色んなオーオタが色んなレビューをするブログです(:3_ヽ)_



【ブログメンバー募集】

オーディオ系で自分のレビューとか意見を自由に書きたい方募集。(TwitterでFF関係の方のみでお願いします)

今後メンバーの好みに合わせてブログタイトルとかデザインも変えてく予定です。



本日はIC-CONNECT様より試聴機を貸していただいたので久々のレビューです(:3_ヽ)_


本日レビューするのはついこの前発売されたSIMGOTのEN700 BASSです(:3_ヽ)_
image



SIMGOT EN700と言えばツイッターでも「このグッドルッキングでイヤホン音がいい!なのに1万ちょっとだ!」みたいな感じに話題になりましたね〜!
そんな既に高い評価を受けているイヤホンの低域強化バージョン(実売価格13500円前後)を本日は聴いていこうと思います(:3_ヽ)_


まずは外観&付属品から(:3_ヽ)_

デザイン
image

EN700 BASSのカラーラインナップは右より
レッド
グレー
ブラック
で今回手元に届いたのは右のブラックです(:3_ヽ)_
IC-CONNECT様よりご指摘頂きました。今回届いたのは真ん中のグレーとの事です!申し訳ございませんでしたm(_ _)m

image

image


マッドな金属筐体の背面にキラリと光る銅色が落ち着いたふんい雰囲気を醸し出していてナイスです。
因みにリケーブル出来そうですが出来ません!
リケーブルモデルを待たれている方も多いのでは無いでしょうか?新製品に期待ですね〜

image

ケーブル分岐部やプラグカバーも同色に統一されてます。
ケーブルカラーも落ち着いたカラーで何より8芯の編み込みが美しい…
取り回しもよく、タッチノイズも音楽再生中はほぼ皆無です。


・付属品
image

image

・キャリングケース
革製と思われ強度も申し分無し!めちゃくちゃカッコ良いです、、、

・イヤーピース(2種×3サイズ)
中国語で何やら割と大切そうな説明がされていますね…
翻訳すれば良いのでしょうがあえてここは代理店様が、日本語ににしてくれると信じて詳細には触れません(

・クリーニングツール
耳垢や埃がフィルターに付着することで音質劣化や最悪故障にまで至ります。なのでクリーニングツールが付属しているのは大変ありがたいですね。

・ケーブルバンド
本体に元々巻いてありました。
ケースに入れ、取り出す際も絡まらず取り出せます!(写真2枚目参照)

・取扱説明書
・保証書

ん〜潤沢!贅沢!
デザイン&付属品を見てもここまで豪華なものは所謂''ハイエンド''と称される高級イヤホンくらいでしょう。
それをいちまんえんだい一万円台で実現出来ているのが素晴らしいですよね(:3_ヽ)_


ただやはり、肝心なのは音です''''!
ここからはEN700 BASSのサウンドに迫っていきます!!


プレイヤー︰HM901S
アンプカード︰Elfidelity Amplifier card

バランス︰ドンシャリ
音場★★★★☆(奥行き◎)
高域★★★★☆
中域★★★★★
低域★★★★★
解像度★★★★☆

名前にBASSを冠しているだけあって低域の重心がかなり低い所から唸りを上げてきます。

低域の質感は分厚いゴム板を叩いた時のイメージですかね、弾力はあるのですがよく制御され、ずっしりと重みが広がっていく感じです。

中高域は低域の重心が低い為か全くもってマスクされず、中域は艶やかに、高域は金属筐体らしい歯切れの良い鋭どめのハイハットを披露してくれています。
またトランペットなど金管楽器の音の伸びも素晴らしいです。
ヴォーカルのサ行では感じられませんでしたがドラムのハイハットがやや刺さると感じる方もいるかもしれません。

解像度は約13000円のイヤホンとしてはかなり高いです。



・試聴曲1 ロック(相性◎)
偽物の宴/眩暈SIREN

開幕のドラム&ベースがかなり気持ち良い◎
僕結構ドラムを重視するのですが深い所から「ドスッ」とくるキック、レスポンスのよいスネア、ハイハットと僕の欲求を満たしてくれています。笑
ぼくは高域好きなのでむしろ嬉しいのですがハイハットがやや刺さると感じる方がいそうですね…



