色んなオーオタが色んなレビューをするブログです(:3_ヽ)_



【ブログメンバー募集】

オーディオ系で自分のレビューとか意見を自由に書きたい方募集。(TwitterでFF関係の方のみでお願いします)

今後メンバーの好みに合わせてブログタイトルとかデザインも変えてく予定です。

2017/12/12 更新しました.GitHubのリポジトリリンクを変更いたしました.今後は変更したリポジトリに新バージョンを公開していきます.リンクはこちら
2017/12/15 更新しました.一部内容を訂正しております.

どうも皆さん,ポタオデ100Rです.
ここんところ,オーディオネタが増えつつあります.

今回は皆さんに自分で作成したソフトウェアの紹介をしようと思います.

Twitterのツイートでわかる方もいらっしゃるかと思いますが,私は情報系の大学生です.
オーディオ系の研究がしたくて進学しました.

ということで現在研究しているわけでございますが,情報系に在籍しているのでせっかくということもあり,プログラミングでオーディオに関連するソフトウェアを開発してみました.

その名も"Upsampler"です!わかりやすいでしょ?w

そうです.PCM音源を複数の方法でアップサンプリングするソフトウェアをMATLABで開発しました.

以下,開発した経緯です.

近年,ハイレゾ音源に対する様々な業界の需要が加速する中,一部のソフトウェアメーカは「CD音源をハイレゾ化するソフト」の開発ならびに販売を開始いたしました.
しかし,知的財産権や著作権保護の観点から「ハイレゾ化の内容」が公開されているものは非常に少なく,これではソフトウェアの利用者に対するハイレゾ化の完全な保証はされないのではないかと考えておりました.

"Upconv"という有名なフリーソフトを精力的に開発されている方もおられましたが,2016年7月4日公開バージョンを最後にダウンロードリンクは閉鎖され,現在は公開されていません.(こちらのソフトウェアのソースコードをお持ちの方,情報提供いただけますと幸いです.GPLライセンスに則り適切に利用したいと考えております.)

また,複数のメーカーがDACなどに実装しておりますリアルタイムアップサンプリングでは,リアルタイムに半導体を用いた演算を行いながら再生するため,ジッタの原因となりえます.

そこで,私は
・アップサンプリングの方法を公開しており,なおかつ選択可能
・ソフトウェアによるアップサンプリング
・サンプリング前とサンプリング後で波形を比較可能
なソフトウェアを作ったのが開発経緯です.

アップサンプリング方法はごく一般的な公式を使っています.ブラックボックスなのは"Resample"のみです.その他
・"Linear"(線形補間)
・"Spline"(スプライン補間)
・"PCHIP"(区分的3次エルミート内挿多項式)

・"Interpft"(フーリエ変換を使った補間)
を実装しております.(いわゆる「ニセレゾ」にする方法がこの中の1つにあります.あえて付けてみましたw

また,「上書き予防機能」を付けました.チェックボックスを付けないとファイルの保存がされない構造です.

動作速度に少々難がありますが,ぜひぜひお試しいただけますと幸いです,なお,動作OSですが,Windows(64bit)のみとなります.ご了承ください.

以下,注意事項です.ご利用の際は以下の内容をご理解いただきますようよろしくお願いいたします.
1. 本ソフトウェアの利用によるPCの故障,楽曲データの破損・誤消去などの事故に関する責任は負いかねます.
2. 本ソフトウェアは無料ではございますが「オープンソース」ではございません.リバースエンジニアリングなどによる再開発などによる利用はお控えいただきますようよろしくお願いいたします。また,本ソフトウェアのアップサンプリングのアルゴリズムはMATLAB以外の言語でオープンソース化する予定でございます.アルゴリズムを利用する場合はそちらをご利用いただけますと幸いです.
3. 本ソフトウェアは個人利用に限らせていただきます.本ソフトウェアを用いてアップサンプリングした楽曲を配布ならびに販売することは固く禁止致します.
4. 本ソフトウェアは信号の変化を極力回避するため,"Resample"以外でのアップサンプリング方法ではFIRフィルタ(デジタルフィルタ)を用いておりません.よって,デジタルフィルタ機能の無いDACで本ソフトウェアを用いてアップサンプリングされた楽曲を再生致しますと折り返し歪が発生する恐れがございますので,デジタルフィルタを用いないDAC(NOSDACやデジタルフィルタオフ機能など)での再生はお控えいただきますようよろしくお願いいたします.(追記:新バージョン(0.03以降)では簡易なFIRフィルタを実装しました.詳細はこちら.)

