )
そんな二機種の比較レビューをするのが、今回の記事の目的です!! 

Klipsch Image X5
音はフラット系です。
しかし、それでいて元気な音を鳴らす機種であるのは間違いありません。
ズバリ言うならノレます。ポップスとかロックとか向きですかね。
X10は''Best of Jazz''と言わしめる程、落ち着きと繊細さを兼ね備えたイヤホンですが、この子はその真逆と考えていいかもしれません。

高音から低音まで素直な鳴らし方してくれます。中でも中域がすごい魅力的なんですわ。
ボーカルが魅惑的…///

今回の比較で使った曲は3曲。
・owl city    I'm Coming After You
・REOL        404 not found
・BOOM BOOM SATELLITES     Kick It Out

中でも、REOLの楽曲はボーカルの聴こえ方がとにかくエッッッッッッッッロいんです!!
女性ボーカルのアーティストですが、ボーカルのれをるさんの息遣いまで聴き込めます!! 

ただ、相性の良さで言うなら個人的にはowl cityの楽曲でしたね。 
全体的にノリが良かったです。演奏とボーカルがお互いを邪魔せず活かしあって聴ける印象がありました。

BOOM BOOM SATELLITESの楽曲は、ボーカルよりギターやベース、ドラムの方が若干メインの楽曲だったので悪くは無いんですが、この3曲の中では相性が悪く感じられました。
ただ、先にも書いたように素直な鳴らし方をしれてノリの良いイヤホンなので、BOOM BOOM SATELLITESの楽曲のような激しめの曲も楽しめることは間違いありません!!

では、対してKlipsch X7はどうでしょう…?
ドライバーは、やはりKG623ですね。
このイヤホンは筐体の材質を思いっきり変えてきました。セラミック樹脂です。
X5は金属質で、若干女性層は近寄り難い印象を(僕個人が勝手に)受けましたがX7は白で統一されており、可愛らしくオシャレな印象ですね~
ケーブルの形状はきしめん状ですね( ˘ω˘ )
ただ、難点が1つ…。白いから汚れやすいです…(

音はこちらもフラット系です。
まぁ、後継機ですしね。ただ、X5と違うのはおとなしいんです。
なんと言うか、やんちゃ坊主だった奴が落ち着きあるスタイリッシュな大人に成長したような、そんな印象を受けました。
 ですが、素直な性格はそのままですね。
(貧曲がらず成長したんですね…(┳Д┳)ウレシイ… 

比較に使った楽曲はX5で聴くのと比べるとおとなしくなった分、少しノリの良さに欠けるような印象がありましたが、決して悪くありません。
owl cityの楽曲なんかは、X5にやや劣る印象はあるもののノリは良いと思いますし、ボーカルも聴き込めます。
REOLの楽曲は相変わらずボーカルエロかったです…///
BOOM BOOM SATELLITESも、充分ノッて聴けると思いますね( ˘ω˘ )

ただ、おとなしくなった分、聴き疲れしにくいので、僕個人の好みはX5よりX7かもしれません。 
あと、僕がKlipsch製品にハマったきっかけであるS4i IIという機種と見た目に似ている点があるから無意識重ねて、若干えこひいき気味なのかも知れませんね…。

総合的に見ると、音に関しては優劣は無いかと思います。性格に違いがある為、そこで好みが別れるかもしれませんね。



今回はこの辺で。ご閲覧ありがとうございました!!








おっと、書き忘れてましたが気になる異性にイヤホンをプレゼントしたいな。なんて考えてる、そこのキミ。Klipsch製品はデザインも優れてるから、プレゼントにうってつけだゾ?
値段の幅も広いし、どの価格帯も完成度が高い製品なので予算に見合ったプレゼントができます!お一ついかかでしょうか?(  ͡   ͜   ͡   ) 

↑このページのトップヘ