・試聴曲2 ジャズ(相性◎)
恋色マスタースパーク(東方爆音ジャズ6)/東京アクティブNEETs
EN700 BASSの臨場感溢れるサウンドと録音の良さの相乗効果でゾクゾクする目を閉じれば演奏風景すら見えそうになります。そしてサックスやトランペットの音の伸びが素晴らしいです。【ロック】の時歯切れの良いスネアとハイハットと書きましたが一転、金管楽器では金属筐体の恩恵なのか艶やかな余韻を楽しむことが出来ます…



・試聴曲3 J-POP(相性◎)
ぼくのフレンド(自己スキーマより)/みゆはん

低域がしっかりとしていて、かつ中域の艶があり、高域は伸びる、つまりはEN700 BASSは女性ヴォーカルと相性がとてつもなく良いです。
ところでこの曲で試聴をすると注意が歌詞に持っていかれ無意識に涙を流しているので試聴曲には向いていないようです。めちゃくちゃいい歌詞です。買いましょう。(オイ



・試聴曲4 DTM※(相性◎◎◎)
Noiseproof /sta

※ジャンルが詳しく分からなかったのでデスクトップミュージックとしてまとめました。詳しい人怒らないで♡
相性が良くない訳が無い。説明不要です(ぇ)



・試聴曲5 クラシック(相性△〜◯)
The Thieving Magpie/ROSSINI
う〜む…これは個人の聴き方によるのですが…
僕がクラシックを聴くにおいて重要だと思うのは全ての楽器が混じりあって奏でられる音にあると思うのです。文字に起こすとくさい奴ですね
この場合EN700 BASSの高い解像度と分離感は仇となってしまったワケであります。
勿論、音楽の楽しみ方は人それぞれ、個々の楽器を楽しみたい方は強くオススメ出来ます◎



ここまで比べて、かなり万能なイヤホンだと言えますね…恐ろしい。
でもね、なんと更に聴き比べている時にすごい事に気づきました。

image

このサイズにしてフィット感が良いのです
そう、試聴中フィット感に関して何一つ不満を感じ無かったのです。そして比較するために色々並べて気づきました、「こりゃ凄い」と。
いや、マジに、これは残念ながら個人差もあるので試聴機などで各自体験してもらわ無ければならないのが歯痒いですね、、、



ここまで褒め祭りでしたがすこーし気になる点をまとめてみたいと思います。

・説明書等の文字が日本語に対応していない
・リケーブル対応でない
・高域が一部刺さるかも

いや、ぶっちゃけ下の二つなんて無理やり探したんですがね、MMCX端子嫌いですし(
ただこれ、凄いのはすべて通して色々なユーザーから出てくるであろう不満要素がこれだけなのです。
個人的には一番上、説明書等が日本語に対応すれパーフェクトです。
因みにこれ、イヤホンの不満ではなく付属品の不満。つまり僕が感じたイヤホンに対する不満要素は0…ゼロ…ぜろ……


SIMGOT EN700 BASS。とんでもないイヤホンが攻め込んできたかもしれません。





どうも〜、1人で勝手に騒ぐのが得意なフレンズのぶらんちだよ〜()

今回は、ぶらんち的観点からこの製品をレビューしていきたいと思います‼︎
そうAK1○○ IIを生贄にして買ってしまった、HIFIMAN MegaMini !!

DSC01411

この製品に関しては、以前このブログの主人 小鹿さんが愛情たっぷりのレビューを上げていましたね。本当に変態だと思いました(褒め言葉) →記事はコチラ!!
音に関しては、既に記事が上がっているので今回は一応、僕の専門分野であるデザイン面を中心に機能面や操作面、ついでに現時点の問題点等をレビューしていきたいと思います。

購入から早1週間程度が経ちましたが、第一印象は良いです。
僕が神と崇めるKlipsch製品が今まで聴いたこともない音を聴かせてくれるではありませんか‼︎
いつか聴いた兄弟機SuperMiniをKlipsch X10で聴いた時のそれと似た感動を覚えました。
マジであいつ聴いた時「いつ発売ですか?」って聴きましたからね。
SuperMini買おうと決意して、発売されて欲しい〜とか悶えること数ヶ月。
HIFIMANから兄弟機出るとか聞いて、デザイン見たらもう惚れましたよね…

シルバーのカラーリング。
無駄のないボディ。薄く、しかも軽い。
これこそ、僕の探していた「ポータブル」に最も近い製品です‼︎
ご存知の方はご存知かもしれませんが僕は工業製品のデザインに対して、ドイツの巨匠ディーター・ラムス氏の影響を受けています。
簡単に言うと機能主義のデザインを好みます。
僕の中のそれに最も近い形のDAPがMegaMiniというわけです。