以上の内容にご理解いただき,ご利用いただけますと幸いです.
ダウンロードリンクは以下の2つです.

1.DropBox(MATLABランタイム同梱版)

2.GitHub(MATLABランタイムオンラインインストール版)

1ではダウンロードに時間がかかります.2ではインストールに時間がかかります.また,前バージョン(0.01)をすでにご利用の方は本インストーラのご利用でアップデートされますので,2のリンクよりダウンロードいただけますと非常に効率的です.なお,マニュアルはインストール先のフォルダ内にございますので,ご利用前にお読みいただけますと幸いです.

私が大学に在籍している間はアップデートしていきますので,今後の情報にぜひご期待ください.
また,ご質問やご要望などはTwitterにてお受けいたしております.お気軽にご相談ください.

それでは皆様,幸せなオーディオライフを!!ノシ



気がつけば12月、、時の流れは早いものです。小鹿です♨
最近レビュー記事を更新していなかったのでレビューの書き方を忘れました()国試がすぐそこなの、許してね♥

さて、この度はWOOeasy様からYinyoo audio(初耳です)からIN8という1BA+1DDのハイブリッドイヤホンサンプルを頂いたのでレビューしていきます(:3_ヽ)_

[画像:c9060314-s.jpg]

[画像:b0697fab-s.jpg]
外箱やケースの納まり方には品があり高級感が漂います。もちのろん保証書付きです◎


[画像:907e0d74-s.jpg]
付属品は
・イヤホン本体
・セミハードポーチ
・イヤーピース(S.M.L各1ペア)
・クリップ

と、必要なものはひと通り揃っております(:3_ヽ)_

[画像:436d74e5-s.jpg]
[画像:307134e6-s.jpg]
特徴的なのは背面にすり鉢状の謎のミステリーサークルを搭載しています。
これが音質に関わるかも謎ですがド真ん中にベントを搭載しておりデザイン的には好きです。(僕の一見貶しているようなコメントはお気に入りの証です)

[画像:0f4b3e29-s.jpg]
ハウジング前方にもベントがあります。
それとフィルターは金属メッシュタイプ、耐久性があるのでグッドです😎👍

[画像:7b4ad440-s.jpg]
ケーブルはツイストタイプなんですが上からかけた被膜が残念な仕上がりになっています……
取り回し自体はかなり良く、タッチノイズは殆ど感じられません◎



音質チェック

おなじみの
HM901Sでの試聴です💪
DAPに限ってはこれを超える物は無いですね(隙あらば嫁自慢)
音量は6


①『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』/サカナクション

イントロでリズムよく鳴るキックが心地よいです。低音の量は多めなのですが鼓膜をドーンとヘビー級のボクサーに殴られるような鋭さやドライではなく、お相撲さんに早歩きでタックルされるようなウェッティで密度の濃いサウンドです。

しかしやはりハイブリッドだけあって中高域はきちんとお相撲さんから逃れてキチンと鳴っています。
ただ、ヴォーカルはかなりしっとりしていて聴きやすいのですがスネア等の金属音はやや線が細めでドライ。高音ジャンキーな僕からするともうちょい欲しい所。

おそらく一般的にはこの位がバランスがいいと思いますが(


②明滅する/眩暈SIREN
マイリファレンス。
開幕がとても気持ち良いですね(恍惚)
この曲はキックがかなり強めなのでIN8の濃密な低音が楽しめます。ただ全体的にドライに聴こえる……?
曲を選ぶのでしょうかね?