まずはセット内容。
DSC01467
写真左から、付属USBケーブル(B端子)、本体、よくわからん冊子(おそらく保証書)の三点です。

そして、全体像はこんな感じです。
・正面DSC01460 
・背面DSC01454 
・左側面DSC01434 

・右側面DSC01445 
・各種挿入部(?)DSC01439 

実にシンプルな作りですね。
縦100mm 横43mm 厚さ9mmの超コンパクトボディです。
それでいて、起動までに要する時間は約15秒。駆動時間は約15時間。
最大容量256GB(外部容量)、音源に関してはDSDにも対応。
パワーを必要とするヘッドホンも鳴らせる。
現オーディオ界隈における、ポータブルの革命児を語るに相応しいと言える機種だと思います。
スペックの詳細は、HIFIMAN公式サイトを見ていただければわかるかと思います。

操作ボタンは、まずディスプレイ下に配置されているのが、
左から、戻る、巻戻し、早送り、再生・停止です。
そして、右側面に電源ボタン。左側面にボリュームという具合です。DSC01450
DSC01446
DSC01434

前使っていたDAPの時に付いた癖で未だに無意識に曲を変える際、ボリュームボタンを押してしまうことがあったりしてます(~_~;)
画面ロック機能なる機能をオンにしているおかげで、ボリュームをうっかり上げてしまうのは何とか回避していますが、早めに治しておきたい癖ですね…
ですが、操作面においては割と行いやすい気がします。

画面の視認性についても良いのではないでしょうか。
簡素で黒バックに白で見やすい〜
選択時の青いのも映えて良いですね。
DSC01416
ただ、強いて言うなら「全ての曲」を下に持っていった上に、1番上の項目が「フォルダ」やねん…感は個人的にあったりしてます…
まあ、別に何かしら悪影響があったりではないので問題はないんですけどねw

問題。そう、閲覧されてる皆さん、並びにHIFIMAN先生…
この素晴らしい機種、僕が使っていて確認できた問題点が何箇所か実はあるんです…
まずはアルバム名の表記。
DSC01440
DSC01442

 「誇」ってなんや…。素晴らしい性能を誇りたくなるのはわかるけど、アルバム名占拠すな…。その曲のアルバム名は「誇」やない「Σ」や。そんで、ハングル文字に勝手にすな、読まれへん…w

そして、ノイズです。
イヤホンを挿したまま電源を入れるとプツッっとノイズが入ります。
これに関しては、多くの機種が対策を講じているだけで基本はあるものと聞いた記憶があるので良いのですが、曲の再生中にノイズを拾うことが多々あります。
一応、再生中のノイズに関しては初期不良の可能性もあるので近いうちに購入元に聞きに行きますが気になる点ではあります…

さらにもう一つ。
R側がノイズ混じりになって片側死亡かと思ってたKlipsch Image X10を何事もなく生き生きと鳴らすな‼︎
ありがとう‼︎ 壊れたと思ってたから嬉しかったよ‼︎
感謝の気持ちを込めて、これがSonionマジックなのか、HIFIMANマジックなのかは置いておきますw



HIFIMANには、これから目が離せなくなってしまいましたね…‼︎
ご閲覧ありがとうございました。ぶらんちでした(^^)/~~~

あ、早ければ今月末には自作再開します(ちゃっかり)
 

IMG_0669
こんな時間にこんばんはふらんどです
さて前回購入報告しておいてレビューはまた今度とか言っておきながら今更な記事で申し訳ないですがお付き合いをば

環境はSHANLING M1→Mojo→ALO RX、試聴曲は今話題の「ようこそジャパリパークへ」とかシン・ゴジラ劇伴音楽集より「who will know/悲劇」とかまあぶっちゃけ個人的に好きな曲ですはい

音の傾向としては中域、特にボーカルが力強く結構明るめな音ですね
上もそれなりに伸びはありますが中域が強いせいか若干押され気味な気もしなくないですね…
1BAながらも低域は必要充分出ていると思いますがそこまで深く沈む感じではないのでゴリゴリの低域を求める方には合わないかもです

アニソンとかに結構合うのではないのでしょうかね

音質以外の部分だと音漏れはほぼ無く遮音性もかなり高いのが良いですね

価格も約1万3千円程と最近の機種と比べたらだいぶ手を伸ばしやすいのでシングルBA好きな方はオススメしたいですね

以上簡単にですがProOneのレビューでした

↑このページのトップヘ