③夢の島思念公園/平沢進

[YouTubeに公式動画が見当たら無かったので動画は略]

ムム。このエコーのかかった独特なトーンの声がやたら相性が良いです。そうそう、言い忘れてましたがかなり音場が広く。いや、真夜中の玄関のような音が廊下へと吸いこまれるような独特な広さがあります。
アタックが強く感じないのもこの音場の恩恵でしょうね。
心地よい、落ち着いた余韻です。


音のバランス
低域≧中域>高域

音質
高域★★★☆☆
中域★★★★☆
低域★★★★☆



ここでイヤホンを耳から外します。実はこの記事電車内で書いてたんですね。しかし同時に重大なミスに気付くのです。

音漏れが大きい

迂闊でした。そりゃ(ベント二つも空いてりゃ)そう(音)よ。
騒音はテロです。注意しましょうね。


しかしレビューを終えた後でも3000円を切る価格を見れば全然「アリ」だと思いますね。特に平沢進との相性はバツグンです。どうです?

ども.ポタオデ100R(Twitter: @LETS_portable )です.
レビュー予告しておきながらだいぶ時間があいてしまいました.大学生の社畜は忙しいです.

さぁ,前回予告しておりましたとおり,EARNINEのプレゼント企画にてゲットいたしましたEN120のレビューをしていきたいと思います.今回は写真を撮り忘れてしまいましたので,ポタオデがどんな印象を感じたかはオーオタの皆さんのド変態な想像力で感じてくださいw.(写真はたくさんあります.→ こちら

開けた瞬間,衝撃が走りました.

え!?いまどきこのパッケージング!?

・・・はい.なんと本体と説明書とイヤピース3サイズしかありません.良く言えば「潔い」,悪くいうと「せめてポーチくらいは・・・」

この価格帯ですと,「初BAイヤホン!!」とか「初5000円台!!」みたいな方々が購入する可能性の高い機種となる可能性があるので,その方々のためにも「ハードケースとは言わないから,巾着袋みたいなポーチは付けて欲しかったな...」というのが個人的な感想ではありました.徹底的にコストをイヤホン本体につぎ込みたかったのかもしれません.

早速本体を取り出しますと,見た目に反して重みがあります.この重みは所有欲が満たされそうです.プラグも頑丈で,ちょっとやそっとじゃ壊れないそうでしょう.ただし相対的に,ケーブルが弱く感じます.本体を持つと耳に付ける部分の重みでケーブルが「ビローーーーーん」ってなるんです.


「ビローーーーーん」って.w
正直,わりと早めに断線しそうな印象を受けました.

誤解しないで頂きたいのですが,ケーブルもツイスト構造や取り回しの良さなど,こだわって作られているようには感じます.しかし,ステンレス部の本体と比較すると,やっぱり相対的に弱く見えてしまいます.だからこそ,余計ケースが欲しくなってしまいます.

それでは,装着.
イヤーピースMですが,フィット感は素晴らしいです.最初は本体の重みがあったので落ちないか心配ですが,一度装着したら見事に払拭してくれました.この手のデザインのイヤホンは個人的に耳の奥に入れるタイプだと思っているのですが(ER-4SとかXBA-100とかHeaven 4みたいな)奥に入れても不快感無いですしかなり良いです.

いざ,試聴.
DAPはXDP-100RとM1sです.

最初はやはりDyro.


ん?なにこれ?本当にBA1発!?
よく聞くと確かにレンジの狭さは否めないですが,この価格でBA1機でここまでの音域が出せていれば十分にワイドレンジです.BA1機ならではの音域のつながりの自然さもしっかりあります.
この手の曲ならではの聞こえにくいベースや裏で密かになってるシンセが聞こえるなどはさすがに無いですが,そこまでは求めません.ドラムはしっかり引き締まって鳴ってますし,シンバルも澄んで聴こえます.


次.

この手の曲はやはりボーカルが重要なのです.w
他の楽器の音にボーカルが埋もれず,しっかりと存在感あります.また,時折シングルBAのイヤホンに見受けれられる「頑張ってる感」もありません.ただ,「ボーカルすげぇ!」というとこまでは無いです.いたって自然.

総評です.
確かにこの価格帯でこの音は頑張っていると思います.
ただ,あそこまで動画やらサイトやらで持ち上げるほどではないかなというのが個人的な感想でした.むしろそこまでせずとも,この機種には自然と人が集まると思います.強烈な個性はなくても,それほどの自然さやフラットさがあります.個人的には初高級機や初BAにオススメいたします.いままでたくさんのマルチBAを使ってきましたが,ヘビロテ機種の一つになっています.

以上.ポタオデ100Rでした.


↑このページのトップヘ